ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ

ジブラー必見!スタジオジブリ映画の全作品一覧から、おすすめ作品を選ぶ

劇中のセリフを暗記してキャラになりきり、作品について熱く語るジブラー(ジブリ作品を愛する人)がいる。彼ら彼女たちが愛してやまないスタジオジブリのアニメ映画。数えると、短編とテレビ映画を含めて合計24本が制作されていた。

自分は何を見て、何を見ていないのか。調査をかねて、まとめてみた。鑑賞した作品には星をつけ、一言コメントも記している。

映画のキャッチコピーと作画枚数もあわせて調べた。視聴の際に参考となれば幸いだ。

それではいってみよう!

1984年、風の谷のナウシカ

風の谷のナウシカ [DVD]

  • 監督:宮崎駿
  • 英題:Nausicaä of the Valley of the Wind
  • コピー:少女の愛が奇跡を呼んだ
  • 上映時間:116分
  • 作画枚数:56,078枚

舞台は「火の7日間」といわれる最終戦争で現代文明が滅び去った1000年後の地球。風の谷に暮らすナウシカは、「風の谷」に暮らしながら、人々が忌み嫌う巨大な蟲・王蟲(オーム)とも心を通わせ、有害な瘴気覆われ巨大な蟲たちの住む森「腐海」の謎を解き明かそうとしていた。そんなある日、「風の谷」に巨大な輸送機が墜落、ほどなく西方のトルメキア王国の軍隊が侵攻してくる。墜落した輸送機の積荷は、「火の7日間」で世界を焼き尽くしたという最終兵器「巨神兵」であった。そして、少女ナウシカの愛が奇跡を呼ぶ。

★★★
深い。腐海だけに。

1986年、天空の城ラピュタ

天空の城ラピュタ [DVD]

  • 監督:宮崎駿
  • 英題:Castle in the Sky
  • コピー:ある日、少女が空から降ってきた…
  • 上映時間:124分
  • 作画枚数:69,262枚

空から降ってきた少女と、彼女を助けた見習機械工の少年が繰り広げる空中の浮島を巡る傑作ファンタジー・アドベンチャー。空に浮かぶ伝説の島ラピュタを発見した父を持つ見習い機械工のパズー。彼はある日、空から落ちてきた少女シータと出会う。彼女は胸に青く光る石のペンダントを身につけていた。実は、彼女はラピュタの王位継承者であり、そのペンダントこそが空に浮かぶ力を持つ“飛行石”だった。

★★★★★
終盤のあの言葉を呟きたくなる。

1988年、となりのトトロ

となりのトトロ [DVD]

  • 監督:宮崎駿
  • 英題:My Neighbor Totoro
  • コピー:このへんないきものは まだ日本にいるのです。たぶん。
  • 上映時間:86分
  • 作画枚数:48,743枚

昭和30年代の田舎を舞台に、オバケの“トトロ”と幼い姉妹とのふれあいを描いた、宮崎駿監督が贈る大ヒット・ファンタジーアニメがBlu-ray化!小学六年生のサツキと四歳のメイ。二人が大きな袋にどんぐりをいっぱい詰めた、たぬきのようでフクロウのようで、クマのような変な生き物に出会うが。。。

★★★★
散歩中によく歌うが、「さんぽ」はとてもいい曲だと思う。

1988年、火垂るの墓

火垂るの墓 [DVD]

  • 監督:高畑勲
  • 英題:Grave of the Fireflies
  • コピー:4歳と14歳で生きようと思った。
  • 上映時間:88分
  • 作画枚数:54,660枚

直木賞を受賞した野坂昭如の同名小説を高畑勲が映画化し、『となりのトトロ』と2本立てで公開された戦争アニメ。戦時中の日本を舞台に、両親を亡くした幼いふたりの兄妹が懸命に生きる姿を描く。


お兄ちゃんの選択に、いろいろと物申したくなる自分がいる。

1989年、魔女の宅急便

魔女の宅急便 [DVD]

  • 監督:宮崎駿
  • 英題:Kiki’s Delivery Service
  • コピー:おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。
  • 上映時間:102分
  • 作画枚数:67,317枚

魔女の子は、13歳になると一人前の魔女になるために1年間の修行に出なければなりません。黒猫ジジを連れて父母のもとを旅立ち、海辺の町コリコを修行の場に選んだキキは、親切なパン屋のおかみ・おソノさんのすすめで、唯一使える魔法である、ホウキで空を飛ぶ能力を活かして“お届け屋さん"の仕事を始めます。日々の仕事に励む中で、女子画学生のウルスラや、空を飛ぶことを夢見る少年トンボと友達になり、少しずつ町での生活に慣れていくキキ。しかし、熱を出して仕事を休んだ翌日、キキは自分の空を飛ぶ能力が弱まっていることに気づきます。はたしてキキは“お届け屋さん"の仕事を続け、この町で暮らしていくことが出来るのでしょうか。

★★
飛べなくなった理由が知りたい。

1991年、おもひでぽろぽろ

おもひでぽろぽろ [DVD]

  • 監督:高畑勲
  • 英題:Only Yesterday
  • コピー:私はワタシと旅にでる。
  • 上映時間:119分
  • 作画枚数:73,719枚

1982年、夏。東京での生活になんとなく物足りなさを感じているタエ子は27歳のOL。彼女は10日間の休暇を取り、姉の結婚で出来た山形の親戚を訪ねて旅立つことにしました。東京生まれ東京育ちのタエ子にとって“田舎"は憧れの場所です。そんな彼女には奇妙な連れがいました。ふとしたきっかけで思い出した小学5年生の頃のワタシがどうしても脳裏から離れないのです。タエ子は思い出と共に山形行きの夜行列車に揺られていきます。 小学5年生。それは女の子が一つの階段を上っていく、さなぎの季節なのかもしれません。そして今、自分にまたさなぎの時期がめぐってきたのだろうかと、タエ子は思いをはせていきます。

見てない。

1992年、紅の豚

紅の豚 [DVD]

  • 監督:宮崎駿
  • 英題:Porco Rosso
  • コピー:カッコイイとは、こういうことさ。
  • 上映時間:93分
  • 作画枚数:58,443枚

1920年代末のアドリア海は、ファシズムの足音と新たな戦争の予感におびえていた。それは決して「古き良き時代」などではなかった。食い詰めた飛行機乗り達は空賊となって暴れまわり、彼らを相手に賞金稼ぎたちは功を競った。その中に、賞金稼ぎとして最も名を上げていた一匹の豚、ポルコ・ロッソ(紅の豚)がいた。イタリア空軍のエース・パイロットだった彼は、自らに魔法をかけて豚の姿になってしまったのだ。ポルコをとりまく女性たち、手に汗握る空賊との戦い、アメリカからやってきた宿命のライバル、そして全編を彩る空を飛ぶロマン。誇りと金と女のために、命を賭けた戦いが今幕を開ける。

★★
ブタを見て、はじめてカッコいいと思った。

1993年、海がきこえる

海がきこえる [DVD]

  • 監督:望月智充
  • 英題: The Ocean Waves
  • コピー:高知・夏・17歳 僕と里伽子のプロローグ。
  • 上映時間:72分
  • 作画枚数:25,530枚

東京の大学に進学した杜崎拓(もりさきたく)は、吉祥寺駅の反対側ホームにある人影を見た。中央線下り列車に姿を消したその人影は確かに武藤里伽子(むとうりかこ)に見えた。だが里伽子は高知の大学に行ったのではなかったのか。高知へと向かう飛行機の中で、拓の思いは自然と里伽子と出会ったあの2年前の夏の日へと戻っていった。―里伽子は勉強もスポーツも万能の美人。その里伽子に、親友の松野が惹かれていることを知った拓の心境は複雑だった。拓にとって里伽子は親友の片思いの相手という、ただそれだけの存在だった。それだけで終わるはずだった。高校3年のハワイの修学旅行までは。

見てない。

1994年、平成狸合戦ぽんぽこ

平成狸合戦ぽんぽこ [DVD]

  • 監督:高畑勲
  • 英題:Pom Poko
  • コピー:タヌキだってがんばってるんだよォ。
  • 上映時間:119分
  • 作画枚数:82,289枚

ニュータウンの開発が進む東京郊外の多摩丘陵。昔ながらの平和な暮らしをおびやかされたタヌキたちは、先祖伝来の「化け学」を復興させ、人間たちに戦いを挑むことを決意する。タヌキたちはあの手この手で人間撃退作戦を展開するが、そこはタヌキのすること、なかなか成果が上がらない。そこへ四国からタヌキの三長老が到着し、化け学の粋を凝らした「妖怪大作戦」の発動が宣言された。一生懸命だけどどこか抜けているタヌキたち、彼らが繰り広げる大作戦の顛末は。。。

★★
環境を破壊してはいけないと思った。

1995年、耳をすませば

耳をすませば [DVD]

  • 監督:近藤喜文
  • 英題:Whisper of the Heart
  • コピー:好きなひとが、できました。
  • 上映時間:111分
  • 作画枚数:64,491枚

好きなひとが、できました。月島雫は、明るく読書好きな女の子。中学3年になって、回りは皆受験勉強で一生懸命なのに、いつも学校の図書館や市立図書館で本を読みふけっていた。雫はある日、図書館の貸し出しカードに「天沢聖司」という名前を発見する。雫が読む本には必ずといっていいほどその名前があった。やがて、雫はひとりの少年と出会う。中学を卒業したらイタリアへ渡って、ヴァイオリン職人の修行をしようと決意している少年。その少年こそ「天沢聖司」であった。雫は聖司にひかれながら、進路も将来も自分の才能にもすべてがあいまいな自分へのコンプレックスと焦りに引き裂かれていた。やがて、雫は聖司の生き方に強く心を動かされ、聖司の祖父・西老人が経営する不思議なアンティークショップ「地球屋」にあった猫人形「バロン」を主人公にした物語を書き始めるのだった…。

見てない。

1997年、もののけ姫

もののけ姫 [DVD]

  • 監督:宮崎駿
  • 英題:Princess Mononoke
  • コピー:生きろ。
  • 上映時間:133分
  • 作画枚数:144,043枚

中世・室町期の日本。いまだ人を寄せ付けぬ太古の深い森の中には、人語を解する巨大な山犬や猪などの神獣たちが潜み、聖域を侵す人間たちを襲って、荒ぶる神々として恐れられていた。エミシの末裔のアシタカは、人間への怒りと憎しみによってタタリ神と化した猪神に呪いをかけられ、それを解くために訪れた西の国で、数奇な運命に巻き込まれていく。森を切り開こうとするタタラ製鉄集団とその長エボシ御前、森を守る山犬一族、そして山犬に育てられた人間の少女サン。アシタカはその狭間で、自分が呪われた理由を知り。。。

★★★
自然を大切にしようと思った。

1999年、ホーホケキョ となりの山田くん

ホーホケキョ となりの山田くん [DVD]

  • 監督:高畑勲
  • 英題:My Neighbors the Yamadas
  • コピー:家内安全は、世界の願い。
  • 上映時間:104分
  • 作画枚数:173,035枚

朝日新聞で連載された、いしいひさいち原作の4コマ漫画を、スタジオジブリが初めてフルデジタル処理により映画化。中年夫婦と兄妹、祖母の5人暮らしの山田家の日常を、俳句を絡めたエピソードで描く、心温まるユニークなホームコメディ。

見てない。

2001年、千と千尋の神隠し

千と千尋の神隠し [DVD]

  • 監督:宮崎駿
  • 英題:Spirited Away
  • コピー:トンネルのむこうは、不思議の町でした。
  • 上映時間:125分
  • 作画枚数:112,367枚

ひ弱で不機嫌な少女、千尋は現代に生きる普通の女の子。両親とともに車で引っ越し先の家へと向かう途中で「不思議の町」に迷い込んだ。店のカウンターにあった料理を勝手に食べた両親は、豚に姿を変えられてしまう。ひとりぼっちになってしまった千尋は、名を奪われ「千」と呼ばれるようになり、その町を支配する魔女・湯婆婆の下で働き始める。千尋は湯屋「油屋」の下働きとして働きながら、様々な出来事に遭遇しつつも、謎の少年ハクや先輩のリン、釜爺らの助けを借りて、厳しい難局に立ち向かっていく。はたして千尋は元の世界に帰れるのか?

★★★★
あの中にいないと分かったのがすごい。

2002年、ギブリーズ episode2

猫の恩返し / ギブリーズ episode2 [DVD]

  • 監督:百瀬義行
  • 英題:Ghiblies episode2
  • コピー:ふとふり返ると。
  • 上映時間:25分
  • 作画枚数:23,032枚

スタジオギブリ著作権管理室課長を務める野中くんは38歳の独身男。ギブリの出版部を仕切るキャリアウーマンのゆかりさん。ギブリ制作部部長の奥ちゃん。こうした個性豊かな面々がスタジオギブリを舞台に繰り広げる笑いあり、涙ありのオムニバス・ストーリー。

見てない。

2002年、猫の恩返し

猫の恩返し / ギブリーズ episode2 [DVD]

  • 監督:森田宏幸
  • 英題:The Cat Returns
  • コピー:猫になっても、いいんじゃないッ?
  • 上映時間:75分
  • 作画枚数:57,733枚

高校生のハルは普通の女の子。車に轢かれそうになった猫を助けたが、その猫が猫の国の王子様だったため“恩返し"に猫の国に招待されることに。「このまま、猫になってもいいかも……」と思った瞬間、ハルは徐々に猫の姿になっていき、一見天国に思えた猫の国の恐ろしさにはじめて気づくのだった。。。

見てない。

2004年、ハウルの動く城

ハウルの動く城 [DVD]

  • 監督:宮崎駿
  • 英題:Howl’s Moving Castle
  • コピー:ふたりが暮らした。
  • 上映時間:119分
  • 作画枚数:148,786枚

愛国主義全盛の時代。王国の兵士たちが今まさに、戦地に赴こうとしている。銃には花が飾られ、歓呼の中を行進する兵士たち。荒地には、美女の心臓をとって喰らうという魔法使い、ハウルの動く城まで現れた。そんな町から離れて歩く、ひとりの少女がいた。主人公ソフィーは18才。荒地の裾野に広がる町で生まれ育ち、亡き父の残した帽子屋を切り盛りしている。妹のレティーは八方美人で人当たりも良く、街一番のカフェ、チェザーリの看板娘。ソフィーは妹に言われる。「本当に帽子屋になりたいの?」でも、生真面目なソフィーはコツコツと働くしかない。たまにひとりになると、自分が本当になにをやりたいのか、考えてしまう娘だった。ソフィーはある日、街で美貌の青年・ハウルと出会う。何かに追われているらしい青年は、ソフィーと共に天へ舞い上がったかと思うと、束の間の空中散歩にいざなう。夢のような出来事に心を奪われるソフィー。しかしその夜、ソフィーは、荒地の魔女と名乗る魔女に呪いをかけられ、90才のおばあちゃんに姿を変えられてしまう。このままでは家にはいられない!ソフィーは荷物をまとめ、人里離れた荒地を目指し、ハウルの動く城に潜り込むのだが。。。

ちゃんとは見てない。

2006年、ゲド戦記

ゲド戦記 [DVD]

  • 監督:宮崎吾朗
  • 英題:Tales from Earthsea
  • コピー:見えぬものこそ。
  • 上映時間:115分
  • 作画枚数:76,135枚

父さえいなければ、生きられると思った。見えぬものこそ。西海域の果てに棲む竜が、突如、人間の世界に現れた。そして、それと呼応するかのように、各地で作物が枯れ、家畜が倒れていく。世界の均衡が崩れつつあった。 災いの源を探るゲドは、旅の途中、国を捨てた王子アレンに出会う。心に闇を持つ少年は、得体の知れない“影”に追われていた。二人は、都城ホート・タウンにたどり着く。そこでは、人身売買が行われ、麻薬が蔓延し、売っている物はまがい物ばかり。人々はせわしなく動き回っているが、みな目的を失っているように見えた。その目に映っているものは、夢か、死か、どこか別の世界だった。街をさまようアレンは、謎の少女テルーを人狩りの手から救い出すが、彼女は少年を拒絶する。そしてゲドはとうとう、クモという魔法使いが生死両界の扉を開け、それによって世界の均衡が崩れつつあることを探り出した。

見てない。

2008年、崖の上のポニョ

崖の上のポニョ [DVD]

  • 監督:宮崎駿
  • 英題:Ponyo on the Cliff by the Sea
  • コピー:生まれてきてよかった。
  • 上映時間:101分
  • 作画枚数:170,653枚

海辺の小さな町。崖の上の一軒家に住む5歳の少年・宗介は、ある日、クラゲに乗って家出したさかなの子・ポニョと出会う。困っていたところを、宗介に助けてもらったポニョは、宗介のことを好きになる。しかし、かつて人間を辞め、海の住人となった父・フジモトによって、ポニョは海の中へと連れ戻されてしまう。。。

★★
人魚姫みたいな話だった気がする。

2010年、借りぐらしのアリエッティ

借りぐらしのアリエッティ [DVD]

  • 監督:米林宏昌
  • 英題:Arrietty
  • コピー:人間に見られてはいけない。
  • 上映時間:94分
  • 作画枚数:74,761枚

とある郊外に荒れた庭のある広大な古い屋敷があった。その床下で、もうすぐ14歳になる小人の少女・アリエッティは、父ポッドと母ホミリーと3人でひっそりと静かに暮らしていた。アリエッティの一家は、屋敷の床上に住むふたりの老婦人、女主人の貞子とお手伝いのハルに気づかれないように、少しずつ、石けんやクッキーやお砂糖、電気やガスなど、自分たちの暮らしに必要なモノを、必要な分だけ借りて来て暮らしていた。借りぐらしの小人たち。そんなある夏の日、その屋敷に、病気療養のために12歳の少年・翔がやって来た。人間に見られてはいけない。見られたからには、引っ越さないといけない。 それが床下の小人たちの掟だったが、アリエッティは翔に姿を見られてしまう。「おまえは、家族を危険にさらしているんだぞ」アリエッティは、父に反発する。「人間がみんなそんなに危険だとは思わないわ」アリエッティは、生来の好奇心と向こう見ずな性格も手伝って、次第に翔に近づいて行く。アリエッティの家族に大きな事件が迫っていた。―人間と小人、どちらが滅びゆく種族なのか!?

★★
借りぐらしにもほどがある。

2011年、コクリコ坂から

コクリコ坂から [DVD]

  • 監督:宮崎吾朗
  • 英題: From Up On Poppy Hill
  • コピー:上を向いて歩こう。
  • 上映時間:91分
  • 作画枚数:69,758枚

太平洋戦争が終わって18年、日本は焼け跡から奇跡の復活を遂げた。そして、高度経済成長が始まろうとしていた時代に、復活の象徴として、日本は東京オリンピックの開幕を目前に控えていた。人々は古いものはすべて壊し、新しいものだけが素晴らしいと信じていた。煙突から吐き出される煤煙。道路をひしめく車の土埃。人々でごった返す街。工事や建物の解体作業の騒音。しかし、それでも海は青く、緑は輝き、空は広く、世界は希望に満ちてキラキラと輝いていた。そんな時代に、横浜にあったある高校で、明治に建てられた由緒ある建物をめぐって小さな紛争が起きていた。古いけれど、歴史と思い出のつまった建物。それを取り壊すべきか、保存すべきか。ある高校生の男女が、そんな事件の中で出会い、心を通わせ、助け合って行く。ふたりが見出した日本の“明るい未来"とは、何だったのか。16歳の海と17歳の俊の愛と友情を横糸に、建物をめぐる紛争を縦糸に、この物語は、まっすぐに生きる高校生たちの群像をさわやかに描いてゆく。

見てない。

2013年、風立ちぬ

風立ちぬ [DVD]

  • 監督:宮崎駿
  • 英題:The Wind Rises
  • コピー:生きねば。
  • 上映時間:126分
  • 作画枚数:161,545枚

かつて、日本で戦争があった。大正から昭和へ、1920年代の日本は、不景気と貧乏、病気、そして大震災と、まことに生きるのに辛い時代だった。そして、日本は戦争へ突入していった。当時の若者たちは、そんな時代をどう生きたのか? イタリアのカプローニへの時空を超えた尊敬と友情、後に神話と化した零戦の誕生、薄幸の少女菜穂子との出会いと別れ。この映画は、実在の人物、堀越二郎の半生を描く。

見てない。

2013年、かぐや姫の物語

かぐや姫の物語 [DVD]

  • 監督:高畑勲
  • 英題:The Tale of the Princess Kaguya
  • コピー:姫の犯した罪と罰。
  • 上映時間:137分
  • 作画枚数:50万枚以上

竹の中から生まれ、すぐに成長して美しい娘に育ち、求婚者たちを次々と振ったあげく、満月の夜、迎えにきた使者とともに月へと去ってしまう――かぐや姫はいったい何のために地球にやってきて、なぜ月へ帰ることになったのか。この地で何を思い生きていたのか。かぐや姫の罪とは、その罰とはいったい何だったのか。

ちゃんとは見てない。

2014年、思い出のマーニー

思い出のマーニー [DVD]

  • 監督:米林宏昌
  • 英題:When Marnie Was There
  • コピー:あなたのことが大すき。
  • 上映時間:103分
  • 作画枚数:約8万枚

この世には目に見えない魔法の輪がある。海辺の村の誰も住んでいない湿っ地(しめっち)屋敷。心を閉ざした少女・杏奈の前に現れたのは、青い窓に閉じ込められた金髪の少女・マーニーだった。「わたしたちのことは秘密よ、永久に。」杏奈の身に次々と起こる不思議な出来事。時を越えた舞踏会。告白の森。崖の上のサイロの夜。ふたりの少女のひと夏の思い出が結ばれるとき、杏奈は思いがけない“まるごとの愛”に包まれていく。あの入江で、わたしはあなたを待っている。永久に―。

見てない。

2016年、レッドタートル ある島の物語

レッドタートル ある島の物語 [DVD]

  • 監督:マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット
  • 仏題:LA TORTUE ROUGE
  • コピー:どこから来たのか、どこへ行くのか、いのちは?
  • 上映時間:81分

どこから来たのか どこへ行くのか いのちは? 嵐の中、 荒れ狂う海に放りだされた男が九死に一生を得て、ある無人島にたどり着いた。必死に島からの脱出を試みるが、見えない力によって何度も島に引き戻される。絶望的な状況に置かれた男の前に、ある日、一人の女が現れた―。

見てない。

まとめ

スタジオジブリの全作品を振り返ってみたが、けっこう見てなかった。

鑑賞した中では、初期の、トトロ、ラピュタの2作品がダントツだ。あとは千と千尋。やはり子供が素直に楽しめる作品が好みなのかもしれない。

今回、作画枚数もまとめたが、「もののけ姫」から、10万枚を超えることが当たり前になり、2013年の「かぐや姫の物語」では、50万枚以上が作画されたようだ。恐ろしい話である。

しかし、調べてみるとディズニーの1940年作品「ファンタジア」の作画枚数は、100万枚とのこと。1日1枚だと2,739年かかる計算だ。ウォルトディズニーがんばりすぎた感が否めない。

ファンタジア(吹替版)

1日1枚更新を目標にインスタグラムをはじめたが、はやくも挫折気味のぼくには想像できない。身のほどを知って生きていこうと思う。

www.instagram.com