ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ

ワークマンのランニングシューズ「アスレシューズ ハイバウンス(SG260)」

f:id:hobiwo:20210227150816p:plain

ワークマンのビジネス書「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」を読んで以来、絶対に欲しいと思っていたシューズ。一時は品薄で入手困難とのことだったが、店頭で探すとすんなり見つけることができた。

分子レベルから開発したという厚底シューズ。驚くべきはそのお値段。税込1,900円。一般的なブランドなら最低でも5,000円以上はすると思うが、この値段でどこまでのクオリティなのか。10枚の写真と共にレポートする。

f:id:hobiwo:20201213202804j:plain

二種類あるカラーのうち、ブラックを購入。奇抜な色合いもなくシンプルでデザイン性も高い。一方のライトグレーは蛍光色が差し色で入っていて派手だが、ランニングシューズとしては気分が上がりそうだった。

f:id:hobiwo:20201213202706j:plain

中敷は赤。見えないところで燃えたぎるデザインが素敵。ただ、白い靴下で履くと色移りする懸念があるので注意。クチコミで指摘されていた。白い靴下を履いていないので検証していないが、念のため。

f:id:hobiwo:20201213202753j:plain

靴紐も同じカラーで遊び心がない気もするので、靴紐だけ明るい色に変えてみるもオシャレかも。履いた感じだと足の横幅がしっかりと余裕があり、かなり広め。歩いても走っても安定感がある。

f:id:hobiwo:20201213202633j:plain

片側の靴で240gととても軽い。つま先の縫込みはしっかりとされており、穴が開くことはなさそう。メッシュタイプだと親指が突き抜けてしまう経験があったが、この強度であればその心配はないだろう。

f:id:hobiwo:20201213202656j:plain

踵部分の片側に「Find-Out」とデザインされている。ようやく探し出した1足ということだろうか。あまり目立たないあしらいとなっており違和感はない。ちょっとゴムのつけ具合が自由な感じもする。

f:id:hobiwo:20201213202741j:plain

厚底シューズというだけあり、かなりの厚み。走ってみたがクッションが効いているのがわかる。とはいえ、高級な厚底ランニングシューズを履いたことがないのでその比較はできないのだが。

f:id:hobiwo:20201213202646j:plain

靴の裏はこのような感じ。「W」と「M」がたがい違いに並んでいる。「ワークマン」ということだろう。社名が「ワークマン」であることに感謝。そのおかげでしっかりと滑らないシューズになっているのだから。

f:id:hobiwo:20201213202730j:plain

弾力性抜群のソール、自社開発「Bounce TECH」搭載モデルである証明として中央にロゴが記されている。ワークマンの技術開発チームの結晶だと思うと胸が熱くなる。1,900円の低価格なのに。

f:id:hobiwo:20201213202718j:plain

「W」と「M」のお祭り状態。つま先内側の「M」と「M」は小さく、ランダムな配置となっている。走っている時は意識していなかったけど、このおかげでグリップが効いて走りやすいのかも。

f:id:hobiwo:20201213202622j:plain

というわけで、信じられない低価格、1,900円のワークマンのランニングシューズ「アスレシューズ ハイバウンス(SG260)」をレポートした。まだ、少ししか走っていないので明言は避けたいところだが、コスパの良さはダントツだと思う。このシューズで毎月100キロほど走っていきたい。

このレポートを読んで購入に心動いた方がいるかもしれないが、靴のサイズは目安に過ぎないので購入の際は実際に店舗で履いてみよう。

workman.jp