ホビヲログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ。

よくわかる!リュック・ベッソン映画の変遷、監督作品のすべて

映画 思ったこと まとめ

リュック・ベッソンの作品に夢中になった時期があった。独特な世界観、スタイリッシュな映像、キャスティングされる魅力的な女性。書籍「リュック・ベッソンの世界」を購入し、何度も読み返した。10作で監督業から引退すると公言した当時は、やめないで欲しいと思った。

いつからだろうか、彼の作品に魅力を感じなくなったのは。フィルモグラフィーを確認すると、彼の映画製作の動機は、自分のため、恋人のため、会社のため、と変遷をたどっている。鑑賞した10作目までが中心となるが、感想をまとめてみる。

1作目:最後の戦い(1983)

最後の戦い(字幕版)

環境の激変により文明が破壊されてしまった近未来。生き残った男たちが最後の戦いを繰り広げる。

24歳のリュック・ベッソンによって、自主映画さながらに製作された本作。全編モノクロ、セリフなし。そして、圧倒的に説明が不足し、映画としては不親切極まりない。

しかし、「リュック・ベッソンの世界/最後の戦い」を読むと、野心溢れる男が、どれほどの困難と戦い、完成のために奮闘したかが記されている。その背景を知ると、面白い、面白くないだけで評価できなくなる。

本作は、アヴォリアッツ国際ファンタスティック映画祭の審査員特別賞・批評家賞を受賞。この受賞はリュック・ベッソンにとって、計り知れない喜びであった。作品が評価されなければ、借金まみれで首をくくるしかなかったからだ。一か八かのギャンブルに勝った瞬間だった。

2作目:サブウェイ(1984)

サブウェイ (字幕版)

重要書類を盗んだ金髪男のフレッド。パリの地下鉄に逃げ込むが、そこには風変わりな若者たちが生活していた。

クリストファー・ランバートの金髪に憧れて、金髪にした友人がいた。それほどにかっこいい映画。荒唐無稽なストーリーだが、印象的なシーンに溢れている。

制作当時、26歳のリュック・ベッソンは、資金を出したウォーレン・ベイティに悩まされたという。ベイテイは、お金を出す代わりに、口も出した。その内容は、当時、自身の恋人であったイザベル・アジャーニを美しく撮れ、というもの。確かに彼女の登場シーンはすべて美しい。

ベッソンは、資金提供者のオーダーにしっかりと応えたといえる。と同時に、「女性のために作品を撮る」というスタイルが確立したのかもしれない。

3作目:グラン・ブルー(1988)

グラン・ブルー (字幕版)

素潜りのプロ、ジャックとエンゾ。親友であり、ライバルでもあった2人。参加した国際大会に悲劇が待ち受けていた。

実在する素潜り名人ジャック・マイヨールに心酔したベッソンが「海に対する愛」を映像化した作品。

海を愛し、海に生きたいと願ったベッソン少年。しかし、17歳の潜水事故が原因で、その夢を諦める。そして彼は、次に好きだった映画の世界に足を踏み入れる。好きな「海」を好きな「映画」で描く。想いが込められた作品は、論理を超えた感動をもたらす。

個人的な強い想いによって作られた本作は、当然のことながら、多くの観客の心を動かした。フランスを始め全世界で大ヒット。社会現象にまでなった。

4作目:ニキータ(1990)

ニキータ (字幕版)

警官3人を殺害し無期懲役を言い渡された少女。政府の秘密機関に見出され、暗殺者としての道を歩むことになる。

1人目の伴侶、アンヌ・パリローのために作った作品。

作品の中盤、強引な展開に違和感を持つ。その理由は、「リュック・ベッソンの世界/ニキータ」の中に記されていた。リュック・ベッソン監督は、撮影が始まってからシナリオの破綻に気づき、製作途中で大幅に書きなおしたという。限られた時間の中、強引な展開は、監督も苦渋の決断の上。

そんな作品ではあるが、魅力的なシーンが数多くある。毎度のオープニングカットも、壁越しに泣きながらミッションをこなすニキータも、哀愁ただようラストシーンも。

本作で、アンヌ・パリロー(婚姻期間:1986 - 1991)はセザール賞主演女優賞を受賞する。しかし、その授賞式でリュック・ベッソンは、2人目の伴侶マイウェン(婚姻期間:1993 - 1997)に出会う。当時、マイウェンは15歳。こういうところが自由すぎる。

5作目:アトランティス(1991)

アトランティス

海への深い愛情を謳い上げたドキュメンタリー。魚たちの動きや海の表情を、美しい映像で描き出していく。

自分が好きな「海」がテーマの作品。海中映像と、ナレーション、そしてエリック・セラの音楽を楽しむ映画。リュック・ベッソン監督は、音楽に、マイルス・デイヴィスを起用したかったとのこと。それが実現していれば、また違った作品になったのかもしれない。

6作目:レオン(1994)

レオン 完全版 (字幕版)

家族を惨殺された少女マチルダは、隣人の殺し屋レオンに助けられる。マチルダは、復讐のためレオンに弟子入りする。

リュック・ベッソン、念願のハリウッド進出作。

「レオン」をマイ・ベストに挙げる人も多い。しかし、従来のリュック・ベッソンファンからするとハリウッドに屈した「屈辱の作品」と捉える向きもある。好みが分かれる作品だ。

マチルダのモデルは、2人目の伴侶、マイウェンとのこと。彼女は、17歳で彼の子供を出産している。ちょっと若すぎやしないかと思う。

7作目:フィフス・エレメント(1997)

フィフス・エレメント (字幕版)

23世紀の地球に、巨大なエネルギー体が接近してきた。地球滅亡の危機に立ち向かう男女の姿を描く。

リュック・ベッソン少年が思い描いた世界観を、大金を使って映像化した作品。

2人目の伴侶、マイウェン(婚姻期間:1993 - 1997)がオペラ歌手ディーヴァ・プラヴァラグナ役。3人目の伴侶、ミラ・ジョヴォヴィッチ(婚姻期間:1997 - 1999)が、主演リー・ルー役。

ちなみに、マイウェンはこの人。
www.youtube.com

8作目:ジャンヌ・ダルク(1999)

ジャンヌ・ダルク(字幕版)

フランス救国の英雄と謳われながらも、狂人・魔女などと囁かれてきたジャンヌ・ダルクの知られざる生涯を描く。

3人目の伴侶、ミラ・ジョヴォヴィッチを主演にした歴史作品。ダスティン・ホフマンが出てる。

2001年、リュック・ベッソンは、ハリウッドに対抗するため映画スタジオ「ヨーロッパ・コープ」を立ち上げる。ちなみに、4人目の伴侶、ヴィルジニー・シラ (2004 - )は、ヨーロッパ・コープのプロデューサー。

9作目:アンジェラ(2005)

アンジェラ (字幕版)

48時間後に殺される運命にあり、生きる希望を失い死を覚悟した男と、突然目の前に現われた女性の姿を描く。

大女とブ男の会話の中に、過去のリュック・ベッソン作品を彷彿とさせるシーンの数々。「OKって言うな」「OK」(レオン)や、二人が鏡に向かって話すシーン(ニキータ)。使い回しか、セルフパロディか。どちらだろうか。

ちなみに、主人公の年齢「28歳」にズッコけた。

10作目:アーサーとミニモイの不思議な国(2006)

アーサーとミニモイの不思議な国 (字幕版)

体長2mmに縮んでしまった少年が不思議な妖精の王国を大冒険する姿を描く。

10作で監督業をやめると公言していたリュック・ベッソン。3部作と言ったあたりから嫌な予感がした。

このあたりから、自身の映画スタジオ「ヨーロッパ・コープ」(と、プロデューサーの妻ヴィルジニー・シラ)のために製作している気がする。

11作目:アーサーと魔王マルタザールの復讐(2009)

アーサーと魔王マルタザールの復讐 (字幕版)

体長2mmに縮んでしまった少年が不思議な妖精の王国を大冒険する姿を描く二作目。

観ていない。

12作目:アーサーとふたつの世界の決戦(2010)

アーサーとふたつの世界の決戦(字幕版)

体長2mmに縮んでしまった少年が不思議な妖精の王国を大冒険する姿を描く三作目。

観ていない。

13作目:アデル/ファラオと復活の秘薬(2010)

アデル/ファラオと復活の秘薬 (字幕版)

最愛の妹の命を救うため、古代エジプトの秘宝を探すアデル。その一方、化石から翼竜が孵化する事件が起こる。

観ていない。

14作目:The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛(2011)

The Lady  アウンサンスーチー ひき裂かれた愛 (字幕版)

ミャンマー民主化運動を牽引し、アジア女性初のノーベル平和賞を受賞したアウンサンスーチーの半生を描く。

観ていない。

15作目:マラヴィータ(2013)

マラヴィータ スペシャル・プライス [DVD]

FBIの証人保護プログラムを適用され流転生活を送る元マフィアのブレイク一家と、彼に恨みを抱くマフィアとの対立を描く。

観ていない。

16作目:LUCY/ルーシー(2014)

LUCY/ルーシー (字幕版)

アクシデントにより脳に異変を来したごく普通の女性・ルーシーは、脳が覚醒し、人知を超えた能力を次々と発揮し始める。

観ていない。

17作目:Valerian and the City of a Thousand Planets

https://pbs.twimg.com/media/CE0GRC_UMAAhVs7.jpg

タイムトラベルを行う2人のエージェントが宇宙を舞台に活躍する姿を描く

観ていない。

リュック・ベッソン監督のツイッターを確認すると、「フィフス・エレメント」な感じがする。

期待して、いいのだろうか。

hobiwo.hatenablog.com

hobiwo.hatenablog.com