ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ。


5万円の使い道!「諭吉5枚」でできること・買えるもの・欲しいもの15選!

f:id:hobiwo:20170424073538j:plain

もし、5万円があったら、使い道はどうするだろうか。何を買ってもいいし、どこへ行ってもいい。好きに使って良いお金だとしたら。

そんなことを考える機会があったので、自分なりに使い道を15ほど出してみた。もし、5万円の使い道に迷うことがあれば、参考にしてほしい。

それでは、いってみよう。

1, ニンテンドースイッチとゼルダを買う、39,916円

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の評判がすこぶるいい。ディスクシステムのゼルダ以来縁がないが、ここまで絶賛されると買うべきなのかもしれない。特設サイトを見ると、まるで映画のよう。買ってしまったら最後、他のことは何もできなくなりそうだ。ニンテンドースイッチ29,980円+税、そして、2017年3月3日(金)に発売された「ゼルダの伝説」は6,980円+税。合わせて、39,916円也。

2, BOSEのノイズキャンセリングヘッドホンを買う、39,960円

イヤホンでもヘッドホンでもいいが、BOSEのがすごいらしい。装着すると外の音を消す音(のようなもの?)が、流れ「無音」になるという。利用者の声を聴く限り、人生が変わるほどのアイテムとのこと。音楽を流さず、ノイズキャンセリング機能を利用するだけでも価値があるらしい。すごく欲しい。ヘッドホン「QuietComfort 35 wireless headphones」は39,960円、イヤホン「QuietControl 30 wireless headphones」は34,560円也。

3, ジョエル・ロブションでフレンチ、42,000円〜

死ぬまでに一度は、高級フレンチのお店でフルコースを食べてみたい。「ジョエル・ロブション」は、「ミシュランガイド東京2017」で星を3つ獲得したお店とのこと。調べると、コース料理で42,000円だった。すき家の牛丼350円なら、120杯食べられる計算だ。すき家の牛丼一杯でもかなり満たされるのに、その120倍もの感動があるというのか。非常に気になる。

4, すきやばし次郎で寿司、30,000円〜

メディアでも散々取り上げられ、ドキュメンタリー映画にもなっているお寿司屋さん、すきやばし次郎。お寿司はよく食べるが、回っていないお寿司さんなんてずっと行ったことない。電子パネルで注文したらビューン!と飛んで来るのが当たり前の今日、カウンターの向こう側で握る次郎さんの手さばきを拝みたい。次郎ということはお兄さんがいるのかしら。できればそのあたりも確認してみたい。30,000円あれば確認できる。

5, グアムに格安旅行、44,240円~

グアムにでも行って、ビーチでバタフライしたい。海外ツアーの比較サイトで調べると、二泊三日のグアム旅行は、お一人様最安料金44,240円からだった。現地での食事は別途料金がかかるが、行ってしまえばこっちのもの。お腹が空いたら、魚でも獲って食べればいいだろう。グアムは比較的高いようだ。地域を選ばなければ1万円台からでも海外旅行が楽しめる。「海外旅行なんて」と、敷居が高いと思ってしまいがちだが、慣れればどうってことないのかもしれない。時間とお金に余裕があれば。

6, マスターメンバーとしてゴールドジムに入会、45,400円〜

腰が痛い。お腹が出てきた。以前履いていたズボンが履けなくなった。そんな状況を放置していては、後悔することになりそうだ。わかってはいるが、踏み出せない。そんな人は、ゴールドジムにでも入会すればいいのかもしれない。よくわからないが名前がいい。輝いている気がする。全国のゴールドジムが利用できるマスターメンバーの月額費用は20,000円、入会費は5,400円。入会には、入会費用と2ヶ月分の費用をお支払する必要があるので、45,400円だ。5万円でお釣りがくる。

7, USJ年間パスを買う、34,800円

チャレンジングなUSJが好きだ。2017年7,8,9月は「ユニバーサル・ジャンプ・サマー」と題して「ジャンプ」作品とコラボするとのこと。ジョジョの4Dアトラクションもあるらしい。ハリポタかと思えば、ジャンプとコラボ。その貪欲さが大阪らしくて素敵だ。次から次に新しい試みに挑むUSJ、年間パスの料金を調べると、日付制限の掛からないパスは34,800円だった。通常料金は7,600円なので5回行けばもとが取れる計算だ。

8, 三種混合ワクチン4,430回分、50,000円

ユニセフのウェブサイトを確認すると、三種混合ワクチンは1回あたり11円ちょっととのこと。5万円なら4,430回分の計算になる。はしかのワクチンであれば2,500回分、使い捨ての注射器であれば10,415本、ワクチン保冷箱なら41個を支援できる。5万円の使い道としてはなかなかにインパクトがある。また、ユニセフ募金は税額控除の対象となり、約40%が所得税から控除されるとのこと。正直、募金するかしないかはわからないが、知っておくべきことだと思う。

9, iPad(2017春)を買う、40,824円

本当は、iPad Proとスタイラスが欲しい。しかし、高い。「12.9インチiPad Pro」は 82,800(税別)で、「9.7インチiPad Pro」は62,800円(税別)だ。5万円オーバーしてしまう。そして「iPad ProのためのApple Pencil」は10,800(税別)となる。AppleCareに入り、なんだかんだで10万円になってしまう。しかし、先ごろ新価格となったiPadであれば、AppleCareに加入しても5万円ちょっとでいける。欲しい。ものすごく欲しい。もうちょっと待てばもっとステキなiPadが発売されるという噂もあるが。

10, Apple Watchを買う、41,040円

正直、そこまで必要だとは思わない。しかし、もし自由に使える5万円があったら欲しいかもしれないものNo.1の「Apple Watch」。今、アナログ時計を腕にしているが、ほとんど見ず、習慣でなんとなくつけているくらいの状態になっている。どうせなら「Apple Watch」を装着し、Siriとお話したり、JRや地下鉄をピッとやって入ったり、天気を調べたりしてみたい。何が出来るか調べてみたが、意外と楽しいかもしれない。41,040円也。

11, ダイナースクラブカードをつくる、23,760円〜

今、財布の中には楽天カード一枚しか入っていない。クレジットカードは何枚か持っているはずだが、まとめたほうがお得な気がして。しかし、いつかダイナースを持つつもりでいる。日本で最初のクレジットカードとのことで、なんとなくかっこいいから。もっとも最近はそうでもないらしい。「昔は、ダイナース持ってるのはステイタスだったけど、今は若いやつでもだれでも持ってるな」と、死んだ親父が残念そうに言っていたのが印象的だった。年会費、23,760円也。

12, フォーナインズのフレームを買う、41,040円

今はもう、眼鏡といったらJINSかZoffの二択。それでもまったく問題ないのだがたまに思うことがある。かつてつけていたフォーナインズ(999.9)は最高だった。子供に踏まれてだめになってしまったが。自由に使える5万円があれば、もう一度フォーナインズの眼鏡を買ってもいいだろう。

と思ったら、5万だとフレーム代にしかならないとのこと。レンズ代が別に必要となる。というわけで、5万円あれば、フォーナインズのフレームだけなら買える。

13, ボッテガヴェネタの財布を買う、49,680円

人の年収は使う財布の200倍になるという人がいる。また、長財布がいいとか、薄いのがいいとか、いろいろあるらしい。ぼくはお札と小銭と何枚かのカードが入ればなんでもいいと思う。5万円で買える財布はどれがいいだろうか。いろいろ調べてみたが、ボッテガヴェネタがいいと思った。名前がいい。読めない。「財布なに使ってるの?」「ボッテガネベタ」「え?」「あ、ボッテガヴェネタ」「きゃー素敵!」となると思う。49,680円也。

14, クラウドで10万文字書いてもらう、50,000円

クラウドワークスやランサーズで、お金を払って文章を書いてもらえる。依頼主が設定した内容で、書いてもいいという人がいたら契約成立。依頼内容をざっと確認すると、1文字0.1円から1円と様々。仮に1文字0.5円であれば、5万円で10万文字ほど書いてもらえる計算になる。10万文字と言えば、単行本1冊分だ。依頼方法を工夫して、クラウドならではのライティングをお願いできれば、5万円以上の価値が創出されるような気がする。

15, はてなブログProの月額費用83ヶ月分、49,800円

はてなブログは、無料で利用できる。しかし有料版の「はてなブログPro」を契約すればいろいろと素敵なことができる。独自ドメインの設定、広告の表示、10個のブログ運営(無料版だと3個まで)、など。月額費用は契約期間により異なる。1ヶ月コース1008円 /月、1年コース703円 /月、2年コース600円 /月。長く契約すればするほどお得となる。では、5万円あれば何年契約できるのだろうか。2年コース600円前提で計算した場合、83ヶ月だった。7年分弱である。いますぐ契約するしかないと思う。

まとめ

取らぬ狸の皮算用をしてしまった。みなさんなら、5万円の使い道をどうするだろうか。