ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ

いますぐ楽器をはじめたくなる、めちゃくちゃ演奏が上手い人の動画10選

人間は三種類に分けられる。楽器ができない人とできる人、そして、楽器がめちゃくちゃできる人だ。

めちゃくちゃできる彼ら彼女たちの演奏をみながら思う。指の動きはどうなっているのか、プレイ中は何を考えているのか、これまでにどれだけの練習を積んできたのか。興味は尽きない。

到達することない演奏レベル。憧れというよりも驚嘆の域。そんな、めちゃくちゃ演奏が上手い人のプレイ動画を紹介する。

それではいってみよう!

1,ギター

ライブ映像。ギター本体を叩いてリズムをとったり、両手で弦をバラバラ弾いたり、もうどうなってるのかわからない。どうやってその音を奏でようと思ったのか、奏でられると思ったのか、もうなにがなにやら。

2,ハーモニカ

カーネギーホールの舞台にハーモニカ一本でたったおじさんの動画。バッハ『主よ、人の望みの喜びよ』で観客の心をつかみ、『ウィリアム・テル序曲』で度肝を抜く。ハーモニカに謝りたくなる。もうなにがなにやら。

3,ウクレレ

ウクレレでスーパーマリオブラザーズのテーマを奏でる。すごく楽しそう。地底も、時間切れのあのシーンも、ゲームのプレイ動画が脳内で再現される。小さなウクレレの本体から紡ぎ出される音の広がりに、もうなにがなにやら。

4,ドラム

ストリートパフォーマーのドラマー。スティックをくるくるっと回して投げて、絶対に落とさない。叩くのはバケツの底で、鬼のようなリズムを刻む。バケツを足で持ち上げて音の広がりも計算している、もうなにがなにやら。

5,ピアノ

ジャズピアニスト小曽根真氏のラプソディ・イン・ブルー。2分あたりからのソロプレイがはじまるが、4分くらいでもうイっちゃってる。ピアノ弾きまくる小曽根氏をまわりはただただ見守るだけ、もうなにがなにやら。

6,パイプオルガン

スターウォーズのテーマをひとりで演奏。ひとりオーケストラ。鍵盤が五段並んでいて、あの音階もこの音階もひとりでカバーしてとんでもなく忙しそう。おまけに周囲を取り囲むようなレバーもあって、もうなにがなにやら。

7,マリンバ

おにいさんが、マリンバ(木琴の一種)を前に、マレット(マリンバを叩く棒)を4本持って、叩きまくります。マレットのあたり先4箇所をちゃんと把握できてるのか、どこがどうなってこういう演奏できるのか、もうなにがなにやら。

8,トランペット

草原でトランペットを吹くひとりのおじさん。すると、遠くの方から牛がどんどん集まってくる。演奏がうまいのかどうかはわからないが、牛の心に響いている模様。牛も鳴きだし心が通じ合う瞬間は必見、もうなにがなにやら。

9,ヒューマンビートボックス

ヒューマンビートボックスの大家がTEDで「演奏」。しょっぱなからの超絶プレイ、そして後半は機材を使っての多重録音。ドラム、トランペット、ボーカル、その他いろいろ、ひとりで何役もこなすパフォーマンス、もうなにがなにやら。

10,iPad

ビリー・ジョエルとジミー・ファロン、iPadの多重録音でドゥーワップに挑戦。アプリを使って、探りながらのプレイは緊張感あふれる。フランクな大御所も素敵だし、圧巻のパフォーマンスは必聴、もうなにがなにやら。

まとめ

いやぁ、楽器って本当に素晴らしいものですね!