ホビヲログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ。

「エントリー」が、めちゃくちゃ美味しい!旧リッツと旧リッツの間にクリームをはさんだビスケットサンド!

おすすめ 思ったこと 感想

f:id:hobiwo:20161104070845p:plain

2016年9月1日、ヤマザキ・ナビスコは、ヤマザキビスケットに社名を変更した。米モンデリーズ・インターナショナルとのライセンス契約終了に伴うものだ。

主力商品であった「リッツ」「オレオ」「プレミアム」などの商標は使用できなくなった。しかし、ヤマザキビスケットは対抗商品を作り、販売している。「リッツ」と「プレミアム」については、名前だけではなく、商品改良も行っている。「オレオ」の対抗商品は製造していないようだが。

まとめるとこんな感じだ。

リッツ

  • 旧リッツ(日本:ヤマザキ)
  • →新リッツ(インドネシア:モンデリーズ)
  • →ルヴァン(日本:ヤマザキ)

ヤマザキビスケット  ルヴァンS  39枚

食べ比べもたくさんされている。

ちなみに、昔探偵ナイトスクープで「リッツ3枚を25秒以内に食べられるか」という検証を行い、誰も成功しなかった回があったが、ルヴァンではどうなのだろうか。今度、個人的に実験してみようと思う。

プレミアム

  • 旧プレミアム(日本:ヤマザキ)
  • →新プレミアム(イタリア:モンデリーズ)
  • →ルヴァンクラシカル(日本:ヤマザキ)

ヤマザキビスケット  ルヴァンクラシカル  145g

オレオ

  • 旧オレオ(日本:ヤマザキ)
  • →新オレオ(中国:モンデリーズ)
    ※ヤマザキビスケットの対抗商品はなし

ヤマザキの新しいビスケットは、「実は美味しくなった」「日本製造で安心だ」と概ね高評価のようだ。しかし、ブランドの認知度では、ナビスコ製品との間において圧倒的な差がある。ヤマザキが不利である。

今、全国のリッツファンの多くは旧リッツを箱買いし、家には在庫があるだろう。それがなくなった時、店頭で手にするのは、「新リッツ」かそれとも「ルヴァン(ヤマザキの新リッツ)」のどちらだろうか。

前置きが長くなったが、今日お話したいのはそこではない。

「エントリー」は、めちゃくちゃ美味い

ヤマザキビスケット  エントリー  18枚

ヤマザキビスケットの「エントリー」を、先日、生まれてはじめて食べ、めちゃくちゃ美味しくて感動したので、そのレビューをしたいと思う。

「エントリー」は、1972年から発売されているロングセラー商品。旧リッツと旧リッツの間にバニラクリームを挟んだビスケットサンドだ。マダガスカル産のバニラビーンズを使用したクリームは、しっとりと上品。それを挟む前提でビスケットは、薄くつくられている。旧リッツとは厚みが異なるが、味はほぼ同じだ。

ナビスコブランドの「リッツ」を冠していなかったため、「エントリー」は商品名を変更する必要がなかったのかもしれない。「リッツ チーズサンド」は「ルヴァン チーズサンド」に名称変更したのとは対照的だ。

この「エントリー」の魅力は、しょっぱさと甘さの絶妙なバランスにある。すこし塩味のする旧リッツ2枚に、甘いバニラクリームが適度な量で挟まれている。完璧と言ってもいい。

正直言うと「オレオ」はそこまで好きじゃなかった。甘くて黒いビスケットの間に甘いクリームが挟まっている。甘さが過剰で、単体ではクドかった。牛乳につけて食べれば良いのだが、ぼくは冷たい牛乳でお腹が痛くなる。個人的な話で恐縮だが。

それに比べて「エントリー」はどうだ。それ単体で楽しめる。袋を開けると、もうとまらない。口の中でしっとりと柔なくなる旧リッツ。噛みしめるとサクッと割れ、中から甘いバニラクリーム。思わず叫びたくなる。

ありがとう、ヤマザキビスケット!

f:id:hobiwo:20161104064443j:plain

勢いで、全部食べてしまって、「エントリー」そのものの写真がないのだが、そこはご容赦願いたい。

まとめ

このエントリーは、「エントリー」を愛する人には馬鹿にされるかもしれない。「何をいまさら言ってるんだ。このニワカが!」と罵倒されるかもしれない。それを承知で書いてしまった。

もし、ヤマザキビスケットの「エントリー」を食べたことがないという方がいたら、是非試してほしい。きっとやみつきになるだろうから。

ヤマザキビスケット  エントリー  18枚

ちなみに、家の「リッツ」の在庫がなくなったら、ぼくは「ルヴァン」を買うつもりだ。もちろん、「ルヴァンクラシカル」も「エントリー」を選ぶつもりだ。