ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ

【まとめ過ぎた人の弁明】おすすめの100選で激怒?誤解を解きたい!

f:id:hobiwo:20170126014557j:plain
出典:inmylife

このようなコメントをいただいた。

他人の褌を集めまくったうえに、最後でマウント。頭を使った痕跡もなく、激しい憤りを感じる。申し訳ないが情報発信する資格ないと思う。根本的に勘違いしているのでは。とりあえず、このブログはもう開かない

なかなかの言われようである。「激しい憤りを感じる」とは相当なものだ。猛烈に怒っている。ディスプレイの向こう側の文字が、メラメラと燃えているような気がした。どうしてここまで怒るのか、胸に手を当てて考えてみた。

きっかけはこの記事だった

www.hobiwo.com

「おすすめ記事」をまとめた記事である。激怒した人の過去のコメントにこうあった。

他人を汚い言葉で否定しなければ意見を発信できない人たちに、本当にうんざりする

念のために言っておくが、汚い言葉で記事を書いてはいない。誰かを否定してもいない。にもかかわらず、うんざりを通り越して逆鱗に触れてしまったのだ。

誤解を解きたい。

まとめ過ぎた人の弁明だ。ブログはもう開かないようなので、この想いが届くかは分からないが。

批判された記事で伝えたかったこと

「おすすめの1選から100選まで!選びに選んだ厳選まとめをさらに厳選」

誤解を恐れずに言えば、この記事は「おすすめ記事」へのアイロニーだ。自分の記事も含めているので、自虐でもある。

人は、誰かのおすすめを参考にしたい。時間もお金も有限だ。無駄にはしたくない。そう思って「◯◯ おすすめ」と検索する。検索エンジンは、検索者が求めるであろう記事を検索結果に表示する。

どのような記事が評価され、検索結果上位に来るのか。それは、検索結果に答えがあるのだが、書き手が着目しがちなのは「おすすめの数」となる。

とある検索キーワードでは、複数の記事がおすすめの数を競い合っていた。30選の記事をみて、次は50選の記事が書かれた。順位が入れ替わった。それを見て次は70選、次は80選、100選、110選と、おすすめ数が増えていった。

おすすめのインフレが起こったのだ。

もちろん、検索エンジンはバカではない。評価されるのは、検索する人の気持ちを掴んだ記事だ。紹介数の過多ではなく、分かりやすく、信頼が置ける人が書いたおすすめであれば、検索者は満足する。しかし、「◯◯ おすすめ」と検索する人が、質よりも量を求めている場合、おすすめ数の勝負となる。

そのような、おすすめのインフレをテーマに記事が書けないか。1選から2選、3選、どこまでもつづくおすすめ数を表現できないか。そして、このまとめ記事をつくった。

まとめ過ぎた人の末路

ただ、リスペクトのないまとめ人は、地獄の炎で焼かれるかもしれない。こんな風に。

f:id:hobiwo:20170126075009p:plain