ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ

夏の読書感想文「LIFE SHIFT ライフシフト 100年時代の人生戦略」

f:id:hobiwo:20170816075921p:plain

夏なので本を読もうと思いました。

本屋さんに行ったら、「ライフシフト」という本がビジネスパーソンにすごく人気ということです。とても分厚い本で、数えたら399ページもありました。それを買ってがんばって読みました。先程読み終わったので、今日は読書感想文を書こうと思います。

あなたは何歳まで生きるつもりですか?

10年ごとに平均2〜3年のペースで平均寿命が上昇しているので、いまの若い人は100歳まで生きるとのこと。ホントか嘘かわかりませんが、こんな感じで長生きするみたいです。

  • 1957年生まれの50%は89〜94歳まで
  • 1967年生まれの50%は92〜96歳まで
  • 1977年生まれの50%は95〜98歳まで
  • 1987年生まれの50%は98〜100歳まで
  • 1997年生まれの50%は101〜102歳まで
  • 2007年生まれの50%は104歳まで

ちょっと信じられません。ぼくのお父さんは70歳ちょっとで亡くなりました。なので、自分もそれくらいで死ぬのかな、と思っていました。でも、この本ではもっともっと長生きする可能性が高いと断言しています。

老後が心配になりました。

現役を引退し、それなりの生活を送るには収入の50%は必要とのこと。毎月100万円くらい稼いでいるとしたら50万円、年収にしたら600万円です。65歳で引退したら100歳で死ぬまでの35年間×600万円。ちょっと数が多くて計算ができないけれど、すごくたくさんのお金が必要になるみたいです。

3つのステージ(教育→仕事→引退)じゃなくなる?

これまでの人は、3つのステージを順番に生きていけば大丈夫でした。70、80歳まで生きる人生なら問題ないけど、100歳まで生きるにはうまく回らないみたいです。老後が長すぎると、生活できなくなるし、仕事を頑張るにしても持っているスキルは陳腐化し通用しなくなります。

教育→仕事→教育→仕事→教育→仕事→引退、みたいな感じになるようです。仕事も一つの会社に属するのじゃなく、フリーになっていろんな仕事を持つとか、そんな感じ。

今の会社でずーっと定年までいるつもりはないけど、いずれにしても、スキルを磨き、人脈を育て、やることをやらないとこの先立ち行かなくなるみたいです。ブログ書いたり、イラスト描いたりして遊んでばっかりいたら本当にダメだなと反省しました。

3つの資産(生産性資産・活力資産・有形の資産)を意識してる?

399ページの中にいろいろと難しいことが書いてあったけど、どれも当たり前のことでした。

生産性資産とは、仕事やらなんやらで上手いことやっていくために、ちゃんとスキルを持とうぜ、仲間を作ろうぜ、自分の評判が良くなるように努力しようぜ。人生長いんだから作って終わりじゃなく、メンテナンスも忘れるなよ!ということ。

活力資産とは、心と身体をいい状態にするには、健康に気をつけて家族とうまいことやって、友達ともちゃんと関係を大切にしていこうぜ。バランス大切なんだから、無理するなよ!みたいな話。言われなくてもわかってるけど、難しいよ。

有形の資産とは、家とか金融資産とかそういうのをちゃんと知識を持って管理しようぜ。ちゃんと分かってないまま過ごしてるとどえらい損してるんだから、お金のこととか本読んで勉強しろよ!という話。そんな資産があったら苦労しないよ。

というようなことが書いてありました。

まとめ

399ページを読み終わり、改めて帯を読みました。そこには「あらゆる世代で圧倒的支持!」とあり、読者からの礼賛コメントが載っていました。

  • この本に会えてよかった(20代女性)
  • いろんな世界を見たくなった(30代女性)
  • 面白くて無我夢中で読んだ(40代男性)
  • 長く生きていく勇気をもらった(50代男性)

もし、ぼくが帯にコメントするなら、こう書きます。

  • みんな長生きするらしいから、そのつもりで生きて!(ホビヲ)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

まんがでわかる LIFE SHIFT

まんがでわかる LIFE SHIFT

  • 作者: 星井博文,リンダ・グラットン,アンドリュー・スコット,松枝尚嗣
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2018/08/31
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る

なんだよ〜、漫画がでてたのか。そっち読めばよかった。