#ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ

『1917 命をかけた伝令』の全編ワンカットがどんなものか映画館で確認してきた

f:id:hobiwo:20200215101122j:plain

2020年2月14日に公開された『1917 命をかけた伝令』は、全編ワンカットで撮影された傑作とのこと。長回しの映画やワンカットのミュージックビデオに目がない自分としては、ものすごく気になる。

この話題作を大画面で確認せねば!

なかば使命感のようなものに駆られ劇場へ向かった。

『1917 命をかけた伝令』はどんな映画か

事前に知っていた情報は、

  • 第一次大戦、味方のために大事な伝令を伝える話
  • 全編ワンカットで撮影されている
  • サム・メンデス監督作品、カンバーバッチが出てるらしい
  • アカデミー賞主要部門では『パラサイト 半地下の家族』に競り負けた

というくらい。

アカデミー賞で受賞した3部門は、撮影、録音、視覚効果とどれも技術面での評価。主要部門の受賞は叶わなかったが、恐ろしいほどの技術が堪能できる作品には違いない。否が応でも期待が高まる。

そもそも全編ワンカットというのは本当なのだろうか。戦争シーンを編集点なしで延々映像化するとはにわかには信じがたい。

知る限りの情報から想定するに、伝令を受け、敵に見つからないように隠れながら移動し、時には敵と対峙して、ある程度の距離を移動し、仲間を見つけ、伝令を届けた相手に読んでもらうまでがワンシーン。山あり谷ありの道中、どのようなキャメラワークがなされるのか。

戦闘シーンの長回しといえば『トゥモローワールド』だが時間的にはその比ではないだろう。『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』も全編ワンカットだが、登場人物も撮影場所もある程度限られていた。過去の長回しの名作たち、『ロープ』『ザ・プレイヤー』『スネークアイズ』を上回る衝撃があるはずだ。

というわけで、映画館に行ってきた。

冒頭からキャメラワークに舌を巻く

若者がうららかな平原でお昼寝してたと思ったら、叩き起こされ、将軍の待つ穴蔵へ。移動中は延々と続く塹壕、そして疲れ果てた兵士たち。想像を絶する戦場が再現されている。

若者を正面から捉えるキャメラは窪みに入って切り返し、角を曲がって今度は後ろから追いかける。

このキャメラワーク、どれだけ計算されたものなのか。

驚くのはその先で、指令を受けて敵地に乗り込むあたりからちょっと理解ができなくなる。道中の緊張感は尋常ではない。いつ敵に襲われるのか。敵はいるのかいないのか。計算され尽くしたキャメラワークをずっと考えていたはずなのに、物語の中に入ってしまい、伝令を手にした若者に感情移入している自分に気づく。

まてまて、キャメラワークを確認しようと思っていたのに

水たまりのような場所を前にどうやって向こうにたどり着くのか。無理じゃないかと思うような場所も、キャメラは水面を這うように進んでいく。ちょっと混乱してしまう。理解できない。嘘でしょ、と思っているうちにシーンは展開していく。

途中、二人がフレームアウトするシーンでは編集点を疑ってしまうが(多分編集点なのだと思うけど)、観ている限りそれは必然でありまったく違和感がない。

もっとも中盤に明らかな編集点(暗転)があるが、その後のシーンは夢かと思うほどに幻想的。魅せられてしまった。

まとめ

ワンシーンで撮り切るという緊張感と、敵に遭遇しないで先に進まねばという緊張感、様々な緊張感に溢れる本作。かなり心臓に悪かった。

また、キャメラワークを確認する自分と、物語に没収する自分が行きつ戻りつする不思議な感覚に陥る。

アカデミー賞編集賞にはノミネートすらされなかったが、すべてをワンシーンのようにつなげた編集はある意味見事だと思う。

ステディカムをシャイニングで採用したキューブリックは草葉の陰で何を思うのだろうか。『1917 命をかけた伝令』は、映画館で観るべき映画だと思う。

キャメラワーク以外の感想について(ネタバレあり)

この後はネタバレがあるから注意だよ!

戦争はだめ!そんな大事な伝令を託すには人が少なすぎじゃない?ネズミ怖すぎ。玉当たっても死なないの不思議すぎ。階段から落ちて気を失ってたの?女の人と赤ちゃんのシーンいる?6時間かかると言ってたのに近すぎじゃない?最初に映ってた木って最後の木?メダルはもらえたのかしら。キャメラワークも技術も最高だけどお話としては微妙かな。