ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ

《金曜ロードショー》放送予定ラインナップ、過去作品もすべて紹介!

f:id:hobiwo:20180129045200p:plain

日本テレビ「金曜ロードShow!」が好きだ。オリジナルドラマ、ジブリ、コナン、ルパンといった作品ラインナップも魅力的。そんな「金曜ロードShow!」の今後の放送予定と、過去14年間の放送作品をまとめた。

今後の放送ラインナップ

  • 2020.03.13 トイ・ストーリー2
  • 2020.02.28 トイ・ストーリー
  • 2020.02.21 リメンバー・ミー

2020年「金曜ロードショー」バックナンバー

  • 2020.02.14 最強の頭脳 日本一決定戦!頭脳王2020
  • 2020.02.07 名探偵コナン 瞳の中の暗殺者
  • 2020.01.31 十二人の死にたい子どもたち
  • 2020.01.24 カイジ2 人生奪回ゲーム
  • 2020.01.17 カイジ 人生逆転ゲーム
  • 2020.01.10 ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル

2019年「金曜ロードショー」バックナンバー

  • 2019.12.20 スター・ウォーズ/最後のジェダイ
  • 2019.12.13 スター・ウォーズ/フォースの覚醒
  • 2019.12.06 ホーム・アローン3
  • 2019.11.29 ルパン三世 プリズン・オブ・ザ・パスト
  • 2019.11.22 ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE
  • 2019.11.15 アナと雪の女王
  • 2019.11.08 IT/イット “それ”が見えたら、終わり。
  • 2019.11.01 ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密
  • 2019.10.25 億男
  • 2019.10.18 50回目のファーストキス
  • 2019.10.11 天才〇〇〇さんまときどき岡村 ~こんなときアナタならどうする?~
  • 2019.10.04 バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生
  • 2019.09.27 僕のワンダフル・ライフ
  • 2019.09.20 インビクタス/負けざる者たち
  • 2019.09.13 高校生クイズ2019
  • 2019.09.06 名探偵コナン 天空の難破船
  • 2019.08.30 天空の城ラピュタ
  • 2019.08.23 崖の上のポニョ
  • 2019.08.16 千と千尋の神隠し
  • 2019.08.09 旅猫リポート TV特別版
  • 2019.08.02 ナイト ミュージアム2
  • 2019.07.26 ナイト ミュージアム
  • 2019.07.19 未来のミライ
  • 2019.07.12 サマーウォーズ
  • 2019.07.05 スパイダーマン:ホームカミング
  • 2019.06.21 メン・イン・ブラック3
  • 2019.06.14 アラジン
  • 2019.06.07 美女と野獣
  • 2019.05.31 グレートコネクション
  • 2019.05.24 キングコング:髑髏島の巨神
  • 2019.05.17 ドクター・ストレンジ
  • 2019.05.10 全国好きな嫌いなアナウンサー大賞2019
  • 2019.05.03 エンタの神様
  • 2019.04.26 名探偵コナン ゼロの執行人
  • 2019.04.19 名探偵コナン 天空の難破船
  • 2019.04.12 風立ちぬ
  • 2019.04.05 平成狸合戦ぽんぽこ
  • 2019.03.29 ちはやふる -結び-
  • 2019.03.22 名探偵コナン 世紀末の魔術師
  • 2019.03.15 OB vs 現役 プロ野球好珍バトル2019春
  • 2019.03.08 カメラを止めるな!
  • 2019.03.01 第42回日本アカデミー賞授賞式
  • 2019.02.22 約束のステージ ~時を駆けるふたりの歌~
  • 2019.02.15 最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王 2019
  • 2019.02.08 ラ・ラ・ランド
  • 2019.02.01 ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
  • 2019.01.25 ルパン三世 グッバイ・パートナー
  • 2019.01.18 ルパン三世 イタリアン・ゲーム
  • 2019.01.11 耳をすませば
  • 2019.01.04 風の谷のナウシカ

2018年「金曜ロードショー」バックナンバー

  • 2018.12.21 ホーム・アローン2
  • 2018.12.14 ホーム・アローン
  • 2018.12.07 DESTINY 鎌倉ものがたり
  • 2018.11.30 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
  • 2018.11.23 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
  • 2018.11.16 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
  • 2018.11.02 紅の豚
  • 2018.10.26 もののけ姫
  • 2018.10.19 謝罪の王様
  • 2018.10.12 斉木楠雄のψ難
  • 2018.10.05 ウケる!偉人伝
  • 2018.09.28 海賊とよばれた男
  • 2018.09.21 プレデターズ
  • 2018.09.07 アントマン
  • 2018.08.31 メアリと魔女の花
  • 2018.08.24 猫の恩返し
  • 2018.08.17 となりのトトロ
  • 2018.08.10 ハウルの動く城
  • 2018.08.03 オデッセイ
  • 2018.07.27 バケモノの子
  • 2018.07.20 時をかける少女
  • 2018.07.13 ジュラシック・ワールド
  • 2018.07.06 ジュラシック・パークⅢ
  • 2018.06.29 スター・ウォーズ/新たなる希望
  • 2018.06.22 ファインディング・ドリー
  • 2018.06.15 ズートピア
  • 2018.06.08 22年目の告白 ―私が殺人犯です―
  • 2018.06.01 全国好きな嫌いなアナウンサー大賞
  • 2018.05.25 ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク
  • 2018.05.18 かぐや姫の物語
  • 2018.05.11 パシフィック・リム
  • 2018.05.04 天才バカボン3
  • 2018.04.13 名探偵コナン 〜から紅の恋歌〜
  • 2018.04.06 るろうに剣心 伝説の最期編
  • 2018.03.30 るろうに剣心 京都大火編
  • 2018.03.23 トイ・ストーリー3
  • 2018.03.16 ちはやふる -下の句-
  • 2018.03.09 ちはやふる -上の句-
  • 2018.03.02 日本アカデミー賞授賞式
  • 2018.02.23 天才を育てた女房 〜世界が認めた数学者と妻の愛〜
  • 2018.02.16 PAN ネバーランド、夢のはじまり
  • 2018.02.09 名探偵コナン ベイカー街の亡霊
  • 2018.02.02 最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王
  • 2018.01.26 さんま岡村が日本の長さんのここだけの悩み聞きましょか!?SP
  • 2018.01.19 ルパン三世 カリオストロの城
  • 2018.01.12 ゲド戦記
  • 2018.01.05 魔女の宅急便

2017年「金曜ロードショー」バックナンバー

  • 2017.12.22 BESTプレゼント
  • 2017.12.15 スター・ウォーズ/フォースの覚醒
  • 2017.12.08 スター・ウォーズ/ジェダイの帰還
  • 2017.12.01 スター・ウォーズ/帝国の逆襲
  • 2017.11.24 ALWAYS 三丁目の夕日'64
  • 2017.11.17 デスノート Light up the NEW world 特別版
  • 2017.11.10 ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • 2017.11.03 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • 2017.10.27 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • 2017.10.20 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  • 2017.10.13 デイ・アフター・トゥモロー
  • 2017.10.06 映画 ホタルノヒカリ
  • 2017.09.29 天空の城ラピュタ
  • 2017.09.22 崖の上のポニョ
  • 2017.09.15 ピクセル
  • 2017.09.08 バトルシップ
  • 2017.08.25 アメイジング・スパイダーマン2
  • 2017.08.18 サマーウォーズ
  • 2017.08.11 HiGH&LOW THE MOVIE 特別版 from THE RED RAIN
  • 2017.08.04 ジュラシック・ワールド
  • 2017.07.28 ジュラシック・パーク
  • 2017.07.21 ぼくらの勇気 未満都市2017
  • 2017.07.14 思い出のマーニー
  • 2017.07.07 借りぐらしのアリエッティ
  • 2017.06.30 藁の楯
  • 2017.06.23 ダーク・シャドウ
  • 2017.06.16 インサイド・ヘッド
  • 2017.06.09 ウルヴァリン:SAMURAI
  • 2017.06.02 ベスト・キッド(2010)
  • 2017.05.26 帰ってきた家売るオンナ
  • 2017.05.19 美女と野獣(2014)
  • 2017.05.12 全国好きな嫌いなアナウンサー大賞
  • 2017.05.05 ANNIE/アニー
  • 2017.04.28 ワイルド・スピード スカイミッション
  • 2017.04.21 シンデレラ
  • 2017.04.14 名探偵コナン 純黒の悪夢
  • 2017.04.07 名探偵コナン 迷宮の十字路
  • 2017.03.31 ルパン三世 princess of the breeze~隠された空中都市~
  • 2017.03.24 おおかみこどもの雨と雪
  • 2017.03.17 北風と太陽の法廷
  • 2017.03.10 塔の上のラプンツェル
  • 2017.02.24 人生が二度あれば 運命の選択
  • 2017.02.17 さらば あぶない刑事
  • 2017.02.10 銭形警部
  • 2017.02.03 ツナグ
  • 2017.01.27 耳をすませば
  • 2017.01.20 千と千尋の神隠し
  • 2017.01.13 風の谷のナウシカ
  • 2017.01.06 天才バカボン2

2016年「金曜ロードショー」バックナンバー

  • 2016.12.23 ベイマックス
  • 2016.12.09 名探偵コナン エピソード”ONE” 小さくなった名探偵
  • 2016.12.02 ハリー・ポッターと秘密の部屋
  • 2016.11.25 ハリー・ポッターと賢者の石
  • 2016.11.18 猫の恩返し
  • 2016.11.11 紅の豚
  • 2016.11.04 となりのトトロ
  • 2016.10.28 デスノート 逆襲の天才
  • 2016.10.21 ルパン三世 ルパンVS複製人間
  • 2016.10.14 ルパン三世 カリオストロの城
  • 2016.10.07 ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE
  • 2016.09.30 ヒロイン失格
  • 2016.09.23 がっぱ先生!
  • 2016.09.16 ガードセンター24 広域警備指令室
  • 2016.09.02 オール・ユー・ニード・イズ・キル
  • 2016.08.26 オブリビオン
  • 2016.08.19 ゴーストバスターズ
  • 2016.08.12 コクリコ坂から
  • 2016.08.05 もののけ姫
  • 2016.07.29 GODZILLA ゴジラ
  • 2016.07.22 バケモノの子
  • 2016.07.15 ホットロード
  • 2016.07.08 マレフィセント
  • 2016.07.01 ダイ・ハード4.0
  • 2016.06.24 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
  • 2016.06.17 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
  • 2016.06.10 ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • 2016.06.03 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • 2016.05.27 ソロモンの偽証 後篇・裁判
  • 2016.05.20 ソロモンの偽証 前篇・事件
  • 2016.05.06 陽だまりの彼女
  • 2016.04.29 アメイジング・スパイダーマン2
  • 2016.04.22 アメイジング・スパイダーマン
  • 2016.04.15 名探偵コナン 業火の向日葵
  • 2016.04.08 名探偵コナン 時計じかけの摩天楼
  • 2016.04.01 白ゆき姫殺人事件
  • 2016.03.25 マン・オブ・スティール
  • 2016.03.18 さよならドビュッシー
  • 2016.03.11 天才バカボン ~家族の絆
  • 2016.02.26 八日目の蟬
  • 2016.02.19 ワールド・ウォーZ
  • 2016.02.12 ソルト
  • 2016.02.05 Mr.&Mrs.スミス
  • 2016.01.29 ジャックと天空の巨人
  • 2016.01.22 魔女の宅急便
  • 2016.01.15 天空の城ラピュタ
  • 2016.01.08 ルパン三世 イタリアン・ゲーム

2015年「金曜ロードショー」バックナンバー

  • 2015.12.25 スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
  • 2015.12.18 スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望
  • 2015.12.11 ホーム・アローン
  • 2015.12.04 007 スカイフォール
  • 2015.11.20 視覚探偵 日暮旅人
  • 2015.11.13 チャーリーとチョコレート工場
  • 2015.11.06 るろうに剣心 伝説の最期編
  • 2015.10.30 るろうに剣心 京都大火編
  • 2015.10.23 るろうに剣心
  • 2015.10.16 96時間/リベンジ
  • 2015.10.09 思い出のマーニー
  • 2015.10.02 ハウルの動く城
  • 2015.09.25 GODZILLA ゴジラ
  • 2015.09.18 磁石男 2015
  • 2015.09.04 ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝
  • 2015.08.28 平成狸合戦 ぽんぽこ
  • 2015.08.21 おもひでぽろぽろ
  • 2015.08.14 火垂るの墓
  • 2015.08.07 アイアンマン3
  • 2015.07.31 永遠の0
  • 2015.07.24 ターミネーター3
  • 2015.07.17 時をかける少女
  • 2015.07.10 おおかみこどもの雨と雪
  • 2015.07.03 サマーウォーズ
  • 2015.06.26 アベンジャーズ
  • 2015.06.19 THE LAST COP
  • 2015.06.12 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • 2015.06.05 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  • 2015.05.29 ハリー・ポッターと秘密の部屋
  • 2015.05.22 ハリー・ポッターと賢者の石
  • 2015.05.08 トータル・リコール
  • 2015.05.01 ALWAYS 三丁目の夕日'64
  • 2015.04.24 寄生獣
  • 2015.04.17 名探偵コナン 異次元の狙撃手
  • 2015.04.10 メン・イン・ブラック3
  • 2015.04.03 メン・イン・ブラック2
  • 2015.03.27 君に届け
  • 2015.03.20 ナイト ミュージアム
  • 2015.03.13 かぐや姫の物語
  • 2015.03.06 結婚に一番近くて遠い女
  • 2015.02.20 風立ちぬ
  • 2015.02.13 崖の上のポニョ
  • 2015.02.06 センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島
  • 2015.01.30 ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE
  • 2015.01.23 ルパン三世 princess of the breeze~隠された空中都市~
  • 2015.01.16 ルパン三世 カリオストロの城
  • 2015.01.09 妖怪人間ベム

2014年「金曜ロードショー」バックナンバー

  • 2014.12.26 名探偵コナン 江戸川コナン失踪事件~史上最悪の二日間~
  • 2014.12.19 名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)
  • 2014.12.12 ダークナイト ライジング
  • 2014.11.28 幸福の黄色いハンカチ
  • 2014.11.21 千と千尋の神隠し
  • 2014.11.14 シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
  • 2014.11.07 Dr.ナースエイド
  • 2014.10.31 ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]
  • 2014.10.24 ヒガンバナ~女たちの犯罪ファイル
  • 2014.10.17 映画 ひみつのアッコちゃん
  • 2014.10.10 映画 ホタルノヒカリ
  • 2014.10.03 アイ・アム・レジェンド
  • 2014.09.26 ベスト・キッド
  • 2014.09.19 猿の惑星:創世記(ジェネシス)
  • 2014.09.05 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q TV版+巨神兵東京に現わる 劇場版 TV版
  • 2014.08.29 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 TV版
  • 2014.08.22 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 TV版
  • 2014.08.15 硫黄島からの手紙
  • 2014.08.08 トランスフォーマー
  • 2014.08.01 るろうに剣心
  • 2014.07.25 ハリー・ポッターと賢者の石
  • 2014.07.18 借りぐらしのアリエッティ
  • 2014.07.11 となりのトトロ
  • 2014.07.04 もののけ姫
  • 2014.06.27 カイジ2~人生奪回ゲーム〜
  • 2014.06.20 ガリバー旅行記
  • 2014.06.13 磁石男
  • 2014.06.06 ダーク・シャドウ
  • 2014.05.30 藁の楯
  • 2014.05.23 X-MEN:ファースト・ジェネレーション
  • 2014.05.16 ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島
  • 2014.05.02 悪夢ちゃんスペシャル
  • 2014.04.25 アメイジング・スパイダーマン
  • 2014.04.18 名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)
  • 2014.04.11 GANTZ PERFECT ANSWER
  • 2014.04.04 GANTZ
  • 2014.03.28 ルパン三世 ルパンVS複製人間
  • 2014.03.14 神様のカルテ
  • 2014.02.28 最高のおもてなし
  • 2014.02.21 ツナグ
  • 2014.02.14 仮面ティーチャー
  • 2014.02.07 名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)
  • 2014.01.31 プレデターズ
  • 2014.01.24 映画 怪物くん
  • 2014.01.17 ゲド戦記
  • 2014.01.10 ダイ・ハード4.0

2013年「金曜ロードショー」バックナンバー

  • 2013.12.27 風の谷のナウシカ
  • 2013.12.20 おおかみこどもの雨と雪
  • 2013.12.06 ルパン三世VS名探偵コナン
  • 2013.11.29 おもひでぽろぽろ
  • 2013.11.22 火垂るの墓
  • 2013.11.15 ルパン三世 princess of the breeze~隠された空中都市~
  • 2013.11.08 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
  • 2013.11.01 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
  • 2013.10.25 ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • 2013.10.18 釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪
  • 2013.10.11 舞妓Haaaan!!!
  • 2013.10.04 1位をとった名曲音楽祭
  • 2013.09.27 人生がときめく片づけの魔法
  • 2013.09.20 ウルヴァリン:X-MEN ZERO
  • 2013.09.06 紅の豚
  • 2013.08.30 スーパーマン リターンズ
  • 2013.08.23 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • 2013.08.16 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • 2013.08.09 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  • 2013.08.02 天空の城ラピュタ
  • 2013.07.26 るろうに剣心
  • 2013.07.19 猫の恩返し
  • 2013.07.12 平成狸合戦ぽんぽこ
  • 2013.07.05 耳をすませば
  • 2013.06.28 アイ、ロボット
  • 2013.06.21 インデペンデンス・デイ
  • 2013.06.14 アンストッパブル
  • 2013.06.07 プラダを着た悪魔
  • 2013.05.31 パラダイス・キス
  • 2013.05.24 ハンコック
  • 2013.05.17 カイジ 人生逆転ゲーム
  • 2013.05.10 釣りバカ日誌5
  • 2013.05.03 池上彰くんに教えたいニュース
  • 2013.04.26 アイアンマン
  • 2013.04.19 名探偵コナン 11人目のストライカー
  • 2013.04.12 エイリアンVS.プレデター
  • 2013.04.05 リバース〜警視庁捜査一課チームZ〜
  • 2013.03.29 釣りバカ日誌イレブン
  • 2013.03.22 ハリー・ポッターと秘密の部屋
  • 2013.03.15 ハリー・ポッターと賢者の石
  • 2013.03.01 チープ・フライト
  • 2013.02.22 DOG×POLICE 純白の絆
  • 2013.02.15 ALWAYS 三丁目の夕日'64
  • 2013.02.08 96時間
  • 2013.02.01 インシテミル 7日間のデス・ゲーム
  • 2013.01.25 書道ガールズ!! わたしたちの甲子園
  • 2013.01.18 地球が静止する日
  • 2013.01.11 コクリコ坂から
  • 2013.01.04 ハウルの動く城

2012年「金曜ロードショー」バックナンバー

  • 2012.12.21 ミッション:インポッシブル
  • 2012.12.14 名探偵コナン 天国へのカウントダウン
  • 2012.12.07 映画 怪物くん
  • 2012.11.30 ホーム・アローン
  • 2012.11.23 カイジ2~人生奪回ゲーム~
  • 2012.11.16 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 TV版
  • 2012.11.09 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 TV版
  • 2012.11.02 ルパン三世 東方見聞録~アナザーページ~
  • 2012.10.26 20世紀少年 サーガ 第3夜
  • 2012.10.19 20世紀少年 サーガ 第2夜
  • 2012.10.12 20世紀少年 サーガ 第1夜
  • 2012.10.05 最高の人生の見つけ方
  • 2012.09.28 スピード
  • 2012.09.21 ステルス
  • 2012.09.14 ソルト
  • 2012.09.07 ベスト・キッド
  • 2012.08.24 崖の上のポニョ
  • 2012.08.17 名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)
  • 2012.08.10 チャーリーとチョコレート工場
  • 2012.08.03 太平洋の奇跡—フォックスと呼ばれた男—
  • 2012.07.27 家族、貸します 〜ファミリー・コンプレックス〜
  • 2012.07.20 サマーウォーズ
  • 2012.07.13 となりのトトロ
  • 2012.07.06 千と千尋の神隠し
  • 2012.06.29 ごくせん THE MOVIE
  • 2012.06.22 八日目の蝉
  • 2012.06.15 香港国際警察/NEW POLICE STORY
  • 2012.06.08 釣りバカ日誌13 ハマちゃん危機一髪!
  • 2012.06.01 そんな彼なら捨てちゃえば?
  • 2012.05.25 メン・イン・ブラック
  • 2012.05.18 セックス・アンド・ザ・シティ2
  • 2012.05.11 風の谷のナウシカ
  • 2012.05.04 K-20 怪人二十面相・伝
  • 2012.04.27 GANTZ PERFECT ANSWER
  • 2012.04.20 GANTZ
  • 2012.04.13 名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)
  • 2012.04.06 紅の豚
  • 2012.03.30 ルパン三世 カリオストロの城
  • 2012.03.23 ルパン三世VS名探偵コナン
  • 2012.03.16 第9地区
  • 2012.03.09 ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]
  • 2012.02.24 ヤッターマン
  • 2012.02.17 アバター
  • 2012.02.10 ウルヴァリン:X-MEN ZERO
  • 2012.02.03 ナイト ミュージアム2
  • 2012.01.27 L change the WorLd
  • 2012.01.20 ALWAYS 続・三丁目の夕日
  • 2012.01.13 ALWAYS 三丁目の夕日
  • 2012.01.06 ベンジャミン・バトン 数奇な人生

2011年「金曜ロードショー」バックナンバー

  • 2011.12.23 ゴースト もういちど抱きしめたい
  • 2011.12.16 借りぐらしのアリエッティ
  • 2011.12.09 天空の城ラピュタ
  • 2011.12.02 ルパン三世 血の刻印〜永遠のmermaid〜
  • 2011.11.25 名探偵コナン 漆黒の追跡者
  • 2011.11.18 タキシード
  • 2011.11.11 BECK
  • 2011.11.04 カイジ 人生逆転ゲーム
  • 2011.10.28 君に届け
  • 2011.10.21 僕の初恋をキミに捧ぐ
  • 2011.10.14 インシテミル 7日間のデス・ゲーム
  • 2011.10.07 アイ・アム・レジェンド
  • 2011.09.30 アナコンダ2
  • 2011.09.23 ターミネーター3
  • 2011.09.16 ザ・シューター/極大射程
  • 2011.09.02 ルパン三世 ルパンVS複製人間
  • 2011.08.26 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 TV版
  • 2011.08.19 名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)
  • 2011.08.12 硫黄島からの手紙
  • 2011.07.29 インビジブル2
  • 2011.07.22 ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • 2011.07.15 ゲド戦記
  • 2011.07.15 海がきこえる
  • 2011.07.08 魔女の宅急便
  • 2011.07.01 もののけ姫
  • 2011.06.24 マトリックス
  • 2011.06.17 ブタがいた教室
  • 2011.06.10 幸せのレシピ
  • 2011.05.27 地球が静止する日
  • 2011.05.20 チャーリーとチョコレート工場
  • 2011.05.13 幸せのちから
  • 2011.05.06 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
  • 2011.04.29 ルパン三世 DEAD OR ALIVE
  • 2011.04.22 ANOTHER GANTZ
  • 2011.04.15 名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)
  • 2011.04.08 スパイダーマン
  • 2011.04.01 なくもんか
  • 2011.03.25 築地魚河岸三代目
  • 2011.03.18 ごくせん THE MOVIE
  • 2011.03.04 トゥームレイダー2
  • 2011.02.25 ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛
  • 2011.02.11 沈まぬ太陽
  • 2011.02.04 プリティ・ウーマン
  • 2011.01.28 DEATH NOTE デスノート the Last name
  • 2011.01.21 DEATH NOTE デスノート
  • 2011.01.14 ハンコック
  • 2011.01.07 千と千尋の神隠し

2010年「金曜ロードショー」バックナンバー

  • 2010.12.24 THIS IS IT
  • 2010.12.17 オペラ座の怪人
  • 2010.12.10 シュレック3
  • 2010.12.03 魔法にかけられて
  • 2010.11.26 ゴースト ニューヨークの幻
  • 2010.11.19 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • 2010.11.12 トワイライト
  • 2010.10.29 ハリー・ポッターと賢者の石
  • 2010.10.22 猫の恩返し
  • 2010.10.15 カイジ 人生逆転ゲーム
  • 2010.10.08 ルパン三世 カリオストロの城
  • 2010.10.01 252 生存者あり
  • 2010.09.24 ディープ・ブルー
  • 2010.09.17 アルマゲドン
  • 2010.09.10 バンテージ・ポイント
  • 2010.08.27 20世紀少年<最終章> ぼくらの旗
  • 2010.08.20 20世紀少年<第2章> 最後の希望
  • 2010.08.13 20世紀少年<第1章> 終わりの始まり
  • 2010.08.06 サマーウォーズ
  • 2010.07.30 ポセイドン
  • 2010.07.23 となりのトトロ
  • 2010.07.16 ハウルの動く城
  • 2010.07.09 耳をすませば
  • 2010.07.02 紅の豚
  • 2010.06.25 ラッシュアワー3
  • 2010.06.18 デジャヴ
  • 2010.06.11 エボリューション
  • 2010.05.28 陰日向に咲く
  • 2010.05.21 フライトプラン
  • 2010.05.14 ゴーストライダー
  • 2010.05.07 スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
  • 2010.04.30 旭山動物園物語〜ペンギンが空をとぶ〜
  • 2010.04.23 ヤッターマン
  • 2010.04.16 名探偵コナン 漆黒の追跡者
  • 2010.04.09 ALWAYS 三丁目の夕日
  • 2010.04.02 天使にラブ・ソングを2
  • 2010.03.26 ディープ・インパクト
  • 2010.03.19 スパイダーマン3
  • 2010.02.26 ファンタスティック・フォー:銀河の危機
  • 2010.02.19 風の谷のナウシカ
  • 2010.02.12 ルパン三世 the Last Job
  • 2010.02.05 崖の上のポニョ
  • 2010.01.29 エラゴン 遺志を継ぐ者
  • 2010.01.22 天使にラブ・ソングを・・・
  • 2010.01.15 プラダを着た悪魔
  • 2010.01.08 もののけ姫

2009年「金曜ロードショー」バックナンバー

  • 2009.12.25 ラスト サムライ
  • 2009.12.18 マリと子犬の物語
  • 2009.12.11 シャンハイ・ナイト
  • 2009.12.04 カーズ
  • 2009.11.27 シークレット・ウインドウ
  • 2009.11.20 天空の城ラピュタ
  • 2009.11.13 舞妓Haaaan!!!
  • 2009.11.06 ダイ・ハード
  • 2009.10.30 隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS
  • 2009.10.23 ゴーストシップ
  • 2009.10.16 エイリアン VS. プレデター
  • 2009.10.02 キング・コング
  • 2009.09.18 アイ、ロボット
  • 2009.09.11 ワールド・トレード・センター
  • 2009.08.28 20世紀少年 〜もう一つの第2章〜
  • 2009.08.21 20世紀少年 第1章 終わりの始まり
  • 2009.08.14 火垂るの墓
  • 2009.08.07 ナイト ミュージアム
  • 2009.07.31 魔女の宅急便
  • 2009.07.24 X-メン
  • 2009.07.17 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • 2009.07.10 釣りバカ日誌2
  • 2009.07.03 ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序 TV版
  • 2009.06.26 たそがれ清兵衛
  • 2009.06.19 ルパン三世 ルパンVS複製人間
  • 2009.06.12 ボーン・アイデンティティー
  • 2009.06.05 千と千尋の神隠し
  • 2009.05.29 ダイ・ハード2
  • 2009.05.22 ナショナル・トレジャー
  • 2009.05.15 サラマンダー
  • 2009.05.08 東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜
  • 2009.05.01 釣りバカ日誌12
  • 2009.04.24 マスク2
  • 2009.04.17 名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)
  • 2009.04.10 宇宙戦争
  • 2009.04.03 トリプルX
  • 2009.03.27 ルパン三世VS名探偵コナン
  • 2009.03.20 ドクター・ドリトル
  • 2009.03.13 佐賀のがばいばあちゃん
  • 2009.03.06 幸せのちから
  • 2009.02.27 マスク
  • 2009.02.13 ホーム・アローン2
  • 2009.02.06 隠し剣 鬼の爪
  • 2009.01.30 20世紀少年 〜もう一つの第1章〜
  • 2009.01.23 香港国際警察/NEW POLICE STORY
  • 2009.01.16 L change the WorLd
  • 2009.01.09 デスノート the Last name

2008年「金曜ロードショー」バックナンバー

  • 2008.12.19 暴走特急
  • 2008.12.12 Mr.インクレディブル
  • 2008.12.05 252 生存者あり episode.ZERO
  • 2008.11.21 ALWAYS 続・三丁目の夕日
  • 2008.11.14 SHINOBI
  • 2008.11.07 インビジブル
  • 2008.10.31 オーシャンズ11
  • 2008.10.24 ダイヤモンド・イン・パラダイス
  • 2008.10.17 ホーム・アローン3
  • 2008.10.03 ハウルの動く城
  • 2008.09.26 スパイダーマン
  • 2008.09.19 チャーリーズ・エンジェル
  • 2008.09.12 メン・イン・ブラック2
  • 2008.09.05 メン・イン・ブラック
  • 2008.08.29 舞妓Haaaan!!!
  • 2008.08.22 DEATH NOTE リライト2 Lを継ぐ者
  • 2008.08.08 ザスーラ
  • 2008.07.25 ルパン三世 SWEET LOST NIGHT 〜魔法のランプは悪夢の予感〜
  • 2008.07.18 となりのトトロ
  • 2008.07.11 ゲド戦記
  • 2008.07.04 猫の恩返し
  • 2008.06.27 マトリックス レボリューションズ
  • 2008.06.20 マトリックス リローデッド
  • 2008.06.13 インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説
  • 2008.06.06 風の谷のナウシカ
  • 2008.05.30 ヴィレッジ
  • 2008.05.23 ホームアローン
  • 2008.05.16 レジェンド・オブ・ゾロ
  • 2008.05.09 少林サッカー
  • 2008.05.02 ルパン三世 カリオストロの城
  • 2008.04.25 タッチ
  • 2008.04.18 ファインディング・ニモ
  • 2008.04.11 Mr.& Mrs.スミス
  • 2008.04.04 トゥームレイダー2
  • 2008.03.29 タイタニック(後編)
  • 2008.03.28 タイタニック(前編)
  • 2008.03.21 妖怪大戦争
  • 2008.03.14 アイ・スパイ
  • 2008.03.07 デンジャラス・ビューティー2
  • 2008.02.29 パニッシャー
  • 2008.02.22 耳をすませば
  • 2008.02.08 デスノート the Last name
  • 2008.02.01 DEATH NOTE デスノート
  • 2008.01.25 X-MEN 2
  • 2008.01.18 ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]
  • 2008.01.11 チャーリーとチョコレート工場

2007年「金曜ロードショー」バックナンバー

  • 2007.12.28 ルパン三世 DEAD OR ALIVE
  • 2007.12.21 極道の妻たちII
  • 2007.12.14 キャッツ&ドッグス
  • 2007.12.07 トータル・フィアーズ
  • 2007.11.23 佐賀のがばいばあちゃん
  • 2007.11.16 ジョンQ 最後の決断
  • 2007.11.09 ボーン・スプレマシー
  • 2007.11.02 ALWAYS 三丁目の夕日
  • 2007.10.19 おもひでぽろぽろ
  • 2007.10.12 プレデター
  • 2007.10.05 バットマン ビギンズ
  • 2007.09.28 花田少年史
  • 2007.09.21 火垂るの墓
  • 2007.09.14 ダイ・アナザー・デイ
  • 2007.08.31 DEATH NOTE ディレクターズカット完全決着版
  • 2007.08.17 ホーンテッドマンション
  • 2007.08.10 オーシャンズ12
  • 2007.08.03 トウームレイダー
  • 2007.07.27 ルパン三世 霧のエリューシヴ
  • 2007.07.20 コマンドー
  • 2007.07.13 魔女の宅急便
  • 2007.07.06 逃亡者
  • 2007.06.29 ターミネーター3
  • 2007.06.22 バーティカル・リミット
  • 2007.06.15 天空の城ラピュタ
  • 2007.06.08 ボーン・コレクター
  • 2007.06.01 ランナウェイ
  • 2007.05.25 紅の豚
  • 2007.05.18 パッチギ!
  • 2007.05.11 スパイダー
  • 2007.05.04 ルパン三世 ルパンVS複製人間
  • 2007.04.27 スパイダーマン2
  • 2007.04.20 ザ・コア
  • 2007.04.13 スパイキッズ
  • 2007.04.11 101
  • 2007.03.23 ジュラシック・パークIII
  • 2007.03.16 ジャッカル
  • 2007.03.09 ソードフィッシュ
  • 2007.03.02 スパイ・ゲーム
  • 2007.02.23 隠し剣 鬼の爪
  • 2007.02.09 コン・エアー
  • 2007.02.02 千と千尋の神隠し
  • 2007.01.26 赤い月
  • 2007.01.19 SHINOBI
  • 2007.01.12 Shall we Dance?

2006年「金曜ロードショー」バックナンバー

  • 2006.12.22 たそがれ清兵衛
  • 2006.12.15 ラッシュアワー
  • 2006.12.08 ホーム・アローン
  • 2006.12.01 ALWAYS 三丁目の夕日
  • 2006.11.24 ベートーベン
  • 2006.11.17 レーシング・ストライプス
  • 2006.11.10 平成狸合戦ぽんぽこ
  • 2006.10.27 DEATH NOTE(前編)
  • 2006.10.20 まだまだあぶない刑事
  • 2006.10.13 ハムナプトラ2 黄金のピラミッド
  • 2006.10.06 エアフォース・ワン
  • 2006.09.29 スピード2
  • 2006.09.22 スピード
  • 2006.09.15 ホーム・アローン3
  • 2006.09.08 ルパン三世 セブンデイズ・ラプソディ
  • 2006.08.25 タッチ
  • 2006.08.18 ロック・ユー!
  • 2006.08.11 妖怪大戦争
  • 2006.08.04 釣りバカ日誌5
  • 2006.07.28 となりのトトロ
  • 2006.07.21 ハウルの動く城
  • 2006.07.14 デイライト
  • 2006.06.30 戦国自衛隊1549
  • 2006.06.09 パニック・ルーム
  • 2006.06.02 エボリューション
  • 2006.05.26 エンド・オブ・デイズ
  • 2006.05.19 ザ・グリード
  • 2006.05.12 もののけ姫
  • 2006.05.05 ゲロッパ!
  • 2006.04.28 リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い
  • 2006.04.21 S.W.A.T.
  • 2006.04.14 スコーピオンキング
  • 2006.04.07 tokyo tower
  • 2006.03.31 ワイルド・エンジェル
  • 2006.03.24 Shall we ダンス?
  • 2006.03.10 耳をすませば
  • 2006.02.17 ニューヨークの恋人
  • 2006.02.17 ニューヨークの恋人
  • 2006.02.10 スチュアート・リトル
  • 2006.02.03 風の谷のナウシカ
  • 2006.01.27 マイノリティ・リポート
  • 2006.01.20 ドクター・ドリトル
  • 2006.01.13 トリプルX

2005年「金曜ロードショー」バックナンバー

  • 2006.01.06 バーティカル・リミット
  • 2005.12.16 グリーン・デスティニー
  • 2005.12.09 キューティ・ブロンド
  • 2005.12.02 ハリー・ポッターと秘密の部屋
  • 2005.11.25 仄暗い水の底から
  • 2005.11.18 天使にラブソングを 2
  • 2005.11.11 ダンジョン&ドラゴン
  • 2005.11.04 メジャーリーグ 3
  • 2005.10.28 ペイバック
  • 2005.10.21 キャスパー
  • 2005.10.14 チャーリーズ・エンジェル
  • 2005.10.07 ラスト・アクション・ヒーロー
  • 2005.09.30 スネーク・アイズ
  • 2005.09.16 魔女の宅急便
  • 2005.09.09 ラッシュアワー
  • 2005.08.26 猫の恩返し
  • 2005.08.19 ナッティ・プロフェッサー2 クランプ家の面々
  • 2005.08.12 クロスゲージ
  • 2005.08.05 火垂るの墓
  • 2005.07.29 着信アリ
  • 2005.07.22 ルパン三世SP天使の策略(タクティクス)〜夢のカケラは殺しの香り〜
  • 2005.07.15 ゴースト・ニューヨークの幻
  • 2005.07.08 スター・ウォーズエピソード2 クローンの攻撃
  • 2005.07.01 トップガン
  • 2005.06.24 スター・ウォーズエピソード1 ファントム・メナス
  • 2005.06.17 インビジブル
  • 2005.06.10 バンディッツ
  • 2005.06.03 ロミオ・マスト・ダイ
  • 2005.05.27 デンジャラスビューティー
  • 2005.05.20 アナコンダ
  • 2005.05.13 エボリューション
  • 2005.05.06 Shall we ダンス?
  • 2005.04.29 ソードフィッシュ
  • 2005.04.22 紅の豚
  • 2005.04.15 幸福の黄色いハンカチ
  • 2005.04.08 沈黙の戦艦
  • 2005.04.01 身代金
  • 2005.03.25 ギャング・オブ・ニューヨーク
  • 2005.03.18 グラディエーター
  • 2005.03.04 アイ・アム・サム
  • 2005.02.25 ターミネーター3
  • 2005.02.11 イレイザー
  • 2005.02.04 マスク・オブ・ゾロ
  • 2005.01.28 PLANET OF THE APES/猿の惑星
  • 2005.01.21 マキシマム・リスク
  • 2005.01.14 ドリヴン
  • 2005.01.07 ハムナプトラ失われた砂漠の都

2004年「金曜ロードショー」バックナンバー

  • 2004.12.24 天空の城ラピュタ
  • 2004.12.17 コブラ
  • 2004.12.10 千と千尋の神隠し
  • 2004.12.03 スパイダーマン
  • 2004.11.26 プレデター2
  • 2004.11.19 もののけ姫
  • 2004.11.12 シュレック
  • 2004.11.05 フィフス・エレメント
  • 2004.10.29 ローマの休日
  • 2004.10.22 ルパン三世 ルパン VS 複製人間
  • 2004.10.15 DENGEKI/電撃
  • 2004.10.08 エネミー・オブ・アメリカ
  • 2004.10.01 ダイ・ハード
  • 2004.09.24 ジャンヌ・ダルク
  • 2004.09.17 GODZILLA ゴジラ
  • 2004.09.10 ベイブ・都会へ行く

『1917 命をかけた伝令』の全編ワンカットがどんなものか映画館で確認してきた

f:id:hobiwo:20200215101122j:plain

2020年2月14日に公開された『1917 命をかけた伝令』は、全編ワンカットで撮影された傑作とのこと。長回しの映画やワンカットのミュージックビデオに目がない自分としては、ものすごく気になる。

この話題作を大画面で確認せねば!

なかば使命感のようなものに駆られ劇場へ向かった。

『1917 命をかけた伝令』はどんな映画か

事前に知っていた情報は、

  • 第一次大戦、味方のために大事な伝令を伝える話
  • 全編ワンカットで撮影されている
  • サム・メンデス監督作品、カンバーバッチが出てるらしい
  • アカデミー賞主要部門では『パラサイト 半地下の家族』に競り負けた

というくらい。

アカデミー賞で受賞した3部門は、撮影、録音、視覚効果とどれも技術面での評価。主要部門の受賞は叶わなかったが、恐ろしいほどの技術が堪能できる作品には違いない。否が応でも期待が高まる。

そもそも全編ワンカットというのは本当なのだろうか。戦争シーンを編集点なしで延々映像化するとはにわかには信じがたい。

知る限りの情報から想定するに、伝令を受け、敵に見つからないように隠れながら移動し、時には敵と対峙して、ある程度の距離を移動し、仲間を見つけ、伝令を届けた相手に読んでもらうまでがワンシーン。山あり谷ありの道中、どのようなキャメラワークがなされるのか。

戦闘シーンの長回しといえば『トゥモローワールド』だが時間的にはその比ではないだろう。『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』も全編ワンカットだが、登場人物も撮影場所もある程度限られていた。過去の長回しの名作たち、『ロープ』『ザ・プレイヤー』『スネークアイズ』を上回る衝撃があるはずだ。

というわけで、映画館に行ってきた。

冒頭からキャメラワークに舌を巻く

若者がうららかな平原でお昼寝してたと思ったら、叩き起こされ、将軍の待つ穴蔵へ。移動中は延々と続く塹壕、そして疲れ果てた兵士たち。想像を絶する戦場が再現されている。

若者を正面から捉えるキャメラは窪みに入って切り返し、角を曲がって今度は後ろから追いかける。

このキャメラワーク、どれだけ計算されたものなのか。

驚くのはその先で、指令を受けて敵地に乗り込むあたりからちょっと理解ができなくなる。道中の緊張感は尋常ではない。いつ敵に襲われるのか。敵はいるのかいないのか。計算され尽くしたキャメラワークをずっと考えていたはずなのに、物語の中に入ってしまい、伝令を手にした若者に感情移入している自分に気づく。

まてまて、キャメラワークを確認しようと思っていたのに

水たまりのような場所を前にどうやって向こうにたどり着くのか。無理じゃないかと思うような場所も、キャメラは水面を這うように進んでいく。ちょっと混乱してしまう。理解できない。嘘でしょ、と思っているうちにシーンは展開していく。

途中、二人がフレームアウトするシーンでは編集点を疑ってしまうが(多分編集点なのだと思うけど)、観ている限りそれは必然でありまったく違和感がない。

もっとも中盤に明らかな編集点(暗転)があるが、その後のシーンは夢かと思うほどに幻想的。魅せられてしまった。

まとめ

ワンシーンで撮り切るという緊張感と、敵に遭遇しないで先に進まねばという緊張感、様々な緊張感に溢れる本作。かなり心臓に悪かった。

また、キャメラワークを確認する自分と、物語に没収する自分が行きつ戻りつする不思議な感覚に陥る。

アカデミー賞編集賞にはノミネートすらされなかったが、すべてをワンシーンのようにつなげた編集はある意味見事だと思う。

ステディカムをシャイニングで採用したキューブリックは草葉の陰で何を思うのだろうか。『1917 命をかけた伝令』は、映画館で観るべき映画だと思う。

キャメラワーク以外の感想について(ネタバレあり)

この後はネタバレがあるから注意だよ!

戦争はだめ!そんな大事な伝令を託すには人が少なすぎじゃない?ネズミ怖すぎ。玉当たっても死なないの不思議すぎ。階段から落ちて気を失ってたの?女の人と赤ちゃんのシーンいる?6時間かかると言ってたのに近すぎじゃない?最初に映ってた木って最後の木?メダルはもらえたのかしら。キャメラワークも技術も最高だけどお話としては微妙かな。

ポケモン映画(ポケットモンスター劇場版)のタイトル一覧

自身はポケモン世代ではないので全く興味がなかったが、子供が夢中になるポケカやポケモン剣盾を見てその奥深さを知った。ポケモンGOは卒業したが、日曜日の朝8時はポケんち、夕方6時からはアニメを視るのが決まりになっている。年に一度の劇場版はここ数年欠かさず劇場に足を運んでいる。見ていなかった過去作品もさかのぼって確認していくだろう。

作品概要と一言コメントを記していく。

23,ココ(2020年)

f:id:hobiwo:20200112124149p:plain

  • 公開日:2020年7月10日
  • 監督:矢嶋哲生
  • 脚本:冨岡淳広、矢嶋哲生
  • ゲスト声優:
  • オープニング主題歌:
  • エンディング主題歌:
  • 活躍したポケモン:

多分、映画館に観に行くことになるはず。

22,ミュウツーの逆襲 EVOLUTION(2019年)

ミュウツーの逆襲 EVOLUTION [DVD]

  • 公開日:2019年7月12日
  • 監督:榊原幹典
  • 脚本:首藤剛志
  • ゲスト声優:市村正親、小林幸子、レイモンド・ジョンソン、山寺宏一
  • オープニング主題歌:めざせポケモンマスター'98(2019 Remaster)(松本梨香)
  • エンディング主題歌:風といっしょに(小林幸子、中川翔子)
  • 活躍したポケモン:ミュウツー、アーマードミュウツー、ミュウ

第一作の3Dリメイク。生きる意味について自問自答するミュウツーが印象的。クライマックスで寝てしまったが名作だったと思う。

21,みんなの物語(2018年)

劇場版ポケットモンスター みんなの物語(特典なし) [DVD]

  • 公開日:2018年7月13日
  • 監督:矢嶋哲生
  • 脚本:梅原英司、高羽彩、山寺宏一、中川翔子
  • ゲスト声優:芦田愛菜、川栄李奈、濱田岳、大倉孝二、野沢雅子
  • オープニング主題歌:なし
  • エンディング主題歌:ブレス(ポルノグラフィティ)
  • 活躍したポケモン:ゼラオラ、ルギア

キミに決めてからのみんなの物語。登場人物それぞれに課題とそれを乗り越えるシーンがあり、タイトルに負けない内容だった。

20,キミにきめた!(2017年)

劇場版ポケットモンスター キミにきめた! [DVD]

  • 公開日:2017年7月15日
  • 監督:湯山邦彦
  • 脚本:米村正二
  • ゲスト声優:本郷奏多、佐藤栞里、古田新太、山寺宏一、中川翔子
  • オープニング主題歌:めざせポケモンマスター -20th Anniversary-(松本梨香)
  • エンディング主題歌:オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜(林明日香)
  • 活躍したポケモン:マーシャドー、ホウオウ

通算20作目にして、原点回帰。これまでの伝説ポケモンフューチャーのタイトルではなく、物語ファーストとなった。

19,ボルケニオンと機巧のマギアナ(2016年)

ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ [DVD]

  • 公開日:2016年7月16日
  • 監督:湯山邦彦
  • 脚本:冨岡淳広
  • ゲスト声優:市川染五郎、松岡茉優、あばれる君、山寺宏一、中川翔子
  • オープニング主題歌:XY&Z -movie ver.-(サトシ(松本梨香))
  • エンディング主題歌:ポストに声を投げ入れて(YUKI)
  • 活躍したポケモン:ボルケニオン、マギアナ、メガオニゴーリ、白いメガゲンガー、黒いメガサーナイト

見てない。

18,光輪の超魔神 フーパ(2015年)

ポケモン・ザ・ムービーXY  光輪の超魔神 フーパ [DVD]

  • 公開日:2015年7月18日
  • 監督:湯山邦彦
  • 脚本:冨岡淳広
  • ゲスト声優:藤原竜也、篠原信一、山寺宏一、中川翔子
  • オープニング主題歌:なし
  • エンディング主題歌:Tweedia(安田レイ)
  • 活躍したポケモン:フーパ、アルセウス

フーパのリングから伝説のポケモンがたくさんでてきてたはず。やんちゃなフーパを憎たらしく思った記憶あり。

17,破壊の繭とディアンシー(2014年)

劇場版ポケットモンスターXY 破壊の繭とディアンシー [DVD]

  • 公開日:2014年7月19日
  • 監督:湯山邦彦
  • 脚本:園田英樹
  • ゲスト声優:三田佳子、足立梨花 、中川家、内田篤人、山寺宏一、中川翔子
  • オープニング主題歌:メガV(遊助)
  • エンディング主題歌:夜明けの流星群(SCANDAL)
  • 活躍したポケモン:イベルタル、ゼルネアス、ディアンシー、メガディアンシー、メレシー

16,神速のゲノセクト ミュウツー覚醒(2013年)

劇場版 ポケットモンスター ベストウイッシュ 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒 [レンタル落ち]

  • 公開日:2013年7月13日
  • 監督:湯山邦彦
  • 脚本:園田英樹
  • ゲスト声優:高島礼子、平成ノブシコブシ、吉岡聖恵(いきものがかり)、山寺宏一
  • オープニング主題歌:夏めく坂道(ダイスケ)
  • エンディング主題歌:笑顔(いきものがかり)
  • 活躍したポケモン:ゲノセクト、ミュウツー、ニンフィア、イーブイ、イーブイフレンズ

15,キュレムVS聖剣士 ケルディオ(2012年)

劇場版ポケットモンスター ベストウィッシュ「キュレムVS聖剣士 ケルディオ」 [DVD]

  • 公開日:2012年7月14日
  • 監督:湯山邦彦
  • 脚本:園田英樹
  • ゲスト声優:高橋克実、ローラ、山寺宏一、中川翔子
  • オープニング主題歌:やじるしになって! -MOVIE EDIT-(松本梨香)
  • エンディング主題歌:Memories(ローラ)
  • 活躍したポケモン:キュレム、ゲルディオ、コバルオン、テラキオン、ビリジオン、メロエッタ

14,ビクティニと黒き英雄 ゼクロム/白き英雄 レシラム(2011年)

劇場版 ポケットモンスター ベストウイッシュ ビクティニと黒き英雄 ゼクロム、ビクティニと白き英雄 レシラム [レンタル落ち] 全2巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品]

  • 公開日:2011年7月16日
  • 監督:湯山邦彦
  • 脚本:園田英樹
  • ゲスト声優:高橋英樹、谷原章介、つるの剛士、石原さとみ、大地真央、水樹奈々、山寺宏一、中川翔子
  • オープニング主題歌:ベストウイッシュ!-NEW MIX&EDIT-(松本梨香)
  • エンディング主題歌:宙 -そら- 響 -こえ-(Every Little Thing)
  • 活躍したポケモン:ビクティニ、ゼクロム、レシラム、ゴルーグ、サザンドラ、ランクルス

13,幻影の覇者 ゾロアーク(2010年)

劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール 幻影の覇者 ゾロアーク [DVD]

  • 公開日:2010年7月10日
  • 監督:湯山邦彦
  • 脚本:園田英樹
  • ゲスト声優:陣内孝則、塚本高史、加藤夏希、山寺宏一、中川翔子
  • オープニング主題歌:なし
  • エンディング主題歌:アイスクリーム シンドローム(スキマスイッチ)
  • 活躍したポケモン:ゾロアーク、ゾロア、ライコウ、エンテイ、スイクン

12,アルセウス 超克の時空へ(2009年)

劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール アルセウス 超克の時空へ [DVD]

  • 公開日:2009年7月18日
  • 監督:湯山邦彦
  • 脚本:園田英樹
  • ゲスト声優:美輪明宏、高嶋政宏、北乃きい、ロバート、山寺宏一、中川翔子
  • オープニング主題歌:ハイタッチ!2009(サトシ(松本梨香)&ヒカリ(豊口めぐみ))
  • エンディング主題歌:心のアンテナ(中川翔子)
  • 活躍したポケモン:アルセウス、ディアルガ、パルキア、ギラティナ、ギザみみピチュー、ワニノコ、チコリータ、ヒノアラシ

11,ギラティナと氷空の花束 シェイミ(2008年)

劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール「ギラティナと氷空の花束 シェイミ」 [DVD]

  • 公開日:2008年7月19日
  • 監督:湯山邦彦
  • 脚本:園田英樹
  • ゲスト声優:中村獅童、南明奈、TIM、クリスタル・ケイ、山寺宏一、中川翔子
  • オープニング主題歌:なし
  • エンディング主題歌:ONE(Crystal Kay)
  • 活躍したポケモン:シェイミ、ギラティナ、レジギガス、マンムー、タテトプス

10,ディアルガVSパルキアVSダークライ(2007年)

劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール「ディアルガVSパルキアVSダークライ」 [DVD]

  • 公開日:2007年7月14日
  • 監督:湯山邦彦
  • 脚本:園田英樹
  • ゲスト声優:石坂浩二、山本耕史、加藤ローサ、ロバート、山寺宏一、中川翔子
  • オープニング主題歌:Together2007(あきよしふみえ)
  • エンディング主題歌:Be With You 〜いつもそばに〜(サラ・ブライトマン)
  • 活躍したポケモン:ディアルガ、パルキア、ダークライ、ヒコザル、ベロベルト、ゴウカザル、エンペルト、ドダイトス

9,ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ(2006年)

劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海(うみ)の王子 マナフィ【劇場版ポケットモンスター新シリーズ公開記念・期間限定生産商品】 [DVD]

  • 公開日:2006年7月15日
  • 監督:湯山邦彦
  • 脚本:園田英樹
  • ゲスト声優:藤岡弘、、眞鍋かをり、ホリ、山寺宏一、ベッキー
  • オープニング主題歌:なし
  • エンディング主題歌:守るべきもの(Sowelu)
  • 活躍したポケモン:マナフィ、ブイゼル、ペラップ、タマンタ

8,ミュウと波導の勇者 ルカリオ(2005年)

劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者 ルカリオ [DVD]

  • 公開日:2005年7月16日
  • 監督:湯山邦彦
  • 脚本:園田英樹
  • ゲスト声優:岡江久美子、菊池桃子、キングコング、山寺宏一、ベッキー
  • オープニング主題歌:バトルフロンティア(髙屋亜希那)
  • エンディング主題歌:はじまりのうた(PUFFY)
  • 活躍したポケモン:ルカリオ、ミュウ、マニューラ、マネネ、ウソハチ、レジロック、レジアイス、レジスチル

7,裂空の訪問者 デオキシス(2004年)

劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション 裂空の訪問者 デオキシス [DVD]

  • 公開日:2004年7月17日
  • 監督:湯山邦彦
  • 脚本:園田英樹
  • ゲスト声優:上原多香子、KABA.ちゃん、山寺宏一、ベッキー
  • オープニング主題歌:なし
  • エンディング主題歌:L・O・V・E・L・Y 〜夢見るLOVELY BOY〜(Tommy february6)
  • 活躍したポケモン:デオキシス、レックウザ、ゴンベ、プラスル、マイナン

6,七夜の願い星 ジラーチ(2003年)

劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ [レンタル落ち]

  • 公開日:2003年7月19日
  • 監督:湯山邦彦
  • 脚本:園田英樹
  • ゲスト声優:牧瀬里穂、パパイヤ鈴木、山寺宏一
  • オープニング主題歌:なし
  • エンディング主題歌:小さきもの(林明日香)
  • 活躍したポケモン:ジラーチ、アブソル、フライゴン、メタ・グラードン

5,水の都の護神 ラティアスとラティオス(2002年)

劇場版ポケットモンスター 水の都の護神 ラティアスとラティオス [DVD]

  • 公開日:2002年7月13日
  • 監督:湯山邦彦
  • 脚本:園田英樹
  • ゲスト声優:神田うの、釈由美子、グッチ裕三、山寺宏一
  • オープニング主題歌:めざせポケモンマスター2002(coba & 松本梨香)
  • エンディング主題歌:ひとりぼっちじゃない(coba & 宮沢和史)
  • 活躍したポケモン:ラティアス、ラティオス、プテラ、カブトプス

4,セレビィ 時を超えた遭遇(2001年)

劇場版ポケットモンスター セレビィ 時を超えた遭遇(であい)【劇場版ポケットモンスター新シリーズ公開記念・期間限定生産商品】 [DVD]

  • 公開日:2001年7月7日
  • 監督:湯山邦彦
  • 脚本:園田英樹
  • ゲスト声優:佐野史郎、鈴木杏、藤井隆、山寺宏一
  • オープニング主題歌:めざせポケモンマスター2001(松本梨香)
  • エンディング主題歌:明日天気にしておくれ(藤井フミヤ)
  • 活躍したポケモン:セレビィ、スイクン、バンギラス

3,結晶塔の帝王 ENTEI(2000年)

劇場版ポケットモンスター 結晶塔の帝王 エンテイ【劇場版ポケットモンスター新シリーズ公開記念・期間限定生産商品】 [DVD]

  • 公開日:2000年7月8日
  • 監督:湯山邦彦
  • 脚本:首藤剛志、園田英樹
  • ゲスト声優:竹中直人、加藤あい、薬丸裕英、山寺宏一
  • オープニング主題歌:OK!2000(松本梨香)
  • エンディング主題歌:虹がうまれた日(森公美子)
  • 活躍したポケモン:エンテイ、アンノーン、エイパム

2,幻のポケモン ルギア爆誕(1999年)

劇場版ポケットモンスター 幻のポケモン ルギア爆誕(ばくたん)/ピカチュウたんけんたい【劇場版ポケットモンスター新シリーズ公開記念・期間限定生産商品】 [DVD]

  • 公開日:1999年7月17日
  • 監督:湯山邦彦
  • 脚本:首藤剛志
  • ゲスト声優:鹿賀丈史、浜田雅功(ダウンタウン)、山寺宏一
  • オープニング主題歌:ライバル!(松本梨香)
  • エンディング主題歌:toi et moi(安室奈美恵)
  • 活躍したポケモン:ルギア、ヤドキング、ファイヤー、サンダー、フリーザ

1,ミュウツーの逆襲(1998年)

劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲 完全版/ピカチュウのなつやすみ【劇場版ポケットモンスター新シリーズ公開記念・期間限定生産商品】 [DVD]

  • 公開日:1998年7月18日
  • 監督:湯山邦彦
  • 脚本:首藤剛志
  • ゲスト声優:市村正親、小林幸子、佐藤藍子、レイモンド・ジョンソン、山寺宏一
  • オープニング主題歌:めざせポケモンマスター'98(松本梨香)
  • エンディング主題歌:風といっしょに(小林幸子)
  • 活躍したポケモン:ミュウツー、ミュウ、カイリュー

本当に面白いおすすめ映画50選、かわいい50枚のイラストで紹介する

こんにちは。映画鑑賞とイラスト作成が大好きなホビヲです。

そんなわたしが50本の名作を選び、作品のイメージをかわいいイラストで表現しました。あらすじとおすすめポイントも簡潔に記載しています。面白い映画を探しているあなたの参考になれば幸いです。

それではいってみよう!

1,ターミネーター2

f:id:hobiwo:20190629175624p:plain

未来から来た殺人ロボットと戦う話。個人的に胸が熱くなるのは、まだ犯していない罪に責任をとろうとする研究者。世界を破滅に導くデータを爆破しようと自らを犠牲にして爆破ボタンを押す。

2,ベイブ

f:id:hobiwo:20190629175550p:plain

食べられるはずの豚が役割を見つけて生き延びる話。なんの能力も持たないただの豚の行く末はごちそうになるだけ。そんな運命に逆らい奮闘する豚と飼い主は周囲の嘲笑を物ともせず、奇跡を起こす。

3,チアーズ!

f:id:hobiwo:20190629175548p:plain

チアで全国大会優勝を目指す話。とにかく元気になれる映画。白熱のダンスシーンも見事だが、笑顔になれるコメディパートも秀逸。歯磨きをするだけのシーンも最高に面白い。

4,ブリグズビー・ベア

f:id:hobiwo:20190629175609p:plain

誘拐されシェルターで育った青年の話。熱中したテレビ番組は、製作者の「両親」が逮捕され中断したまま。青年はその続きを作りはじめる。マーク・ハミルのアフレコシーンが鳥肌モノ。

5,(500)日のサマー

f:id:hobiwo:20190629175804p:plain

「運命の相手」に翻弄される男子の話。彼女に翻弄される心の動きが、数多の映像技術を駆使して見事に表現されている。ラストシーンのオチも演出も見事としか言いようがない。

6,スモーク

f:id:hobiwo:20190629175801p:plain

辛い過去をタバコの煙に紛れさせ生きる人々の話。ポール・オースター作品のテーマである「偶然」が人々を結びつけ、過去を乗り越えるきっかけを与えてくれる。

7,レザボア・ドッグス

f:id:hobiwo:20190629175757p:plain

おとり捜査官と一緒に強盗する話。タランティーノ監督のデビュー作。香港映画「友は風の彼方に」のストーリーを下敷きに、監督のバイト時代の馬鹿話がそのまま採用されている。

8,ホワット・ライズ・ビニース

f:id:hobiwo:20190629175557p:plain

幽霊が見えるのに誰にも信じてもらえない話。サスペンス映画の表現技法を凝縮したヒッチコックオマージュ映画。ロバート・ゼメキス監督は作品ごとにテーマを設けて挑戦し続けている。

9,ミッション:インポッシブル

f:id:hobiwo:20190629175533p:plain

裏切り者と疑われたスパイの話。トムのトムによるトムのための映画。そんなトムの活躍により、腹痛となり持ち場を離れ、大事な情報を盗まれて左遷される職員。可哀想すぎる。

10、バタフライ・エフェクト

f:id:hobiwo:20190629175754p:plain

昔の日記を読むとタイムトラベルする男の話。愛する人を助けるために過去に戻りまくるが、びっくりするほどうまくいかない。どんどん悪化していく様に今をちゃんと生きようと思える。

11、ファイナル・デスティネーション

f:id:hobiwo:20190629175751p:plain

死に損なった人たちが死神に襲われる話。死ぬべきときに死ななかったがため、色んなパターンで襲ってくる死神。なんとも悪趣味な設定だが、割り切って襲われ方のバリエーションを楽しむべし。

12、スター・ウォーズ エピソード4

f:id:hobiwo:20190629175748p:plain

遠い昔、遥か彼方の銀河系を舞台にした家族喧嘩の話。宇宙を舞台にした壮大なる親子ゲンカの話。1977年公開の第一作「EP4」から2019年「EP9」まで、完結に42年を要する大河ドラマとなったのだから驚くばかり。

13、ブルース・ブラザース

f:id:hobiwo:20190629175808p:plain

不良たちがお世話になった孤児院を救おうとする話。ブルースの神々が歌い踊るシーンだけでも感涙もの。そんな黒人音楽に憧れる男は、白い食パンをトースターで焦げるまで焼こうとする。

14、ロボコップ

f:id:hobiwo:20190629175745p:plain

ギャングに襲われた瀕死の警察官がロボットにされる話。良心のかけらもない悪人に、殺人ロボに、研究者たち。人間の尊厳などまったく考慮されない倒錯した世界観は一見の価値あり。

15、シックス・センス

f:id:hobiwo:20190629175741p:plain

死者が見える男の子とお医者さんが困った死者を助ける話。オカルトホラーのようだが、なかなかどうして良質な人間ドラマ。想いを伝えるのがいかに大変で大切なことかが分かる。

16、ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

f:id:hobiwo:20190629175737p:plain

報道したら捕まる政府の機密文書を報道する話。決断の瞬間に心震える。やるべきことをやるときに、それができるかが人間の価値を決める。本作を鑑賞したあとは、無駄に決断したくなる。

17、タンポポ

f:id:hobiwo:20190629175733p:plain

つぶれかけのラーメン屋を繁盛店にする話。メインストーリーの合間に挿入されるグルメエピソードの数々。役所広司と黒田福美のカップルが脳裏に焼きついて離れない。

18、食神

f:id:hobiwo:20190629175729p:plain

裏切られて自分を見失った男が食の神になるまでの話。カンフーを愛し、漫画のような演出と美人をブスに描く周星馳のこだわりに拍手。

19、スター・トレック イントゥ・ダークネス

f:id:hobiwo:20190629175724p:plain

怒れる超人を相手に円満解決を目指す人たちの話。手に汗握るシーンが連続し、最後まで飽きさせない見事なアクション大作。超人が強すぎて無双なシーンがすごく好き。

20、ひみつの花園

f:id:hobiwo:20190629175720p:plain

お金が大好きな女の子が大金を手に入れようとする話。目的のために手段を選ばない姿に笑いが止まらない。その目的がお金という手段に過ぎないのがまた面白い。

21、サブウェイ

f:id:hobiwo:20190629175717p:plain

愛する人のために無茶をして地下鉄に逃げ込んだ男の話。ストーリーはあってないようなもの。リュック・ベッソン監督が、スタイリッシュな映像を撮っていた時代の傑作。

22、ダークナイト

f:id:hobiwo:20190629175711p:plain

秩序を乱そうとする男に振り回されるヒーローの話。やりたいようにやる自由こそが正義、秩序を守ることこそが正義、それぞれの正義がぶつかりあう。正義とは何かを考えさせられる。

23、セブン

f:id:hobiwo:20190629175714p:plain

荷が重すぎる事件を担当することになった新米刑事の話。観るものすべてを辛い気持ちにさせるに違いない作品。デヴィット・フィンチャーは本当に罪深い監督だと思う。

24、007 カジノ・ロワイヤル

f:id:hobiwo:20190629175709p:plain

カジノで儲けようとする悪人にギャンブルで勝とうとするスパイの話。試合に勝っても勝負に負けて、大切なものを失ってしまう。ジェームズ・ボンドが可哀想過ぎる。

25、魔法にかけられて

f:id:hobiwo:20190629175704p:plain

プリンセスが現実の世界で真実の愛を見つける話。ディズニーがディズニーの世界観をセルフパロディ。天真爛漫なプリンセスを演じるエイミー・アダムスが素敵すぎる。

26、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー vol.2

f:id:hobiwo:20190629175700p:plain

出生の秘密を知った主人公がそれを仲間と乗り越える話。アバンタイトルの踊るグルートがかわいくてしかたない。魅了されること必至。このシーンだけでも傑作といえる。

27、天空の城ラピュタ

f:id:hobiwo:20190629175657p:plain

空飛ぶ城を巡って世界征服を企む悪人と戦う話。困ったときは「リーテ・ラトバリタ・ウルス アリアロス・バル・ネトリール」と唱え、それでダメだったら「バルス!」。

28、フライト

f:id:hobiwo:20190629175654p:plain

嘘をつけば英雄、真実を語れば犯罪者になる男の話。「ハドソン川の奇跡」のパイロットがもしアル中だったら、この話になる。映画3本くらいが凝縮された作品だと思う。

29、黙秘

f:id:hobiwo:20190629175651p:plain

娘のために黙秘を続ける母親の話。見る前と後では母親の印象ががらっと変わる。スティーブン・キング原作の映画化は当たり外れの差が大きいが、本作はかなり成功している方だと思う。

30、カラー・オブ・ハート

f:id:hobiwo:20190629175647p:plain

白黒テレビの世界に紛れ込んだ兄妹の話。常識に縛られるモノクロの世界、カラーで描かれる新しい考え。その対比が美しく見事。人々の偏見が色付けによって表現されている。

31、ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!

f:id:hobiwo:20190629175644p:plain

優等生ギャルと負け犬教師の話。高校の生徒会選挙を舞台にある事件の顛末を描く。上昇志向が強い優等生ギャルにドン引きし、負け犬人生を歩んでいく教師の哀愁に共感してしまう。

32、ビッグフィッシュ

f:id:hobiwo:20190629175641p:plain

臨終間際のホラ吹きオヤジに息子が向き合う話。父親のありのままを受け入れる息子の姿に心打たれる。ティム・バートン監督によって表現される親父のホラ話が素敵すぎる。

33、スティング

f:id:hobiwo:20190629175637p:plain

悪人を懲らしめる詐欺師集団の話。騙し騙される男たちに翻弄される129分。本物の馬ではなく、まがい物のメリーゴーランドが詐欺師たちを象徴しているのだと思う。

34、ガタカ

f:id:hobiwo:20190629175635p:plain

遺伝子操作された人々の中、普通の男が夢を勝ち取ろうとする話。生まれ持った能力が劣っていても、諦めず立ち向かう男の姿を見れば、きっと勇気をもらえるはず。

35、男はつらいよ

f:id:hobiwo:20190629175632p:plain

自分勝手すぎる男と彼に翻弄される周囲の人々の話。自分勝手な寅さんに魅了されるのは、そんな風に生きてみたいとどこかで願っているからだと思う。誰も不幸にならないから救われる。

36、シン・ゴジラ

f:id:hobiwo:20190629175628p:plain

天災と見紛うゴジラに立ち向かう人々の話。ゴジラを前に登場人物全てが自分の役割を全うしようと奮闘する。足を引っ張る人が出てこないので嫌な気持ちにならない。

37、スラムドッグ$ミリオネア

f:id:hobiwo:20190629175620p:plain

生きてきたこれまではすべて無駄ではないという話。世にあふれる理不尽な数々、辛いことがあっても、無駄だと思っても、それが未来につながっているというメッセージが熱い。

38、トイ・ストーリー3

f:id:hobiwo:20190629175616p:plain

捨てられたおもちゃたちが新しい生き方をみつけるまでの話。遊ばれなくなり自身の存在意義を問い直すおもちゃたち。生ける屍となるか、新たな意味を求めて冒険に旅立つのか、選択を迫られる。

39、マーズ・アタック!

f:id:hobiwo:20190629175612p:plain

地球を襲う火星人を撃退する話。未知なる生命体に遭遇したとき、人類はどう対峙するのか。絶体絶命の中、負け犬だった人々の「衝撃の発見」が地球を救う展開に驚愕すること必至。

40、マグノリア

f:id:hobiwo:20190629175606p:plain

クイズ番組の関係者がそれぞれ人生の生きる意味を考える話。人にはそれぞれ理由があり、それぞれに繋がっていて、社会はできている。そんな当たり前を見事な群像劇から描き出している。

41、ホーム・アローン

f:id:hobiwo:20190629175601p:plain

家にひとりぼっちの息子のために旅行をキャンセルする話。泥棒を撃退する子供の痛快なシーンが印象に残るが、実際は心温まる家族の物語。疎遠となった息子夫婦を待ちわびる隣人の姿に涙。

42、パラサイト

f:id:hobiwo:20190629175553p:plain

宇宙人に乗っ取られたのは誰かを当てる話。子供から大人に変わる思春期の頃、同時期に宇宙人の地球人乗っ取りが進んでいたら。設定と心理描写の妙が冴えている。

43、ファミリー・ゲーム

f:id:hobiwo:20190629175545p:plain

別々に育った双子の姉妹が別れた両親の仲を取り持つ話。何度もリメイクされている物語で設定は秀逸。ただ新しい婚約者を撃退する双子は悪魔のようにも見える。ハッピーエンドのためには必要なのだが。

44、アメリカン・ビューティー

f:id:hobiwo:20190629175541p:plain

中年の危機を迎えた男が「美しいもの」を見つける話。物質的には豊かとなったが、人々の心は空虚であり幸せではない、そんな当時のアメリカ社会が表現されている。

45、ビッグ

f:id:hobiwo:20190629175538p:plain

大きくなりたいと願った少年が本当に大きくなってしまう話。スピルバーグの妹が脚本を執筆。もしスピルバーグが監督していたら世紀の名作になっていたのではないだろうか。

46、スクール・オブ・ロック

f:id:hobiwo:20190629175535p:plain

ロック命の男が小学校の教師になりすます話。自分勝手なロッカーに違和感を覚えるも、あまりに熱いロックへの愛に次第に応援してしまう心理が自分でも不思議に思う。

47、ニュー・シネマ・パラダイス

f:id:hobiwo:20190629175529p:plain

映画大好き少年が大人になって当時を振り返る話。ラストシーンは何度観ても泣いてしまう。百日待った兵士はなぜ最終日に立ち去ったのか、その理由をたまに考えてしまう。

48、アマデウス

f:id:hobiwo:20190629175816p:plain

天才になれなかった男が逆恨みする話。品性もなく非常識な男になぜ神は才能を与え、真面目に生きている自分にその能力を与えなかったのか。嫉妬に狂い、神に背いた男が人生を振り返る。

49、ロッキー・ザ・ファイナル

f:id:hobiwo:20190629175813p:plain

もう一度挑戦する男の話。かませ犬が世界王者にまさかの健闘、その後王者となるも落ちぶれていく。スタローンの人生と同期するロッキーは映画でありながら彼の人生そのものを描いている。

50、ダイ・ハード

f:id:hobiwo:20190629175819p:plain

文句を言いながらテロリストと戦う男の話。とにかく脚本が見事。主人公のキャラ設定も、魅力的な犯人役も、数多の伏線もモチーフも、音楽も、何もかもが素晴らしい。観る価値は必ずある。

あなたにおすすめ

5月4日は「スター・ウォーズの日」なので、全シリーズのあらすじを書く

f:id:hobiwo:20170503164850p:plain

「スター・ウォーズ」の名台詞「フォースと共にあらんことを」は英語で、"May the Force be with you."。このセリフの「May the Force」を「May the 4th」に置き換えて5月4日は「スター・ウォーズの日」ということらしい。ダジャレである

1976年に公開された一作目「エピソード4/新たなる希望 」から43年。今年公開される「エピソード9/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」で、やっとの完結。今年はまさにスター・ウォーズイヤーである。

そんな記念すべき今日、「エピソード9」に備えあらすじを確認しようとWikipediaを開いたが、まったく頭に入ってこなかった。登場人物が多すぎて、話が複雑過ぎる。もっとシンプルなあらすじを読みたいと思ったがみつからなかった。それなら自分で書くしかない。おさらいの意味を見込めて「スター・ウォーズ」全シリーズのあらすじを書いてみる。わかりやすくするため、ヨーダもオビワンもR2-D2もC-3POもチューバッカも省いた。限られた登場人物名もあえてアルファベットに置き換えた。ちゃんと伝わるだろうか。

それではいってみよう。なお、豪快にネタバレしているので未見の方は注意してほしい。

「スター・ウォーズ」全シリーズのあらすじ(エピソード1から8)

フォースと呼ばれる超能力を持った男Aと王女Bが恋に落ち、双子のCDが生まれる。母親となったBは出産時に他界し、父親となったAは悪の道に進む。Dは王女となり、Cは出生を知らされず辺境の地で育てられる。A同様に超能力を持つCは、Dがメンバーとなるレジスタンス運動に参加。CDはお互い双子だと知らないまま共に協力して危機を乗り越える。またCは悪の組織で偉くなったAと、そうとは知らずに戦う(ACとの関係を知っている)。ACDで、知らないうちに宇宙を舞台にした壮大な親子喧嘩。最終的にACを助け、悪の組織の首領Eを倒して死ぬ。めでたしめでたしと思ったのも束の間、また別の悪の組織が台頭する。Dと流れ者のパイロットFとの間には息子Gが誕生。GCに弟子入りするも裏切られ悪の道へ。Gは父であるFを殺すもHに倒される。HCに弟子入り。新しい悪の組織に、B率いる抵抗軍は壊滅の危機。そんな中CGを殺そうとした過去を知りHは単身敵陣へ。GHを仲間に誘うが断られる。絶体絶命の抵抗軍を助けて命を落とすCCは最後のジェダイかと思われたが、そうでもなさそうな感じで終劇。エピソード9に続く。

あらすじは、ざっくりとこんな感じ。登場人物AからHは以下の通りだ。

A:アナキン・スカイウォーカー/ダース・ベイダー(お父さん)

スター・ウォーズ ダース・ベイダー 1/12スケール プラモデル

B:パドメ・アミダラ(お母さん)

Hasbro スター・ウォーズ ヴィンテージコレクション ベーシックフィギュア VC84 クイーン・アミダラ(ファントム・メナス)/Star Wars 2012 Vintage Collection Action Figure Queen Amidala (The Phantom Menace)【並行輸入】

C:ルーク・スカイウォーカー(双子の兄)

S.H.フィギュアーツ スター・ウォーズ ルーク・スカイウォーカー (A NEW HOPE) 約150mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

D:レイア姫(双子の妹)

ムービー・マスターピース スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 プリンセス・レイア 1/6スケール プラスチック製 塗装済み可動フィギュア

E:シーヴ・パルパティーン/ダース・シディアス(悪の首領)

スター・ウォーズ ブラックシリーズ 6インチフィギュア パルパティーン皇帝 全長 6インチ 塗装済み 可動フィギュア

F:ハン・ソロ(パイロット)

ムービー・マスターピース スター・ウォーズエピソード4/新たなる希望 ハン・ソロ 1/6スケール プラスチック製 塗装済み可動フィギュア

G:カイロ・レン(DとFの息子)

スター・ウォーズ カイロ・レン 1/12スケール プラモデル

H:レイ(女子、エピソード7,8,9の主人公)

ムービー・マスターピース スター・ウォーズ/フォースの覚醒 レイ 1/6スケール プラスチック製 塗装済み可動フィギュア

「スター・ウォーズ」エピソード1から8までをちゃんと観る場合はこちら

今回の全シリーズのあらすじはかなり端折っている。もし、「エピソード9/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」を本気で楽しみたいのなら、全作ちゃんと観たほうがいいかもしれない。

まとめ

May the Force be with you.(フォースと共にあらんことを)

Amazonプライムビデオで今観るべきおすすめの映画を、ジャンル別に紹介する

f:id:hobiwo:20171001055035p:plain

Amazonプライム会員が視聴できる映画の中から本当におすすめしたい映画をジャンル別に選んだ。映画好きならマストで抑えておきたい作品ばかり。見逃していたのなら、この機会に是非。

なお、Amazonプライムビデオでは作品が定期的に入れ替わる。最新の内容は下記のリンク先で確認できる。

ネタバレにならぬよう作品紹介はできるだけシンプルにしてある。各ジャンル毎(アクション、コメディ、SF映画、 洋画(年代別)、キッズ・ファミリー、アニメ映画、ホラー、ミステリー・スリラー、ミリタリー・戦争、恋愛・ロマンス、ミュージック、邦画)に紹介しているので、興味のあるジャンルへは目次をクリック!

アクション映画 おすすめ12選

f:id:hobiwo:20181113045644j:plain

  • 1,ミッション:インポッシブル/ ローグネイション(2015)、所属するスパイ組織が解体の危機にある中、悪の組織の伸長を防ごうと奮闘するスパイの話。
  • 2,スター・トレック イントゥ・ダークネス(2013)、宇宙の平和を守るため、異星人を助けたり、襲われたり、敵と味方が入り混じって戦ったりする娯楽大作。
  • 3,シン・シティ 復讐の女神(2015)、愛する男を殺された女の復讐劇。ダークなアメコミの世界観を表現するモノクロ映像に注目。
  • 4,RONIN(1998)、冷戦終結で浪人となったスパイや特殊工作員が、生き残りをかけて壮絶に戦う話。
  • 5,レオン 完全版(1996)、牛乳を飲みまくる孤独な殺し屋が少女を助け、生きる喜びを見つけるお話。
  • 6,トップガン(1986)、空軍に入ったやんちゃな男が成長し、アメリカの空を守る青春サクセスストーリー。
  • 7,ロボコップ(1987)、ギャングに殺された真面目な警察官をサイボーグにして、街の治安を守ろうとする話。
  • 8,ソードフィッシュ(2001)、悪い奴らにスカウトされた凄腕ハッカーが、疑心暗鬼に陥りながら仕事をする話。
  • 9,里見八犬伝(1983)、滅ぼされた実家を復興しようと奮闘するお姫様(薬師丸ひろ子)と仲間たちの物語。
  • 10,バトル・ロワイアル(2000)、無人島に連れてこられた中学生3年生の1クラスが、最後の一人になるまで殺し合いをする話。

コメディ映画 おすすめ10選

f:id:hobiwo:20181113045711j:plain

  • 1,マスク(1994)、やりたいことができる力を得るマスク、それを手にした気弱な男のてんやわんやなお話。
  • 2,モンスタートラック(2017)、トラックの動力にもなる地球外生命体と、心を通わせる青年との友情の物語。
  • 3,イエスマン"YES"は人生のパスワード(2009)、言われたことにイエスと答え続ければ人生は切り開けるのか?それを実践した男のドラマ。
  • 4,キック・アス ジャスティス・フォーエバー(2014)、キック・アスの続編。覆面ヒーローに憧れる人々の物語。
  • 5,ハングオーバー!消えた花婿と史上最悪の二日酔い(2010)、酒は飲んでも飲まれるな!記憶を失った間になにをやらかしたか探る旅。
  • 6,ミッドナイト・ラン(1988)、捕まった横領犯と捕まえた賞金稼ぎ。敵に追われながらアメリカを横断する二人、互いに理解しはじめる。
  • 7,ビーン(1997)、ミスタービーンのテレビ番組を見ていた人なら楽しめる、ダイジェスト版のような作品。
  • 8,ハンサム★スーツ(2008)、ハンサムになれるスーツを着たブサイクな男が、本当の愛を見つけるまでのお話。
  • 9,男はつらいよ 第一作(1969)、フーテンのお兄ちゃんが、愛する妹の幸せを願う家族の物語。
  • 10,ラヂオの時間(1997)、トラブル続きのラジオドラマ生放送。しかし、数々の障害に立ち向かう制作者の想いが作品をより高みに引き上げる。

SF映画 おすすめ12選

f:id:hobiwo:20181113045735j:plain

  • 1,バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985)、過去にタイムスリップして母親に求愛される青年が、父と母との関係を修復させて無事未来に戻ろうと奮闘する話。
  • 2,ミスター・ノーバディ(2011)、もし、あのとき別の選択をしていたら、そんなもうひとつの人生をいきつもどりつする物語。
  • 3,モンスターズ/地球外生命体(2011)、モンスターの繁殖する危険地帯として隔離されたメキシコ、令嬢を助けるためカメラマンが向かう。
  • 4,オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014)、地球外生命体の侵略で圧倒的な劣勢に立たされる地球。勝つまでタイムリープを繰り返す男の物語。
  • 5,12モンキーズ(1996)、ウイルスが蔓延し絶滅の危機にある地球。真相を探る鍵は「12モンキーズ」という謎のキーワードだけ。
  • 6,ジュラシック・パーク(1993)、DNAからつくりだした本物の恐竜が暮らすアミューズメント施設、開演前のトラブルを描く。
  • 7,オブリビオン(2013)、近未来、担当区域をパトロールする監視員。何者かに攻撃された彼は自分の本当の役割を知る。
  • 8,コンタクト(1997)、宇宙人からのメッセージを探し、接触を試みる科学者の物語。監督:ロバート・ゼメキス
  • 9,第9地区(2009)、ヨハネスブルグの上空、座礁した宇宙船の中から出てきたのは虫のような宇宙人。政府は彼らをスラム地区に隔離することに。
  • 10,クローバーフィールド/HAKAISHA(2008)、転勤が決まった青年の送別パーティー。突如、正体不明の怪物が出現し街を破壊。逃げまどう人々で街はパニックに陥る。
  • 11,フィフス・エレメント(1997)、絶滅の危機に瀕する人類を救うため、4つの石を求めて冒険するタクシードライバーの話。
  • 12,寄生獣(2014)、体の乗っ取りに失敗した地球外生命体、ミギーと協力しながら生き抜こうと奮闘する青年の話。

Amazonプライム・ビデオでSF映画をもっと探す!

2010年代の洋画ドラマ おすすめ9選

  • 1,フライト(2012)、奇跡的な操縦により多くの命を救ったウィトカー機長。しかし、当時泥酔していた彼は真実と嘘の間で葛藤する。監督:ロバート・ゼメキス
  • 2,セッション(2015)、ドラムで食べていこうとする青年が、鬼の教師との出会いで翻弄される姿を描く。
  • 3,ルーム(2016)、母ひとり、子ひとり。部屋に監禁され続ける二人の再生のドラマを描く。
  • 4,マリアンヌ(2016)、嘘に生きるスパイの過酷な恋愛ドラマ。出会い、結婚、その先に待つ運命を描く。
  • 5,それでも夜は明ける(2014)、奴隷にされてしまった男が希望を捨てずに生き抜こうと突き進むドラマ。
  • 6,英国王のスピーチ(2011)、第二次大戦中、スピーチで国民を勇気付けるため、スピーチのできない国王がどうにかしようと奮闘する話。
  • 7,ヒューゴの不思議な発明(2011)、駅に住む孤児。父親の形見である機械仕掛けのロボットは壊れている。直せば物語が始まるはずと駆けまわる。
  • 8,ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013)、お金と欲望にまみれた世界で生き抜く男の物語。
  • 9,COP CAR/コップ・カー(2016)、盗まれた警察車両を取り戻そうと奮闘する悪徳警官の話。

Amazonプライム・ビデオで2010年代の洋画(ドラマ)をもっと探す!

2000年代の洋画ドラマ おすすめ10選

  • 1,キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002)、天才詐欺師とそれを追うFBI捜査官の全米を舞台にした追いかけっこ。追手を逃れるため、パイロット、医者、弁護士と次々に職を変えて逃走を図る。
  • 2,マッチスティック・メン(2003)、人をだますプロフェッショナルたちのお話。ニコラス・ケイジが、潔癖症の天才詐欺師を見事に演じる。
  • 3,スラムドッグ$ミリオネア(2009)、難問に次々正答するスラム出身の青年。カンニングを疑われる彼は、自身の人生を振り返る。
  • 4,プレステージ(2007)、19世紀末のロンドン。二人の若き奇術師が、不幸な出来事から血を流す争いを繰り広げる。
  • 5,オーシャンズ11(2002)、チームプレイで盗みを働くカッコいい泥棒たちの話。
  • 6,ロッキー・ザ・ファイナル(2006)、ロッキーシリーズは、まさしくスタローンの人生そのもの。ドラマと現実が交差する。全作見返したくなる完成度の高さ。
  • 7,キャスト・アウェイ(2000)、墜落した輸送会社の飛行機。無人島にたどり着き、奇跡的に生き残った男の生き様を描く。
  • 8,バニラ・スカイ(2001)、オープン・ユア・アイズのハリウッド版リメイク。こっちのほうがわかりやすくなってる。
  • 9,ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2009)、生まれたときに老人で、年を重ねる度に若返っていく男の一生を描く。
  • 10,グラン・トリノ(2009)

Amazonプライム・ビデオで2000年代の洋画(ドラマ)をもっと探す!

1990年代の洋画ドラマ おすすめ9選

  • 1,フォレスト・ガンプ/一期一会(1994)、アメリカ現代史を生き抜く一人の男の、ホントのようなウソの話。
  • 2,アメリカン・ビューティー(1999)、中年の危機を迎えた男と、日常に潜む美しきもののお話。
  • 3,ショーシャンクの空に(1995)、妻殺害の罪で収監されたショーシャンク。理不尽で過酷な刑務所生活の中、ただひとり生きる希望を失わず、諦めない男の生きざまを描く。
  • 4,トゥルーマン・ショー(1998)、保険会社の平凡なセールスマンは、自分の生活が「演出された作り物」だと疑い始める。ジム・キャリー主演、ヒューマン・コメディの傑作。
  • 5,ユージュアル・サスペクツ(1995)、銃器強奪事件の面通しで集められた5人の容疑者。歯車の狂い始めた犯罪計画を卓越した構成で描いたサスペンス映画の傑作。
  • 6,トレインスポッティング(1996)、何もないスコットランドで、ドラッグ漬けの毎日を送る若者たち。再起を図るレントンを中心に仲間たちをスタイリッシュに描く。
  • 7,グッドフェローズ(1990)
  • 8,L.A.コンフィデンシャル(1997)
  • 9,隣人は静かに笑う(1999)

Amazonプライム・ビデオで1990年代の洋画(ドラマ)をもっと探す!

1980年代以前の洋画ドラマ おすすめ10選

  • 1,ニュー・シネマ・パラダイス(1989)、映画監督として活躍するトトのもとに故郷から訃報が届く。30年ぶりに彼はシチリアに帰る。思い出を振り返りながら。映画ファン感涙の不朽の名作。
  • 2,ブラック・レイン(1989)、圧倒的な悪、ヤクザ佐藤を演じる松田優作の怪演は必見。彼をつかまえるため、マイケル・ダグラスと高倉健、日米が協力するという構図。
  • 3,愛と青春の旅だち(1982)
  • 4,ダーティハリー(1972)
  • 5,未来世紀ブラジル(1985)
  • 6,ストリート・オブ・ファイヤー(1984)、誘拐された人気ロック歌手と孤高のヒーロー描く痛快アクション。音楽、暴力、バイク、と全編ロックンロールに満ち溢れた寓話のような作品。
  • 7,ゴッド・ファーザー(1972)、家族と仕事、ふたつのファミリーの間で巧みにストーリーを展開させながら、アメリカでの勢力争いを巡るマフィアの血なまぐさい盛衰を描く。
  • 8,時計じかけのオレンジ(1972)
  • 9,ロッキー(1976)、負け犬ボクサーが、負け犬じゃなくなるまでの物語。
  • 10,ベン・ハー(1959)

Amazonプライム・ビデオで1980年代以前の洋画(ドラマ)をもっと探す!

キッズ・ファミリー映画 おすすめ6選

f:id:hobiwo:20181113045802j:plain

  • 1,グーニーズ(1985)、ダメなちびっこたちが、親の借金返済のために宝探しに奮闘する物語。海賊のし掛けた罠をすり抜け、泥棒一家との知恵比べ。
  • 2,パディントン(2014)、クマの話。
  • 3,怪盗グルーの月泥棒(2010)、「世界で最もおかしな強盗」の名を狙うグルー。月を盗み取るという今世紀最大の犯行を企てるが、孤児の三姉妹が登場し心が揺れる。
  • 4,コララインとボタンの魔女(2010)、あったらいいなと思う偽りの世界に囚われた女の子の話。
  • 5,僕のワンダフル・ライフ(2017)、犬の話。
  • 6,ベイブ(1996)、牧場に住む動物の中、何の取り柄もない、食べられるしかない子ブタのベイブ。しかし、牧羊「豚」として活躍することで、生き残る道を探る。

Amazonプライム・ビデオでキッズ・ファミリー映画をもっと探す!

アニメ映画 おすすめ5選

f:id:hobiwo:20181113045820j:plain

  • 1,映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険(2017)
  • 2,イヴの時間 劇場版(2010)
  • 3,アラビアンナイト シンドバッドの冒険(1962)、黒柳徹子が声をやっている。
  • 4,映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年(2015)
  • 5,昆虫物語みつばちハッチ 勇気のメロディ(2010)

Amazonプライム・ビデオでアニメ映画をもっと探す!

ホラー映画 おすすめ8選

f:id:hobiwo:20181103071621j:plain

  • 1,遊星からの物体X(1982)、氷を掘ったら、とんでもない物体が出てきて大変なことになる話。
  • 2,エスター(2009)、子供を失った悲しみから、養子にした女の子。でも、一緒に生活するうちに様子がおかしいことに気づく。
  • 3,ゲット・アウト(2017)、黒人男性と白人女性、肌の色が異なるカップル。彼女の実家に遊びに行ったら、家族の様子が何かおかしい。
  • 4,シャイニング(1980)、一冬の閉ざされたホテルで管理人として過ごすことになった作家志望のジャック。彼は次第に狂っていく。
  • 5,エクソシスト(1973)、悪魔と戦う神父の話。悪魔に取り憑かれた子どもが怖すぎる。
  • 6,ペット・セメタリー(1989)、愛する人は失い、できることなら生き返らせたいと願う。しかし、生き返ったのはまったくの別人だった。
  • 7,グレムリン(1984)、クリスマス、父親から不思議な生き物をプレゼントされる。飼うには3つの条件があった。水に濡らさない、光を当てない、12時過ぎて食事をさせない。全部破って大変なことになる話。
  • 8,リング(1998)

Amazonプライム・ビデオでホラー映画をもっと探す!

ミステリー・スリラー映画 おすすめ10選

f:id:hobiwo:20181113045947j:plain

  • 1,ファイト・クラブ(1999)、不眠症に悩むマジメな男、彼の前に現れたルールを無視する男。二人がはじめた活動は、やがて制御できなくなる。
  • 2,セブン(1996)、2人の刑事が追うのは、怜悧な頭脳を持つしたたかな連続殺人鬼。男は七つの大罪のいずれかに該当する者を狙い、おぞましい殺人を繰り返していた。
  • 3,メメント(2001)、五分しか記憶を保てない男が、妻を殺した犯人を捜すサスペンス。
  • 4,シー・オブ・ラブ(1989)
  • 5,ナイトクローラー(2015)、事件を求めて街を走り回る向上心にあふれたカメラマンの話。
  • 6,ノーカントリー(2007)
  • 7,コンテイジョン(2011)、ウイルスが広がり、世界が大混乱に陥る過程を描くドラマ。
  • 8,犬神家の一族(1976)、市川崑監督の演出が最高。黒字に白のタイポグラフィーは、その後の映像表現に多大なる影響を与えた。一周回って新しく感じる名作。
  • 9,八つ墓村(1977)
  • 10,告白(2010)、息子を生徒に殺された女教師が復讐する話。

Amazonプライム・ビデオでミステリー・スリラー映画をもっと探す!

ミリタリー・戦争映画 おすすめ8選

f:id:hobiwo:20181113050006j:plain

  • 1,プライベート・ライアン(1998)、一人を助けるために大勢が危険にさらされる話。
  • 2,父親たちの星条旗(2006)
  • 3,ラスト サムライ(2003)、トムクルーズがサムライになって戦う話。
  • 4,GODZILLA(1998)、こんなのゴジラじゃない!という批判も多いが、これはこれで楽しめる。
  • 5,ボーダーライン(2016)
  • 6,フューリー(2014)
  • 7,シン・ゴジラ(2016)、ゴジラが出てきてみんなで協力してやっつける話。
  • 8,ぼくらの七日間戦争(1988)、大人に反抗して学校に立てこもる子どもたちの話。

Amazonプライム・ビデオでミリタリー・戦争映画をもっと探す!

恋愛・ロマンス映画 おすすめ7選

f:id:hobiwo:20181113050024j:plain

  • 1,her/世界でひとつの彼女(2014)、AIと付き合った男の話。
  • 2,バレンタインデー(2010)、恋する男女の群像劇。ほっこりする良作。
  • 3,世界にひとつのプレイブック(2013)、人生で転んじゃったけど、もう一度立ち直ろうとする人々のお話。
  • 4,ラブ&ドラッグ(2010)、難病の女性に恋したプレイボーイの話。悲壮感のない描き方で良作。
  • 5,きみに読む物語(2005)
  • 6,エターナル・サンシャイン(2005)、恋人と別れたジョエルの元に不思議な手紙が届く。「二人の思い出の記憶をすべて消した」というもの。納得がいかないジョエルは問い合わせを行う。
  • 7,アバウト・タイム ~愛おしい時間について~(2014)

Amazonプライム・ビデオで恋愛・ロマンス映画をもっと探す!

ミュージック映画 おすすめ8選

  • 1,ラ・ラ・ランド(2016)、夢のために本気になってる人々を応援するドラマ。
  • 2,ピッチ・パーフェクト(2015)
  • 3,ブルース・ブラザース(1981)、資金難で閉鎖目前の孤児院を救うため、ブルースバンド再結成を目指す男たち。ハチャメチャな男たちが繰り広げる、ソウルフルな音楽映画。
  • 4,ドリームガールズ(2006)
  • 5,SING/シング(2017)、倒産必至の劇場主は起死回生の策として素人オーディションを実施。予選を通過した6匹にはそれぞれドラマがあった。
  • 6,ヘアスプレー(2007)
  • 7,フラッシュダンス(1983)
  • 8,舞妓はレディ(2014)

Amazonプライム・ビデオでミュージック映画をもっと探す!

邦画・日本のドラマ おすすめ12選

  • 1,蘇える金狼(1979)
  • 2,下妻物語(2004)
  • 3,嫌われ松子の一生(2006)
  • 4,たそがれ清兵衛(2002)
  • 5,壬生義士伝(2003)
  • 6,舟を編む(2013)
  • 7,百円の恋(2014)
  • 8,鍵泥棒のメソッド(2012)
  • 9,モテキ(2011)、モテ期がやってきたサブカル男子の恋愛模様を描くドラマ。
  • 10,それでもボクはやってない(2007)、痴漢の冤罪で捕まった男のリアルなドラマ。
  • 11,愛のむきだし(2009)
  • 12,リアル鬼ごっこ 劇場版(2015)、原作無視の恐ろしい鬼ごっこ映画。よくGOが出たと感心するしかない。

Amazonプライム・ビデオで邦画(ドラマ)をもっと探す!

まとめ

今回、プライム会員なら楽しめる映画の中から、おすすめ作品を選んでみた。

年会費3,900円でこれだけの映画が観られるamazonプライムは、恐ろしいサービスだと思う。もし、あなたがまだ会員でなければ、月々300円ちょっとで紹介した映画が見放題になるので是非。

まだまだ観たことない映画がたくさんある。もっと楽しい映画に出会いたい。

ジブラー必見!スタジオジブリ映画の全作品一覧から、おすすめ作品を選ぶ

劇中のセリフを暗記してキャラになりきり、作品について熱く語るジブラー(ジブリ作品を愛する人)がいる。彼ら彼女たちが愛してやまないスタジオジブリのアニメ映画。数えると、短編とテレビ映画を含めて合計24本が制作されていた。

自分は何を見て、何を見ていないのか。調査をかねて、まとめてみた。鑑賞した作品には星をつけ、一言コメントも記している。

映画のキャッチコピーと作画枚数もあわせて調べた。視聴の際に参考となれば幸いだ。

それではいってみよう!

1984年、風の谷のナウシカ

風の谷のナウシカ [DVD]

  • 監督:宮崎駿
  • 英題:Nausicaä of the Valley of the Wind
  • コピー:少女の愛が奇跡を呼んだ
  • 上映時間:116分
  • 作画枚数:56,078枚

舞台は「火の7日間」といわれる最終戦争で現代文明が滅び去った1000年後の地球。風の谷に暮らすナウシカは、「風の谷」に暮らしながら、人々が忌み嫌う巨大な蟲・王蟲(オーム)とも心を通わせ、有害な瘴気覆われ巨大な蟲たちの住む森「腐海」の謎を解き明かそうとしていた。そんなある日、「風の谷」に巨大な輸送機が墜落、ほどなく西方のトルメキア王国の軍隊が侵攻してくる。墜落した輸送機の積荷は、「火の7日間」で世界を焼き尽くしたという最終兵器「巨神兵」であった。そして、少女ナウシカの愛が奇跡を呼ぶ。

★★★
深い。腐海だけに。

1986年、天空の城ラピュタ

天空の城ラピュタ [DVD]

  • 監督:宮崎駿
  • 英題:Castle in the Sky
  • コピー:ある日、少女が空から降ってきた…
  • 上映時間:124分
  • 作画枚数:69,262枚

空から降ってきた少女と、彼女を助けた見習機械工の少年が繰り広げる空中の浮島を巡る傑作ファンタジー・アドベンチャー。空に浮かぶ伝説の島ラピュタを発見した父を持つ見習い機械工のパズー。彼はある日、空から落ちてきた少女シータと出会う。彼女は胸に青く光る石のペンダントを身につけていた。実は、彼女はラピュタの王位継承者であり、そのペンダントこそが空に浮かぶ力を持つ“飛行石”だった。

★★★★★
終盤のあの言葉を呟きたくなる。

1988年、となりのトトロ

となりのトトロ [DVD]

  • 監督:宮崎駿
  • 英題:My Neighbor Totoro
  • コピー:このへんないきものは まだ日本にいるのです。たぶん。
  • 上映時間:86分
  • 作画枚数:48,743枚

昭和30年代の田舎を舞台に、オバケの“トトロ”と幼い姉妹とのふれあいを描いた、宮崎駿監督が贈る大ヒット・ファンタジーアニメがBlu-ray化!小学六年生のサツキと四歳のメイ。二人が大きな袋にどんぐりをいっぱい詰めた、たぬきのようでフクロウのようで、クマのような変な生き物に出会うが。。。

★★★★
散歩中によく歌うが、「さんぽ」はとてもいい曲だと思う。

1988年、火垂るの墓

火垂るの墓 [DVD]

  • 監督:高畑勲
  • 英題:Grave of the Fireflies
  • コピー:4歳と14歳で生きようと思った。
  • 上映時間:88分
  • 作画枚数:54,660枚

直木賞を受賞した野坂昭如の同名小説を高畑勲が映画化し、『となりのトトロ』と2本立てで公開された戦争アニメ。戦時中の日本を舞台に、両親を亡くした幼いふたりの兄妹が懸命に生きる姿を描く。


お兄ちゃんの選択に、いろいろと物申したくなる自分がいる。

1989年、魔女の宅急便

魔女の宅急便 [DVD]

  • 監督:宮崎駿
  • 英題:Kiki’s Delivery Service
  • コピー:おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。
  • 上映時間:102分
  • 作画枚数:67,317枚

魔女の子は、13歳になると一人前の魔女になるために1年間の修行に出なければなりません。黒猫ジジを連れて父母のもとを旅立ち、海辺の町コリコを修行の場に選んだキキは、親切なパン屋のおかみ・おソノさんのすすめで、唯一使える魔法である、ホウキで空を飛ぶ能力を活かして“お届け屋さん"の仕事を始めます。日々の仕事に励む中で、女子画学生のウルスラや、空を飛ぶことを夢見る少年トンボと友達になり、少しずつ町での生活に慣れていくキキ。しかし、熱を出して仕事を休んだ翌日、キキは自分の空を飛ぶ能力が弱まっていることに気づきます。はたしてキキは“お届け屋さん"の仕事を続け、この町で暮らしていくことが出来るのでしょうか。

★★
飛べなくなった理由が知りたい。

1991年、おもひでぽろぽろ

おもひでぽろぽろ [DVD]

  • 監督:高畑勲
  • 英題:Only Yesterday
  • コピー:私はワタシと旅にでる。
  • 上映時間:119分
  • 作画枚数:73,719枚

1982年、夏。東京での生活になんとなく物足りなさを感じているタエ子は27歳のOL。彼女は10日間の休暇を取り、姉の結婚で出来た山形の親戚を訪ねて旅立つことにしました。東京生まれ東京育ちのタエ子にとって“田舎"は憧れの場所です。そんな彼女には奇妙な連れがいました。ふとしたきっかけで思い出した小学5年生の頃のワタシがどうしても脳裏から離れないのです。タエ子は思い出と共に山形行きの夜行列車に揺られていきます。 小学5年生。それは女の子が一つの階段を上っていく、さなぎの季節なのかもしれません。そして今、自分にまたさなぎの時期がめぐってきたのだろうかと、タエ子は思いをはせていきます。

見てない。

1992年、紅の豚

紅の豚 [DVD]

  • 監督:宮崎駿
  • 英題:Porco Rosso
  • コピー:カッコイイとは、こういうことさ。
  • 上映時間:93分
  • 作画枚数:58,443枚

1920年代末のアドリア海は、ファシズムの足音と新たな戦争の予感におびえていた。それは決して「古き良き時代」などではなかった。食い詰めた飛行機乗り達は空賊となって暴れまわり、彼らを相手に賞金稼ぎたちは功を競った。その中に、賞金稼ぎとして最も名を上げていた一匹の豚、ポルコ・ロッソ(紅の豚)がいた。イタリア空軍のエース・パイロットだった彼は、自らに魔法をかけて豚の姿になってしまったのだ。ポルコをとりまく女性たち、手に汗握る空賊との戦い、アメリカからやってきた宿命のライバル、そして全編を彩る空を飛ぶロマン。誇りと金と女のために、命を賭けた戦いが今幕を開ける。

★★
ブタを見て、はじめてカッコいいと思った。

1993年、海がきこえる

海がきこえる [DVD]

  • 監督:望月智充
  • 英題: The Ocean Waves
  • コピー:高知・夏・17歳 僕と里伽子のプロローグ。
  • 上映時間:72分
  • 作画枚数:25,530枚

東京の大学に進学した杜崎拓(もりさきたく)は、吉祥寺駅の反対側ホームにある人影を見た。中央線下り列車に姿を消したその人影は確かに武藤里伽子(むとうりかこ)に見えた。だが里伽子は高知の大学に行ったのではなかったのか。高知へと向かう飛行機の中で、拓の思いは自然と里伽子と出会ったあの2年前の夏の日へと戻っていった。―里伽子は勉強もスポーツも万能の美人。その里伽子に、親友の松野が惹かれていることを知った拓の心境は複雑だった。拓にとって里伽子は親友の片思いの相手という、ただそれだけの存在だった。それだけで終わるはずだった。高校3年のハワイの修学旅行までは。

見てない。

1994年、平成狸合戦ぽんぽこ

平成狸合戦ぽんぽこ [DVD]

  • 監督:高畑勲
  • 英題:Pom Poko
  • コピー:タヌキだってがんばってるんだよォ。
  • 上映時間:119分
  • 作画枚数:82,289枚

ニュータウンの開発が進む東京郊外の多摩丘陵。昔ながらの平和な暮らしをおびやかされたタヌキたちは、先祖伝来の「化け学」を復興させ、人間たちに戦いを挑むことを決意する。タヌキたちはあの手この手で人間撃退作戦を展開するが、そこはタヌキのすること、なかなか成果が上がらない。そこへ四国からタヌキの三長老が到着し、化け学の粋を凝らした「妖怪大作戦」の発動が宣言された。一生懸命だけどどこか抜けているタヌキたち、彼らが繰り広げる大作戦の顛末は。。。

★★
環境を破壊してはいけないと思った。

1995年、耳をすませば

耳をすませば [DVD]

  • 監督:近藤喜文
  • 英題:Whisper of the Heart
  • コピー:好きなひとが、できました。
  • 上映時間:111分
  • 作画枚数:64,491枚

好きなひとが、できました。月島雫は、明るく読書好きな女の子。中学3年になって、回りは皆受験勉強で一生懸命なのに、いつも学校の図書館や市立図書館で本を読みふけっていた。雫はある日、図書館の貸し出しカードに「天沢聖司」という名前を発見する。雫が読む本には必ずといっていいほどその名前があった。やがて、雫はひとりの少年と出会う。中学を卒業したらイタリアへ渡って、ヴァイオリン職人の修行をしようと決意している少年。その少年こそ「天沢聖司」であった。雫は聖司にひかれながら、進路も将来も自分の才能にもすべてがあいまいな自分へのコンプレックスと焦りに引き裂かれていた。やがて、雫は聖司の生き方に強く心を動かされ、聖司の祖父・西老人が経営する不思議なアンティークショップ「地球屋」にあった猫人形「バロン」を主人公にした物語を書き始めるのだった…。

見てない。

1997年、もののけ姫

もののけ姫 [DVD]

  • 監督:宮崎駿
  • 英題:Princess Mononoke
  • コピー:生きろ。
  • 上映時間:133分
  • 作画枚数:144,043枚

中世・室町期の日本。いまだ人を寄せ付けぬ太古の深い森の中には、人語を解する巨大な山犬や猪などの神獣たちが潜み、聖域を侵す人間たちを襲って、荒ぶる神々として恐れられていた。エミシの末裔のアシタカは、人間への怒りと憎しみによってタタリ神と化した猪神に呪いをかけられ、それを解くために訪れた西の国で、数奇な運命に巻き込まれていく。森を切り開こうとするタタラ製鉄集団とその長エボシ御前、森を守る山犬一族、そして山犬に育てられた人間の少女サン。アシタカはその狭間で、自分が呪われた理由を知り。。。

★★★
自然を大切にしようと思った。

1999年、ホーホケキョ となりの山田くん

ホーホケキョ となりの山田くん [DVD]

  • 監督:高畑勲
  • 英題:My Neighbors the Yamadas
  • コピー:家内安全は、世界の願い。
  • 上映時間:104分
  • 作画枚数:173,035枚

朝日新聞で連載された、いしいひさいち原作の4コマ漫画を、スタジオジブリが初めてフルデジタル処理により映画化。中年夫婦と兄妹、祖母の5人暮らしの山田家の日常を、俳句を絡めたエピソードで描く、心温まるユニークなホームコメディ。

見てない。

2001年、千と千尋の神隠し

千と千尋の神隠し [DVD]

  • 監督:宮崎駿
  • 英題:Spirited Away
  • コピー:トンネルのむこうは、不思議の町でした。
  • 上映時間:125分
  • 作画枚数:112,367枚

ひ弱で不機嫌な少女、千尋は現代に生きる普通の女の子。両親とともに車で引っ越し先の家へと向かう途中で「不思議の町」に迷い込んだ。店のカウンターにあった料理を勝手に食べた両親は、豚に姿を変えられてしまう。ひとりぼっちになってしまった千尋は、名を奪われ「千」と呼ばれるようになり、その町を支配する魔女・湯婆婆の下で働き始める。千尋は湯屋「油屋」の下働きとして働きながら、様々な出来事に遭遇しつつも、謎の少年ハクや先輩のリン、釜爺らの助けを借りて、厳しい難局に立ち向かっていく。はたして千尋は元の世界に帰れるのか?

★★★★
あの中にいないと分かったのがすごい。

2002年、ギブリーズ episode2

猫の恩返し / ギブリーズ episode2 [DVD]

  • 監督:百瀬義行
  • 英題:Ghiblies episode2
  • コピー:ふとふり返ると。
  • 上映時間:25分
  • 作画枚数:23,032枚

スタジオギブリ著作権管理室課長を務める野中くんは38歳の独身男。ギブリの出版部を仕切るキャリアウーマンのゆかりさん。ギブリ制作部部長の奥ちゃん。こうした個性豊かな面々がスタジオギブリを舞台に繰り広げる笑いあり、涙ありのオムニバス・ストーリー。

見てない。

2002年、猫の恩返し

猫の恩返し / ギブリーズ episode2 [DVD]

  • 監督:森田宏幸
  • 英題:The Cat Returns
  • コピー:猫になっても、いいんじゃないッ?
  • 上映時間:75分
  • 作画枚数:57,733枚

高校生のハルは普通の女の子。車に轢かれそうになった猫を助けたが、その猫が猫の国の王子様だったため“恩返し"に猫の国に招待されることに。「このまま、猫になってもいいかも……」と思った瞬間、ハルは徐々に猫の姿になっていき、一見天国に思えた猫の国の恐ろしさにはじめて気づくのだった。。。

見てない。

2004年、ハウルの動く城

ハウルの動く城 [DVD]

  • 監督:宮崎駿
  • 英題:Howl’s Moving Castle
  • コピー:ふたりが暮らした。
  • 上映時間:119分
  • 作画枚数:148,786枚

愛国主義全盛の時代。王国の兵士たちが今まさに、戦地に赴こうとしている。銃には花が飾られ、歓呼の中を行進する兵士たち。荒地には、美女の心臓をとって喰らうという魔法使い、ハウルの動く城まで現れた。そんな町から離れて歩く、ひとりの少女がいた。主人公ソフィーは18才。荒地の裾野に広がる町で生まれ育ち、亡き父の残した帽子屋を切り盛りしている。妹のレティーは八方美人で人当たりも良く、街一番のカフェ、チェザーリの看板娘。ソフィーは妹に言われる。「本当に帽子屋になりたいの?」でも、生真面目なソフィーはコツコツと働くしかない。たまにひとりになると、自分が本当になにをやりたいのか、考えてしまう娘だった。ソフィーはある日、街で美貌の青年・ハウルと出会う。何かに追われているらしい青年は、ソフィーと共に天へ舞い上がったかと思うと、束の間の空中散歩にいざなう。夢のような出来事に心を奪われるソフィー。しかしその夜、ソフィーは、荒地の魔女と名乗る魔女に呪いをかけられ、90才のおばあちゃんに姿を変えられてしまう。このままでは家にはいられない!ソフィーは荷物をまとめ、人里離れた荒地を目指し、ハウルの動く城に潜り込むのだが。。。

ちゃんとは見てない。

2006年、ゲド戦記

ゲド戦記 [DVD]

  • 監督:宮崎吾朗
  • 英題:Tales from Earthsea
  • コピー:見えぬものこそ。
  • 上映時間:115分
  • 作画枚数:76,135枚

父さえいなければ、生きられると思った。見えぬものこそ。西海域の果てに棲む竜が、突如、人間の世界に現れた。そして、それと呼応するかのように、各地で作物が枯れ、家畜が倒れていく。世界の均衡が崩れつつあった。 災いの源を探るゲドは、旅の途中、国を捨てた王子アレンに出会う。心に闇を持つ少年は、得体の知れない“影”に追われていた。二人は、都城ホート・タウンにたどり着く。そこでは、人身売買が行われ、麻薬が蔓延し、売っている物はまがい物ばかり。人々はせわしなく動き回っているが、みな目的を失っているように見えた。その目に映っているものは、夢か、死か、どこか別の世界だった。街をさまようアレンは、謎の少女テルーを人狩りの手から救い出すが、彼女は少年を拒絶する。そしてゲドはとうとう、クモという魔法使いが生死両界の扉を開け、それによって世界の均衡が崩れつつあることを探り出した。

見てない。

2008年、崖の上のポニョ

崖の上のポニョ [DVD]

  • 監督:宮崎駿
  • 英題:Ponyo on the Cliff by the Sea
  • コピー:生まれてきてよかった。
  • 上映時間:101分
  • 作画枚数:170,653枚

海辺の小さな町。崖の上の一軒家に住む5歳の少年・宗介は、ある日、クラゲに乗って家出したさかなの子・ポニョと出会う。困っていたところを、宗介に助けてもらったポニョは、宗介のことを好きになる。しかし、かつて人間を辞め、海の住人となった父・フジモトによって、ポニョは海の中へと連れ戻されてしまう。。。

★★
人魚姫みたいな話だった気がする。

2010年、借りぐらしのアリエッティ

借りぐらしのアリエッティ [DVD]

  • 監督:米林宏昌
  • 英題:Arrietty
  • コピー:人間に見られてはいけない。
  • 上映時間:94分
  • 作画枚数:74,761枚

とある郊外に荒れた庭のある広大な古い屋敷があった。その床下で、もうすぐ14歳になる小人の少女・アリエッティは、父ポッドと母ホミリーと3人でひっそりと静かに暮らしていた。アリエッティの一家は、屋敷の床上に住むふたりの老婦人、女主人の貞子とお手伝いのハルに気づかれないように、少しずつ、石けんやクッキーやお砂糖、電気やガスなど、自分たちの暮らしに必要なモノを、必要な分だけ借りて来て暮らしていた。借りぐらしの小人たち。そんなある夏の日、その屋敷に、病気療養のために12歳の少年・翔がやって来た。人間に見られてはいけない。見られたからには、引っ越さないといけない。 それが床下の小人たちの掟だったが、アリエッティは翔に姿を見られてしまう。「おまえは、家族を危険にさらしているんだぞ」アリエッティは、父に反発する。「人間がみんなそんなに危険だとは思わないわ」アリエッティは、生来の好奇心と向こう見ずな性格も手伝って、次第に翔に近づいて行く。アリエッティの家族に大きな事件が迫っていた。―人間と小人、どちらが滅びゆく種族なのか!?

★★
借りぐらしにもほどがある。

2011年、コクリコ坂から

コクリコ坂から [DVD]

  • 監督:宮崎吾朗
  • 英題: From Up On Poppy Hill
  • コピー:上を向いて歩こう。
  • 上映時間:91分
  • 作画枚数:69,758枚

太平洋戦争が終わって18年、日本は焼け跡から奇跡の復活を遂げた。そして、高度経済成長が始まろうとしていた時代に、復活の象徴として、日本は東京オリンピックの開幕を目前に控えていた。人々は古いものはすべて壊し、新しいものだけが素晴らしいと信じていた。煙突から吐き出される煤煙。道路をひしめく車の土埃。人々でごった返す街。工事や建物の解体作業の騒音。しかし、それでも海は青く、緑は輝き、空は広く、世界は希望に満ちてキラキラと輝いていた。そんな時代に、横浜にあったある高校で、明治に建てられた由緒ある建物をめぐって小さな紛争が起きていた。古いけれど、歴史と思い出のつまった建物。それを取り壊すべきか、保存すべきか。ある高校生の男女が、そんな事件の中で出会い、心を通わせ、助け合って行く。ふたりが見出した日本の“明るい未来"とは、何だったのか。16歳の海と17歳の俊の愛と友情を横糸に、建物をめぐる紛争を縦糸に、この物語は、まっすぐに生きる高校生たちの群像をさわやかに描いてゆく。

見てない。

2013年、風立ちぬ

風立ちぬ [DVD]

  • 監督:宮崎駿
  • 英題:The Wind Rises
  • コピー:生きねば。
  • 上映時間:126分
  • 作画枚数:161,545枚

かつて、日本で戦争があった。大正から昭和へ、1920年代の日本は、不景気と貧乏、病気、そして大震災と、まことに生きるのに辛い時代だった。そして、日本は戦争へ突入していった。当時の若者たちは、そんな時代をどう生きたのか? イタリアのカプローニへの時空を超えた尊敬と友情、後に神話と化した零戦の誕生、薄幸の少女菜穂子との出会いと別れ。この映画は、実在の人物、堀越二郎の半生を描く。

見てない。

2013年、かぐや姫の物語

かぐや姫の物語 [DVD]

  • 監督:高畑勲
  • 英題:The Tale of the Princess Kaguya
  • コピー:姫の犯した罪と罰。
  • 上映時間:137分
  • 作画枚数:50万枚以上

竹の中から生まれ、すぐに成長して美しい娘に育ち、求婚者たちを次々と振ったあげく、満月の夜、迎えにきた使者とともに月へと去ってしまう――かぐや姫はいったい何のために地球にやってきて、なぜ月へ帰ることになったのか。この地で何を思い生きていたのか。かぐや姫の罪とは、その罰とはいったい何だったのか。

ちゃんとは見てない。

2014年、思い出のマーニー

思い出のマーニー [DVD]

  • 監督:米林宏昌
  • 英題:When Marnie Was There
  • コピー:あなたのことが大すき。
  • 上映時間:103分
  • 作画枚数:約8万枚

この世には目に見えない魔法の輪がある。海辺の村の誰も住んでいない湿っ地(しめっち)屋敷。心を閉ざした少女・杏奈の前に現れたのは、青い窓に閉じ込められた金髪の少女・マーニーだった。「わたしたちのことは秘密よ、永久に。」杏奈の身に次々と起こる不思議な出来事。時を越えた舞踏会。告白の森。崖の上のサイロの夜。ふたりの少女のひと夏の思い出が結ばれるとき、杏奈は思いがけない“まるごとの愛”に包まれていく。あの入江で、わたしはあなたを待っている。永久に―。

見てない。

2016年、レッドタートル ある島の物語

レッドタートル ある島の物語 [DVD]

  • 監督:マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット
  • 仏題:LA TORTUE ROUGE
  • コピー:どこから来たのか、どこへ行くのか、いのちは?
  • 上映時間:81分

どこから来たのか どこへ行くのか いのちは? 嵐の中、 荒れ狂う海に放りだされた男が九死に一生を得て、ある無人島にたどり着いた。必死に島からの脱出を試みるが、見えない力によって何度も島に引き戻される。絶望的な状況に置かれた男の前に、ある日、一人の女が現れた―。

見てない。

まとめ

スタジオジブリの全作品を振り返ってみたが、けっこう見てなかった。

鑑賞した中では、初期の、トトロ、ラピュタの2作品がダントツだ。あとは千と千尋。やはり子供が素直に楽しめる作品が好みなのかもしれない。

今回、作画枚数もまとめたが、「もののけ姫」から、10万枚を超えることが当たり前になり、2013年の「かぐや姫の物語」では、50万枚以上が作画されたようだ。恐ろしい話である。

しかし、調べてみるとディズニーの1940年作品「ファンタジア」の作画枚数は、100万枚とのこと。1日1枚だと2,739年かかる計算だ。ウォルトディズニーがんばりすぎた感が否めない。

ファンタジア(吹替版)

1日1枚更新を目標にインスタグラムをはじめたが、はやくも挫折気味のぼくには想像できない。身のほどを知って生きていこうと思う。

www.instagram.com

三半規管が弱い人必見!酔って気持ち悪くなる作品ランキング(映画・ゲーム・アトラクション)

f:id:hobiwo:20180712070750j:plain

こんにちは。三半規管が異常に弱いホビヲです。

VRはもちろん、POVでも、3Dでも、吐き気をもよおします。そんなわたしが体験後酔って気持ち悪くなった作品をランキング形式で紹介。

酔わないあなたには「何を言ってるんだこいつ?」と思うこと必至。酔いやすいあなたには避けるべきコンテンツとして、きっと参考になるランキングだと思います。

それではいってみよう!

10位,映画『アバター(3D)』

アバター (字幕版)

アバター (字幕版)

2009年公開当時、ジェームスが画期的な3D作品を作ったと話題に。午前1時から上映のレイトショーで鑑賞した。3D鑑賞用メガネを掛けたぼくは、奥行きある映像に圧倒される。しかし、中盤から気持ち悪くなっていき、後半は目を瞑って音だけを楽しむことに。丑三つ時だったためか、3Dによるものか、はたまたその両方か。いまとなってはわからないが、3D作品は鬼門という認識に至る。

9位,ゲーム『マインクラフト』

Minecraft (マインクラフト) - Switch

Minecraft (マインクラフト) - Switch

穴を掘る、牧場を作る、家を建てる、なんでも自由に遊べる『マインクラフト』。ちびっこの間でブームということで挑戦。穴を掘る。どんどん掘る。迷子になる。右を見て、左を見て、ぐるっと回る。気づけば気持ち悪くなっている。3D空間全般がだめなようだ。視点を変えずに建物を建てる場合はそれほどでもないが、フィールドを移動するとNG。ゲームの中でもアウトドアにはなれないと悟る。

8位,ゲーム『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド - Switch

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド - Switch

3Dのフィールドを駆け回り、気がつけば3D酔い。少し休憩して、再開。また酔う。その繰り返し。我慢してプレイするも、ある日を境に怪現象が頻発する。行ったことない祠からスタートしたり、手にする武器が見たこともないものだったり。記憶喪失かと思ったが、自分の知らぬ間に家人がプレイしていたのが原因。結局、欠落する記憶を補うことができず、クリアできないままメルカリで売ってしまった。

7位,ゲーム『マリオカート』

マリオカート7 - 3DS

マリオカート7 - 3DS

マリオと楽しい仲間たちがカートでコースを走り順位を競う『マリオカート』。バナナを投げて邪魔をしたり、仲間内でプレイすると盛り上がり必死の大人気コンテンツもかなり酔う。3DSの3D機能をオフにして遊ぶも、数レースで具合が悪くなる。1レースだけならなんとか耐えられるが、それ以上だとダメだ。1日1レースと決めて長く楽しむのも良いが、当然のことながら上手くなる気配はない。

6位,ゲーム『スーパーマリオオデッセイ』

スーパーマリオ オデッセイ - Switch

スーパーマリオ オデッセイ - Switch

最初の最初、チュートリアルで具合が悪くなる。想像以上に3D酔いする作品だ。画面の中のマリオは、「へいへーい!」と楽しげだが、ぼくにとっては苦痛の旅。酔い止めを飲んでまでプレイする気にはなれなかった。家人にはテーブルモードでプレイするようお願いしたが、その後クリアしたとの報を受ける。ニンテンドースイッチに酔わないゲームはないのかと、酔いやすい自身の体質を恨む。

5位,アトラクション『スターツアーズ(TDL)』

ディズニーランドのアトラクション、スターウォーズの世界観を楽しめる『スターツアーズ』。リニューアルしたということでトライするもダメだった。繰り広げられるドラマは見事。あれよあれよという間に事態が悪化し、宇宙を飛び回って問題解決、そのあざやかな一連の流れに感心するも、心はここにあらずといった感じ。船酔いというか、車酔いというか、とにかく乗り物酔い。宇宙旅行なんてもっての外なのだ。

4位,ゲーム『スプラトゥーン2 』

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) - Switch

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) - Switch

大人気、説明不要のペンキ塗りゲーム『スプラトゥーン2』。もちろん、チュートリアルで酔う。30分プレイすれば慣れるとアドバイスをもらったが、5分で気持ち悪くなる。自由に塗るならマイペースでしのげるかもしれないが、ヒーローモードだと無理。動く相手に合わせて視点が動き、3分耐えられない。協力プレイで足を引っ張るのが目に見えているので、自ら身を引く決意をした所存。

3位,映画『ダンケルク』

敵地に取り残された兵士たちの物語。見えない敵から逃れるリアルな描写は見事だが、リアル過ぎて、途中から強烈な吐き気に襲われる。2D作品なのに、3D作品以上に酔ってしまった。IMAXシアターの最前列で鑑賞したのが要因かもしれない。クリストファーノーラン監督、リアル志向にもほどがあると恨めしく思った次第。当時の感想はこちらのエントリーを参照いただければと思う。

www.hobiwo.com

2位,映画『クローバーフィールド』

POV作品。いままで3回ほど挑戦したが、最後まで一気に観れたことはない。1回目はレンタルDVDだったが、途中、吐いてしまった。2回目のAmazonプライムでは、吐き気をもよおしながら飛ばし飛ばしで鑑賞。3回目は続編視聴前に確認のためNetflixで。やはり後半は手で顔を覆いながら、画面をちょこちょこ覗く感じで鑑賞。POV作品全般がNGとなるようだ。劇場で鑑賞しなくてよかったと心から思う作品。

1位,アトラクション『アリスのティーパーティー(TDL)』

1位はディズニーランドのアトラクション『アリスのティーパーティー』。搭乗するカップのハンドルを回すと、カップの回転が加速する仕組みになっている。同乗者が無邪気に最大限まで回したのが地獄の始まり。想像を絶する回転をするカップ。設計者の想定を超えるレベルだと思う。叫ぶことができないほどの恐怖にさらされ。笑顔の同乗者が悪魔に見えた。ぐるぐると目がまわり、思い切り嘔吐した。もう二度と乗らない。

まとめ

酔いやすいコンテンツをランキング形式で紹介してきましたが、これはあくまでわたしの主観。その日のコンディションや「酔いやすい」と思う自分の気持ちが影響するはず。あくまで参考だと思っていただければ幸いです。

VRや3D作品が潮流の今、三半規管の弱い人はほぞをかむことが多いかもしれません。しかし逆に考えると、地に足をつけて、現実を楽しむチャンスなのかもと思ったり思わなかったり。

それではみなさんまた!

アベンジャーズの映画、全部観てる?「マーベル・シネマティック・ユニバース」作品まとめ

f:id:hobiwo:20171128080738j:plain

アメコミヒーローがわっさわっさ出てくる作品群。ヒーロー一人が活躍する作品もあれば、集まってくんずほぐれつする作品もある。マーベル作品で一体どれだけ作られているのか、これから作られようとしているのか。Wikipediaを参考にまとめてみた。

あらすじはAmazonから引用。観た作品には★(最大5つ)と、一言コメントを付与する。もし未見だったら、視聴の参考になれば幸いだ。

『アイアンマン(2008)』

アイアンマン(字幕版)

アイアンマン(字幕版)

"アフガニスタンで自社兵器のデモ実験に参加したトニー・スタークは、テロ組織に襲われ拉致されてしまう。胸に深い傷を負い捕虜となった彼は、組織のために最強兵器の開発を強制される。トニーは装着することで、圧倒的な破壊力とパワーを発揮できる戦闘用パワードスーツを敵の目を盗み開発。敵地からの脱出に成功するが、奇跡的に生還したトニーは、ある事実を知り愕然とする・・・。自らが社長を務める会社が開発した兵器がテロ組織に使用されていたのだ。トニーはその償いをすべく、テロ撲滅に命を捧げることを決断。最先端の技術を駆使し、新たなパワードスーツの開発に着手する。

★★★★
高級車壊しまくって飛ぶシーンが好き。お金持ちになりたい。

『インクレディブル・ハルク(2008)』

科学者のブルース・バナーは、恋人ベティの父、ロス将軍の命令を受けて人体への放射線抵抗を研究していた。ところがその研究実験中に事故が発生、多量のガンマ線を浴びたブルースは、怒りを感じて心拍数が200を越えると約2.7メートルもの巨大な緑色のモンスター=ハルクに変身する特殊体質となってしまう。それ以来、彼を利用しようとする軍の追跡を逃れ、ブラジルに身を隠して治療薬開発と細胞の解明に専念するブルース。しかし、ふとした出来事からブルースの居場所が割れてしまい、ロス将軍によって送り込まれた特殊部隊員ブロンスキーらに包囲されてしまう。だがその時ブルースはハルクへと変身、部隊を一蹴し、間一髪のとこで逃亡に成功するのだったが…。

★★
アン・リー監督の「ハルク」は、退屈だったけど、これは楽しめた。でも、他作品のハルクと人が変わっちゃってるのが残念。エドワードやってくれたらよかったのに。

『アイアンマン2 (2010)』

自らアイアンマンであることを告白した大企業スターク・インダストリーのCEO、トニー・スターク。 そんな彼に新たな危機が迫っていた。まず、米国政府がパワード・スーツの没収を命令。そして、彼に恨みを抱く謎の男“ウィップラッシュ”が一撃で車を真っ二つにする電流ムチを携えて現れ、ライバルの武器商人ハマーも独自のパワード・スーツを開発する。そんな中、胸に埋め込んだエネルギー源“リアクター”の影響でトニーの体は蝕まれていき……。

★★★
電気ムチのミッキーローク、顔変わったよね。

『マイティ・ソー(2011)』

この世にヒーローは無数にいても…神のヒーローはただ一人。神の世界""アスガルド""から追放された傲慢な戦士ソー(クリス・ヘムズワース 「スタートレック」)。地球に送られたソーは失った力を取り戻そうとするが、地球征服を企む敵がソーを葬ろうと闇の軍勢を送り込んでくる。堕ちた雷神ソーは強敵と戦うために立ち上がり、真のヒーローとしての力に目覚めていく。ナタリー・ポートマン(「ブラック・スワン」)とアンソニー・ホプキンス(「ベオウルフ/呪われし勇者」)共演の冒険大作。「スリリングでクールなエンターテインメント」(映画サイト「Ain't It Cool News」、ハリー・ヌールズ氏)と批評家にも絶賛されている。


個人的にはあんまり好きじゃないかも。神がヒーローってめちゃくちゃじゃない?

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(2011)』

クリス・エヴァンス(「ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]」)主演の大ヒットアクション作品。キャプテン・アメリカは、この世の悪を懲らしめる究極兵器として、自由を守る闘いの陣頭に立つ!世界征服計画を始動した悪者レッド・スカル(「ヒューゴ・ウィーヴィング、「マトリックス」)から地球上の全人類を守るため、ヒーロースーツを身にまとった、世界で最も偉大な兵士が出動した。批評家からも観客からも絶賛された人気作品。「本物の興奮と本物のアクション。心から楽しめる映画!」(CBSテレビ「ムービープラネット」ブライアン・アーディ)

★★★
アメリカってすごい国だと思う。日本が舞台なら、さしずめ「日本隊長」かしら。

『アベンジャーズ(2012)』

全世界興収10億ドル最速突破など、世界中で数々の新記録を樹立した話題のアクション超大作。 地球侵略へのカウントダウンが開始された時、70億人もの人類の未来は、“最強”の力を持つヒーローたちに託された。彼らの名は、“アベンジャーズ”。だが、意思に反して集結させられた彼らはそれぞれの心の傷に囚われ、ひとつのチームとして戦うことを拒み続ける。次第に明らかにされる“アベンジャーズ”の知られざる過去と苦悩…。人類史上最大の敵を前に、果たして彼らは地球を救うことができるのか?

★★★
わちゃわちゃしてたけど、おっきすぎる敵を一撃で倒すハルクにしびれる。

『アイアンマン3 (2013)』

アイアンマン、ソー、キャプテン・アメリカ、ハルクなど、最強の力を持つヒーローたちが集結し、間一髪で人類滅亡の危機を回避した“アベンジャーズ”――この強烈な戦いによって、トニー・スタークを取り巻く環境は大きく変ってしまった…。


観たはずだけど内容を全然覚えていない。なんか、アイアンマンがいっぱいでてきた気がする。

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド(2013)』

「アベンジャーズ」の戦いから1年 - 地球滅亡を救うため、アベンジャーズ最強の男ソーは、弟ロキとともに立ち上がる。はたしてロキは敵か味方か?


みんなで協力してすごく強くて悪いやつをやっつける話。浅野忠信が出てる。

『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(2014)』

アベンジャーズ抹殺計画、始動。キャプテン・アメリカは共に戦う仲間から突然生命を狙われる。真の敵は誰か?正義をかけた究極の戦いが幕を開ける。

★★★★★
これ好き!エレベーターのシーンが特に。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014)』

「アベンジャーズ」のスタジオが贈る。全員お尋ね者たちの宇宙最凶チームが、宇宙を救う為に立ち上がる、アクション・アドベンチャー超大作誕生。

★★★★★
MCUだとは知らずに観賞。懐かしの曲にアガる。現代版スター・ウォーズと言ってもいい傑作!

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015)』

トニー・スタークが開発した<ウルトロン計画>― それは、人工知能による完璧な平和維持システム。しかし、進化と増殖を続けるウルトロンが選択した“究極の平和”とは、地球を脅かす唯一の存在=人類を抹消することだった…。世界中の都市を襲う人類滅亡の脅威に、最強チーム“アベンジャーズ”が再び結集する。

★★★
マッチポンプな気がしないでもないけど!

『アントマン(2015)』

仕事も家庭も失ったスコットに残された最後のチャンスは、身長わずか1.5cmになれる驚異の“スーツ”を着用し、想像を絶する特殊能力を持つ“アントマン”となることだった。最愛の娘のために猛特訓を開始した彼は、本当のヒーローとなり、人生のセカンド・チャンスをつかむことができるのか?そして、アントマンに託された決死のミッションとは…?

★★★★
義侠心にかられて犯罪に手を染めたお父さん。素敵だしかっこいいと思う。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016)』

世界の危機を救ってきたアベンジャーズが、国連の管理下に置かれることを巡り、激しく対立するアイアンマンとキャプテン・アメリカ。さらに、ウィーンで起こったテロ事件の犯人として、キャプテン・アメリカの旧友バッキーが指名手配された。それを機に、アベンジャーズはついに分裂する。スパイダーマンも参戦し、世界を揺るがす禁断の戦い(シビル・ウォー)がはじまる。

★★★
一言で言うと、スーパーヒーローてんやわんや。知らない人も何人かいたけど、何も考えずに楽しめた!

『ドクター・ストレンジ(2016)』

突然の事故で神の手を失った天才外科医ドクター・ストレンジ。彼を甦らせたのは──魔術。厳しい修行により魔術を習得した彼は、世界を滅亡から救うため闇の魔術との戦いに巻き込まれていく。だが、医者である彼に、敵の命を奪うことはできるのか?大いなる葛藤を抱えたまま、いまドクター・ストレンジの本当の戦いが始まる!

★★★
ホワイトウォッシュと批判されたのは残念。でも彼は最高の魔法使いであることには相違なし!

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス(2017)』

銀河一の落ちこぼれチーム<ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー>。請けた仕事をきっかけに黄金の惑星艦隊から総攻撃を受けることに。彼らを救ったのはピーターの父と名乗る男エゴと、触れただけで感情を読み取れるマンティスだった。ピーター出生に隠された衝撃の真実とは? さらに銀河を脅かす恐るべき陰謀が交錯し、彼らがなぜか銀河滅亡を阻止する最後の希望に…。

★★★★★
これは傑作。タイトルバックが最高に好き。

『スパイダーマン:ホームカミング(2017)』

ベルリンでのアベンジャーズの戦いに参加し、大興奮していたスパイダーマン=ピーター・パーカー。昼間は普通の高校生としてスクールライフをエンジョイし、放課後は憧れのアイアンマン=トニー・スタークから貰った特製スーツに身を包み、NYの街を救うべくパトロールの日々。ある日、スタークに恨みを抱く“バルチャー”が、巨大な翼を装着しNYを危機に陥れる。アベンジャーズに任せておけというスタークの忠告も聞かず、ピーターは一人戦いに挑むが・・・。

★★★★
マイケル・キートンがとにかくかっこいい。続編にも期待。

『マイティ・ソー バトルロイヤル(2017)』

アベンジャーズの一員ソーの前に<死の女神・ヘラ>が現れた。復讐と野望に燃えるヘラは、ソーの故郷へ攻撃をはじめる。故郷を奪われたソーは、この最強の敵を倒すため盟友ハルク、宿敵ロキらと型破りのチーム“リベンジャーズ”を組み極限バトルに挑む。 果たして、ソーたちは史上最強の敵からこの世界を守ることができるのか?

★★
壮絶な姉弟喧嘩。なのだけど、ソーがそれほど好きじゃなくて。インフィニティ・ウォーで壮絶にネタバレされてた。

『ブラックパンサー(2018)』

若き国王ティ・チャラ、またの名を漆黒のヒーロー、ブラックパンサー。2つの顔を持つ彼の使命は、祖国である超文明国家ワカンダの秘密、ヴィブラニウムを守ること。それは、世界を破壊するパワーを秘めた鉱石だった。突然の父の死によって王位を継いだティ・チャラは、人類の未来をも脅かすこの国の“秘密”を守る使命を負う事に。

★★★
みんなが言うほど傑作だとは思わなかった。アカデミー賞にノミネートされるとは驚き

『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー(2018)』

6つ集めれば世界を滅ぼす無限の力を手にすると言われる「インフィニティ・ストーン」を狙い地球に襲来した宇宙最強の敵サノスに対し、アベンジャーズが全滅の危機に陥るほどの激しい戦いを強いられる。

★★★★★
ドキドキ・ワクワクの2時間半!エンドロールが長かった!★

『アントマン&ワスプ(2018)』

頼りなさすぎるヒーローアントマンと、完璧すぎるヒロインワスプ。ふたりの前に、すべてをすり抜ける神出鬼没の謎の美女ゴーストが現れ、アントマン誕生の鍵を握る研究所が狙われる。敵の手に渡れば、世界のサイズが自在に操られてしまう。彼らは世界を脅かす秘密を守り切れるのか?

★★★
ゴーストさん、めっちゃかわいそうやった。

『キャプテン・マーベル(2019)』

みてない!

『アベンジャーズ / エンド・ゲーム(2019)』

★★★★★
え?そうなるの?まじかー!って、真田広之なんなの?えええ???おー、こうなって、まじかー!すげー!あれ?それはおかしくない?でも、すげー!!!!!めっちゃおもろい傑作やん!!!

今後公開予定のマーベル作品たち

  • 『スパイダーマン:ホームカミング2(2019)』
  • 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーVol.3(2021)』

みてない!

まとめ

個人的には途中からついていけなくなって止まっている。これを機に全部チェックしようかしら。

映画「ナイトクローラー」にみる、成功者 7つのルール(ネタバレなし)

f:id:hobiwo:20170915013146p:plain

映画「ナイトクローラー」を観た。

無一文から成功者へと駆け上がるルー。彼の行動には、7つのルールがあったと思う。今日は、それらを紹介したい。

それではいってみよう。

ルール1.自分に自信を持つ

ルーには、学歴も仕事も金もなかった。しかし、自信があった。誰よりも価値がある人間だと自分を信じていた。だから、安売りはしない。議論の場でも、交渉の場でも、自分の主張を遠慮なく相手にぶつける。自信に満ちたルーを見て、そこに正しさを見出す人もいる。

ルール2.学び続ける

ルーは学び続ける。常にネットで情報収集する。アウトプットのためのインプットを絶えず行っている。彼の発言の多くはネットでの受け売りだが、それらを咀嚼し自分のものにしている。耳寄りな情報を獲れば、躊躇せず試してみる。学び続けるルーは、それを実践する。

ルール3.投資を惜しまない

必要だと感じれば、ルーはケチらない。仕事道具にしっかりとお金をかける。結果を出すための投資であれば、無駄金ではなく、生きた金だ。リターンを得るためにルーは投資する。PCも、通信環境も、カメラも、車も。本気で成功したいなら当然の判断と言えよう。

ルール4.時間を無駄にしない

成功するためには、最短距離を全速力でつっぱしる必要がある。一分一秒を争うために、ルーはナビゲーターを雇い、高級スポーツカーを購入する。成果から逆算し、キーパーソンを捕まえて、短い時間で自分の価値をアピールする。成功者を目指すルーに、油を売っている暇はないのだ。

ルール5.やりっぱなしにしない

自分の仕事はすべて記録する。蓄積されたアーカイブは眺めて満足するものではない。より良いアウトプットのための糧である。過去データの中から成功パターンを見つけ出し、再現する。失敗したら、もう二度と同じ轍を踏んではいけないのだ。ルーはただ闇雲にやりっぱなしにはしない。

ルール6.全力でやり遂げる

目の前の取り組むべきことに全力で立ち向かう。ルーは妥協しない。手を緩めない。誰よりも良いアウトプットをしようと奮闘する。相手が求めるもの以上の価値を提供することで信頼を勝ち取る。信頼残高が溜まっていけば、より大きな仕事に結びつく。ルーにはそれが分かっているのだ。

ルール7.挑戦し続ける

もうこれでいいと、ルーは満足しない。環境を整え、人を雇い事業を拡大していく。貪欲なまでの成長意欲。成功者の条件に必要なのは、消えることない情熱の炎である。彼にはそれがある。飽くなき拡大路線を突き進むことで、ルーは成功者となり得るのだ。

まとめ

最高に嫌な映画なので、興味のある方はぜひ。

【あらすじ】

学歴もコネもなく、仕事にあぶれたルーは、ある日、事故現場を通りかかり、テレビ局に悲惨な映像を売るカメラマンたちの存在を知る。さっそくビデオカメラを手に入れたルーは、「ナイトクローラー」となり、夜のL.A.を這いまわる。

【キャスト】

ジェイク・ギレンホール、レネ・ルッソ、リズ・アーメッド、ビル・パクストン

【スタッフ】

監督・脚本:ダン・ギルロイ、編集:ジョン・ギルロイ、製作:トニー・ギルロイ

IMAXシアターで、地獄のような「ダンケルク体験」をしてきた

f:id:hobiwo:20170910090223p:plain

待ちに待ったクリストファー・ノーラン監督最新作「ダンケルク」が、公開された。

第二次世界大戦、ダンケルクに取り残されたイギリス兵救出作戦を描く106分。圧倒的な映像表現に観客は戦場に放り込まれたかのような感覚になるらしい。

ノーランファンとして、一映画ファンとして、「ダンケルク」は映画館で観るしかない。戦争映画が苦手で三半規管が弱いぼくだが、初日に、IMAXシアターで、ダンケルク体験することにした。

IMAXの劇場で調べると、最前列しか空いていない。

どうせなら前の方が臨場感があって、楽しめるはずだ。そう思い、チケットを予約。IMAX料金500円がプラスされ、2,300円。なかなかのお値段。

はじめてのIMAX体験だ。

席に着く。画面がアホほどデカイ。とてもじゃないが視界に収まりきらない。どこを観ればいいのかわからない。見逃してる部分があるのではないかと不安になる。それほどまでにデカイ。

いつもスマホやノートPCの小さな画面で観ているので、この情報量をしっかりと受け止められるのかと不安になる。2,300円の元は取れるだろうか。不安に思っていると、本編前の宣伝がはじまった。

登場した東宝の若手女優がデカイ。巨人である。見上げなければ顔が確認できない。まだ初々しい彼女の演技が圧倒的な大画面に投影され、少しこそばゆい感じになっていると次は予告映像。細切れのカットに目が追いついていかない。字幕の文字も相当な大きさ。1文字は、マンホールほどのサイズがありそう。

デカイな〜、デカイな〜、と思っていると、「ダンケルク」の予告も流れる。「大迫力です!」「感動しました!」「最後、泣けました!」絶賛コメントを口にする人々の映像。正直、「これから観るんだからやめてよ」と思ったが、否が応でも期待が高まる。

映画「ダンケルク」にネタバレも何もない

第二次世界大戦の史実を基に製作された作品であり、ネタバレも何もない。

フランスのダンケルク。ドイツ軍に追い詰められたイギリス、フランス軍の兵士たち。ドーバー海峡の向こう側にはイギリス本土が見えている。

しかし、襲いくるドイツ軍。イギリス本国での本土決戦に備え、全兵力での救出ができない。40万人いる兵士たちのうち、3万人救えればいいというチャーチル首相のコメントも。

圧倒的に不足する輸送船の代替として、遊覧船や漁船など、民間の船を徴用し活用することに。はたして、ダンケルクに取り残されたイギリス兵士たちを救えるのか。どうなのか。

そんなお話。

史実のとおりに描かれていれば、33万人を助け出すことに成功する。

ぼくの本当の悲劇は、上映開始半分ほどしてからだった

本国に戻りたい。なんとかドイツ兵から逃げるも、輸送船を待つイギリス兵で海岸は埋め尽くされている。とてもじゃないが順番がまわってこない。沖に出る船も、ドイツ軍の攻撃により次々に海に沈む。

救いのない地獄のような世界が、圧倒的な映像で積み重ねられていく。

しかし、上映開始半分ほどした頃、ぼくに悲劇が訪れる。気持ち悪くなってきた。酔ってしまったのだ。

荒れる海、揺れる船、閉塞感ある逃げ場のないシーン。かと思えば、敵機襲来により耳をつんざく爆音。動きまわるカメラ。

IMAXシアター全体で気持ち悪くさせにきてる。三半規管が弱く、ゼルダの伝説でも酔って気持ち悪くなるぼくが、この映像体験で酔わないはずがない。

気持ち悪い!吐きそう!助けて!

最前列に座ったのも良くなかった。目のやり場がない。どこを観ても酔う。

生あくびが止まらない。

睡眠はしっかり取った。緊迫感あるシーンの連続なのに、生あくびが止まらない。あきらかに乗り物酔いの兆候。

船底に潜み、ドイツ兵からの攻撃に震えるイギリス兵たち。吐き気と戦い、生あくびがとまらないぼく。申し訳なくなりつつも、物語がどうでもよくなっている。

時計をみると、まだ30分ある。もう無理だ。吐く。

早く助けに来いよ!この話、どうなるか知ってるんだから。早く!死んじゃう!何やってんだよ!遅いよ!

劇中の兵士と共に、ぼくは最前列で必死に戦った。

もうダメかもしれない。何度もそう思った。

まとめ

おかげさまで、なんとか最後まで耐えた。

ただし、スタッフロールはもう無理で、すぐさま席を立ってトイレに駆け込んだ。

クリストファー・ノーラン監督のダンケルク体験。戦争映画が苦手じゃなく、船酔いもあまりしない人にとっては、傑作かもしれない。しかし、ぼくにとってダンケルク体験は、地獄だった。

本作は、本年度アカデミー賞最有力候補らしい。きっと、ぼくほど酔いやすい体質の人は、アカデミー選考委員にはいないのだろう。

もし、三半規管が弱い人が鑑賞しようとするなら、これだけは言っておきたい。酔い止めを飲み、できるだけ後ろの方で鑑賞してほしい。

空から「何か」が降ってくる映画7選!ファフロツキーズを知ってますか?

f:id:hobiwo:20170815082030j:plain

こんにちは、空から「何か」が降ってくる映画が好きなホビヲです。

降ってくるのは、できれば雨や隕石ではなく「ありえないもの」が理想です。なんともドラマチックで映画的ではないですか。ありえないものが降ってくる現象は、「FAlls FROm The SKIES」(空からの落下物)を略してファフロツキーズと呼ばれます。そんなファフロツキーズ映画を7作品紹介します。

なお、何が降ってくるかはネタバレになる懸念があるので、紹介文では穴開きとし、最後にまとめて記載します。

それではいってみよう!

1.最後の戦い

最後の戦い(字幕版)

リュック・ベッソンの長編映画監督デビュー作。核戦争後の荒廃した世界に生きる男たちのサバイブをモノクロで描く。主人公の男が食うに困っているとき、空から【1】が降ってくる。はじめて視聴した時は「そんなバカな」と興ざめしてしまった。しかし、後に実際に起こり得ることと知り、想像力に欠けた己の小ささを恥じた。「リュック・ベッソンの世界 最後の戦い」には、大量の【1】を前にした笑顔のスタッフ集合写真が載っている。この【1】、絶対に食べてないと思う。

2.マグノリア

マグノリア [DVD]

ポール・トーマス・アンダーソン監督作品。男女9人の24時間が描かれる本作、一見無関係と思える9人が実は密接に繋がっているという奇跡。まさかそんな繋がりはないだろうと思う観客に、それ以上の偶然、ファフロツキーズを見せつける。空から大量に落ちてくる【2】。9人の繋がりはまったく不思議ではない。奇跡のような偶然は実際に起こり得る。そんな強烈なメッセージが落ちてくる【2】で表現されている。ちなみに、セックス教の教祖を演じるトム・クルーズが最高。

3.くもりときどきミートボール

くもりときどきミートボール(字幕版)

純真無垢な科学少年が、町を救うため良かれと思ってトンデモ発明をする。イワシの缶詰ばかり食べる貧しい漁村、みんなに美味しいものを食べさせようと、【3】を空から降らせるが、マシンの故障でドンドコドンドコ止まらなくなる。ドラえもんのひみつ道具「バイバイン」を思い出してしまった。栗まんじゅうが倍倍ゲームで増えていき、挙句ロケットで宇宙に破棄。いつか空から栗まんじゅうが降ってくるのではないかと幼心に不安になったが、そのアンサー作品のようにも思えた。

4.太陽を盗んだ男

太陽を盗んだ男 [DVD]

原爆を作ったジュリーが、菅原文太を相手に無茶な難題をぶつける作品。三つのオーダーは、「プロ野球のナイターを試合の最後まで中継させろ」「ローリング・ストーンズ日本公演」「現金5億円」というもの。空から【4】を降らせるシーンは撮影許可をとっておらず、助監督として参加した相米慎二のB班が「逮捕され要員」として待機させられたとのこと。その他にも多数のゲリラ撮影を敢行し、数十人のスタッフがパクられている。お話も恐ろしければ、お話を作る人も恐ろしい。

5.シャークネード

シャークネード [DVD]

メキシコ湾で発生した台風は【5】を巻き上げてロサンゼルスにやってきた。町では空を舞う【5】との死闘が繰り広げられる。観る前からわかると思うが、トンデモナイおバカ映画。人気を博した本作はシリーズ化され、5作目までつくられている。回を追う毎に加速度的にB級色が増している。どこまでバカになれるかを予算をけて本気でやっているところが素晴らしいと思う。懐の深さに感涙。5作目は日本でも撮影されているらしいが、どうなっているのだろうか。

www.youtube.com

6.コイサイマン

コイサンマン (字幕版)

空から降ってきた【6】。魔法のような道具を我が物にしようと集落では対立が深まり、平和な村に危機が訪れる。これはもう【6】を「地の果て」へ捨てに行くしかない。こうして、ロード・オブ・ザ・リングばりの大冒険が始まる。本作もシリーズ化され5作まで製作されている。主演を努めたニカウさんは、2003年、薪を拾いに行ったまま帰らず、捜しに来た家族に亡くなっている所を発見されたとのこと。実際の生年月日は不詳であり、死亡時の年齢は59歳と推定される。

7.天空の城ラピュタ

天空の城ラピュタ [DVD]

「おじさん、肉団子ふたつ入れて」「めずらしく残業かい」「うん、今日は久しぶりに忙しいんだ」「まだ仕事?」「うん」「そこで何してやがる!めしはどうした?」「親方ー、そ、空から【7】が!」という具合に、空から【7】が降ってくるお話。「来ちゃだめ!石を捨てて逃げて!」「3分間待ってやる」「パズー!」「シータ、落ち着いてよく聞くんだ。あの言葉を教えて。ぼくも一緒に言う」「えっ」「ぼくの左手に手を乗せて。おばさん達の縄は切ったよ」「時間だ答えを聞こう!」「バルス!」

まとめ

各作品で空から降ってきたものは以下のとおりである。

  • 【1】魚
  • 【2】蛙
  • 【3】チーズバーガー
  • 【4】一万円札
  • 【5】サメ
  • 【6】コーラの瓶
  • 【7】女の子(シータ)

さあ、今日も空を見上げてみよう。何かが降ってくるかもしれない。

「リアル鬼ごっこ」を観て、やはり園子温は非道に生きる鬼才だと思った

リアル鬼ごっこ 2015劇場版

園子温監督作品「リアル鬼ごっこ」は、あらゆるレビューサイトで散々に酷評されている。

Amazonビデオのレビューの場合、「2015年によくこんなもん出せたな」「世界最高におもしろくない」「信じられないくらいクソな作品」「クソ映画と呼ぶとクソ映画に失礼なくらいつまらない」といった具合に罵詈雑言が並ぶ。

「リアル鬼ごっこ」を酷評するAmazonのレビュー

しかし先日、彼の著作「非道に生きる」を読んだぼくは、かなり楽しめた。どのような背景でこの映画が作られたのか、監督の思惑を想像しながら観賞すると、笑えるシーンがあちらこちらにあるのだ。

今日は、園子温監督とは何者なのか、「非道に生きる」には何が記されていたのか、「リアル鬼ごっこ」のどこが楽しめたのか、を書こうと思う。

園子温監督とは何者なのか

1961年愛知県生まれ。17歳で詩人デビューし、「ジーパンをはいた朔太郎」と呼ばれ注目される。ちなみに、朔太郎とは「日本近代詩の父」と称される萩原朔太郎のこと。学生時代に文芸誌に投稿した詩が評価され、編集部から新作を催促されるほどの天才だった。

1987年、「男の花道」でPFF(ぴあ・フィルム・フェスティバル)グランプリを受賞。「賞ねらい」という映画人生の中でも一番いやらしい魂胆で、傾向と対策を研究し「泣けるドラマ」にしたという。

男の花道

男の花道

自主配給で劇場公開した「自転車吐息」では、なりふりかまわぬ宣伝活動により、伝説的な興行を記録。通常、1回の上映で5、6人入ればいいほうだったレイトショーで、10日間で2,500人もの観客動員を実現。興行収入はすべて自分の懐に入り1,000万円以上は儲かったとのこと。

自転車吐息

自転車吐息

まったく売れない20年を経た後、「紀子の食卓」「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」など、国内外で高い評価を得る作品を続々と公開。

2012年、東日本大震災後の日本を描いた「ヒミズ」は大きな話題を呼び、第68回ヴェネチア国際映画祭で主役の二人(染谷将太、二階堂ふみ)にマルチェロ・マストロヤンニ賞をもたらした。

ヒミズ

ヒミズ

その後も、「希望の国」「地獄でなぜ悪い」「TOKYO TRIBE」「新宿スワン」「ラブ&ピース」「リアル鬼ごっこ」「映画 みんな! エスパーだよ」「MADLY」「ひそひそ星」「新宿スワンII」「アンチポルノ」と意欲的に作品を公開。

映画監督だけでなく、テレビドラマの演出も、小説執筆も、美術館での個展も、やっている。まさしく鬼才だ。

ちなみに言ってしまうと、「リアル鬼ごっこ」を観るまで、ぼくが観た園子温監督映画は、「地獄でなぜ悪い」「ラブ&ピース」の2本だけ。テレビドラマ「みんなエスパーだよ!」は全部視たけど、映画は観てない。正直言うと、テーマが重そうでなかなか食指が動かなかったのだ。

しかしずっと気になっていた園子温。著作である「非道に生きる」を読み、衝撃的なエピソードの数々に度肝を抜かされた。

「非道に生きる」には何が記されていたのか

非道に生きる (ideaink 〈アイデアインク〉)

極端だから、人をひきつける。こんなの映画じゃない。『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』『ヒミズ』……性・暴力・震災など現実に切り込む衝撃作で賛否両論を巻き起こし続け、最新作『希望の国』では日本最大のタブー、原発問題に真っ向から挑んだ鬼才映画監督・園子温(その・しおん)。社会の暗部を容赦なく明るみに出す刺激の強すぎる作家が「映画のような」壮絶な人生とともに、極端を貫いて道なき道を生き抜いた先の希望を語る。

本書では、園子温のこれまでが自身によって語られている。

非道に生きる (ideaink 〈アイデアインク〉)

非道に生きる (ideaink 〈アイデアインク〉)

よく「人と違うこと」をして生きたいという声を耳にするが、彼が行う「人と違うこと」は、常軌を逸している。

小学校時代は局部を出して学校に行き通知表に「性的異常が見られます」と書かれたり、高校生で詩人デビューしたり、17歳で人妻に頼まれて夫を演じ続けたり、食うために宗教団体に入ったり、左翼団体に入ったり、大学中退後はAV監督をしたり、参加者2,000人にものぼるパフォーマンス集団をひとりで立ち上げたり、もうやってることが尋常じゃない。

そんな人が作る映画が普通なわけない。

また本書には、どうすれば自分の作品をより多くの人に観てもらえるのか、死ぬほど考え、実践する姿が記されていた。日本映画界の抱える問題点、それを園子温はどのように見据え、作品を通じて壊していこうとするのか。それらを読むとワクワクが止まらなくなる。

そんな彼が監督した「リアル鬼ごっこ」が2015年、劇場公開された。

「リアル鬼ごっこ」のどこが楽しめたのか

「リアル鬼ごっこ」は、山田悠介のホラー小説である。Wikipediaで作品の「特徴」を読むと、笑ってしまう。小説で使用された「誤った表現」が列挙されている。一部を引用する。

  • 「二人が向かった先は地元で有名なスーパーに足を踏み入れた」
  • 「騒々しく騒いでいる」
  • 「最後の大きな大会では見事全国大会に優勝」
  • 「十四年間の間」
  • 「ランニング状態で足を止めた」
  • 「営々と逃げ続けた」
  • 「いざ、着地してみるとそこは森の様な草むらに二人は降り立っていた」

引用:Wikipedia「リアル鬼ごっこ

ツッコミどころ満載の小説だが、これまでに6度も映画化されている。多分、設定が見事なのだろうがここでは紹介しない。

なぜなら、園子温の「リアル鬼ごっこ」は、小説とはまったく関係ない別物だから。原作 山田悠介とあるが、使われたのはタイトルだけ。劇場で「リアル鬼ごっこ」だと思って観た人は唖然としただろう。

公式サイトでの監督のコメントを読めばわかる。

「リアル鬼ごっこ」というタイトルにインスパイアされ、前からやりたかったこと、企画が途中で中断し結実しなかった作品のプロットを2つ3つ導入し、脚本を書きました。
公式サイト:監督のコメントより)

「リアル鬼ごっこ」を観ている時、「非道に生きる」で紹介されていたエピソードを思い出した。

ハリウッドで映画を作りたいと海を渡った園子温、大手映画会社の重役に無理矢理会って、とんでもない映画の企画(女子高生がパンチラしながらゾンビと戦う話など)を連日プレゼンしていた。MTVの副社長に「もっと企画はないのかね?」ときかれ、即興でお話を考えたという。

「ナンシーという名前の若い女の子が、小さな田舎町で、15人くらいいっぺんに死体で見つかります。」「なるほど、それで?」「それで、ですね……」

そんな感じで、次から次につくられたプロットたち。それらを組み合わせて「リアル鬼ごっこ」ができたのだろう。

本作はとにかく、女子高生、パンチラ、殺戮シーンの連続である。「風」が襲ってくるってのも笑える。どう考えてもパンチラありきだ。オチは、やりたいことやって作品として成立させるために無理矢理用意した感が否めない。

他にも、作中に出てくる数字がいちいち何かを意味(「29-49」が肉欲、「3221」が殺人)していたり、学校名や大会名(私立女子高等学校、女子マラソン大会)がとぼけていたり、つっこみどころがたくさんある。探せば、もっといろいろあるのだろう。

まとめ

冒頭で引用したAmazonレビューの批判コメントのひとつに、本作の魅力が凝縮されていると思った。

よくGOが出たなと。
Amazonのレビュー

園子温だから、本作は撮れたのだ。

ヒット作のタイトルを利用し、ハリウッドの重役に却下されたやりたかったプロットを復活させ、ニコニコ動画を活用した画期的なマーケティングを行い、無垢な女優に圧倒的な演技をさせ、海外の国際映画祭でグランプリを受賞(2015年スペイン・マラガ・ファンタスティック映画祭 最優秀作品賞)する。

やはり、園子温監督は鬼才だと思う。

というわけで、機会があったら園子温「リアル鬼ごっこ」を是非。

アクション映画の金字塔!「ダイ・ハード」一作目が最高に面白い10の理由

「おすすめの映画を一本だけ教えて」と言われたら、ぼくは迷わず『ダイ・ハード』を選ぶ。

ダイ・ハード (字幕版)

ダイ・ハードは、1988年製作のアクション映画。あらすじはこんな感じ。

クリスマス・イブの夜、LAのハイテクビルを最新兵器で武装した謎のテロリスト集団が襲った!彼らの要求を拒んだ重役達は即座に射殺。なすすべも無く怯える人質たち。ビルの中にいた非番警官ジョン・マクレーンは外部との連絡が一切遮断された中、ただ一人命をかけた闘いを挑んだ!

上映時間は2時間12分。テンポが重要なアクション映画からするとかなり長め。しかし、この映画には無駄なシーンがひとつもない。アクション映画でありながら、その設定・伏線・演技・音楽、どれもが一級品なのだ。

その魅力をお伝えしたい。

この映画は、アーノルド・シュワルツェネッガー主演で『コマンドー2』になる可能性もあったらしい。いやいやいや、想像できない。文句を言いながら、嫌々敵と対峙する人間味溢れるキャラクターが魅力の映画なのに。

「イピカイエー、くそったれ!」と毒吐きながら、敵に立ち向かうジョン・マクレーン。運の悪い主人公に観客は感情移入する。自分ならどう立ち回るだろうかと考える。それまでのアクション映画で活躍する超人ではなく、彼は人間なのだから。

ジョン・マクレーンを演じるのは、ブルース・ウィリス。故淀川長治氏に「バイキンみたいな名前の男」と言われたハゲ気味の男優だ(当時)。

原作では、テロリストがビルを占拠する目的は、ピノチェト政権への武器輸出を糾弾するためだった。しかし、テーマが重いと考えた20世紀フォックスは犯行理由を変更した。(ちなみに、ピノチェト政権といえば、若き宣伝マンのCMが政権打倒に寄与したという名作映画「NO」がある。予告編が最高にステキ)

日本の勢いが半端なかった1988年。「テロリスト」が押し入ったのは、日本企業の超高層ビル、ナカトミ・プラザとなった。

ハリウッド映画で描かれる日本人には、違和感を覚えるケースが多い。もっとも「おれをおこらせたいのか!(『ライジング・サン』のショーン・コネリー)」「やっちまいなー(『キル・ビル』のルーシー・リュー)」など、逆に面白く感じるシーンもある。

ハリウッド作品が日本を描くと聞くと、嬉しいという気持ちとともに「ちゃんと描いてくれるだろうか」という不安がよぎる。

しかし、『ダイ・ハード』に登場する日本人は、かっこいい。「そうそう、こうだったらいいな」という理想が描かれている。観ていて嬉しくなる。

でも、殺されてしまうのだが。

基本的に『ダイ・ハード』は、ひとつの高層ビルの中で展開する。

ジョン・マクレーンは、30階の人質を救うため、31階、32階、33階あたりで奮闘する。場所が限定され、人質を救うという目的も明確であるため、話が分かりやすい。

移動のための、エレベーター、階段、排気ダクトも映画において重要な要素、舞台となる。閉ざされた世界で、いかにミッションを完遂するか。圧倒的不利な状況を知恵を絞って、いかに攻略していくか、そのゲーム性が観るものを魅了するのだ。

もっとも、何階にいるのか混乱することもあるのだが。

悪役が魅力的な映画は面白い。『ダイ・ハード』の悪役、テロリストの首魁を演じるアラン・リックマンは最高だった。2016年、惜しまれつつこの世を去ってしまった彼の一番の当たり役は、「ハリーポッター」のスネイプ先生ではなく、ハンス・グルーバーだと思っている。

ジョン・マクレーンとハンス・グルーバーがはじめて遭遇するシーン。それまで声でしかお互いを知らなかった二人。不利な状況にあるハンスは訛りを上手く使って、別人ビル・クレイを演じる。

このシーンを見ていつも思う。アラン・リックマンが使い分けた訛りのある英語と訛のない英語、日本人が演じたらどうなるのだろうか。そして、関西弁と標準語を使い分けるアラン・リックマンを想像する。

「ぼく、逃げてきてん!助けてえな!」

アラン・リックマン最高。

もう一人の悪役も見逃せない。ジョン・マクレーンに弟を殺された兄、カールを演じるのは、2メートル近い身長のアレクサンダー・ゴドノフ。ゴドノフである。名前からして強そうだ。オープニングのクレジットで表示されるゴドノフの文字がすごく好き。とにかく存在感が半端ないのだ。

彼の経歴がまた面白い。ロシアのボリジョイ・バレエ団で活躍し誰もが知る超スターだったが、アメリカに亡命。『ダイ・ハード』公開の1年前、1987年に帰化している。

残念ながら、1995年に彼も鬼籍に入っている。心臓病とのことだった。

ひとつのビルの中でのお話だが、それを見守るビルの外でも物語が展開する。ジャーナリスト、FBI、市警察、家族、など登場人物も多数。

物語で重要な役割を果たすのが、ビルの外でジョンの支えとなるアル・パウエル巡査部長だ。ビルからの緊急通報を受けて、確認するように言われた彼は、ampmでドーナツを買うところだった。

アメリカにしかないコンビニだと思っていたampm。日本で見つけたとき、あまりに嬉しくてドーナツを購入したのはいい思い出だ。残念ながら、ampmは日本から撤退してしまった。ぼくがもっとドーナツを買っていればと悔やまれる。

パウエル巡査部長を演じたのは、レジナルド・ヴェルジョンソン。言っておくが、彼の演技は臭い。わざとらしい。しかし、そこがいい。

ジョンと無線で会話する時の無線機のボタンの押し方。あの手をぐるっとやって押すのを見ると、いつも「ワザとらしー」と思ってしまう。しかし、憎めない存在なのだ。

なんだかダメなやつという印象が、最高に素敵な伏線となっているのだ。

夫婦を長く続けていると、二人にしかわからないものがある。あの人ならこうする、あの人ならこう言う。目の前にいなくても、お互いにやりそうなことが分かる。

『ダイ・ハード』では、そんなジョンとホリーの夫婦関係が見事に描かれている。

暴れまくるカールをみてホリーが言う。「あんなに人をいらだたせるのは、彼しかいないわ」と。長い夫婦生活で、どれだけ彼に苛ついてきたのか、心中お察ししますと言葉をかけたくなる名台詞。

二人の関係は映画の進行とともに大きく変わっていく。結びつき離れまた結びつく、そんな二人の想いが、ドラマの進行に重なり合い見事に連動する。

アクション映画は、テンポが重要だという。観客を飽きさせない展開、細かいカット割り。上映時間も1時間半程度が良いらしい。

しかし、『ダイ・ハード』の上映時間は、2時間12分と長い。今の風潮なら、42分間はカットされるかもしれない。しかし、それはできない。繰り返し観れば分かるが、恐ろしいことにすべてのシーンに意味があるのだ。

全てを解説するとネタバレになるので、ひとつだけ例を挙げる。

ジョンとホリーが再会する冒頭のシーンで、ウザいキャラの同僚エリスが言う。「ホリーは表彰されて、会社からロレックスをプレゼントされたんだぜ!見ろよ」と。エリスというウザいキャラを紹介しつつ、唐突に登場する腕時計のくだり。この腕時計は、会社とホリーとの繋がりを意味している。

彼女の時計はクライマックスで、ある大きな役割を果たす。二人の関係はその後どうなるのかを示唆するシーンだ。そう思ってみると非常に意味のあるモチーフとなっている。

何回目かでそれに気づいたとき、震えてしまった。

ちなみに、脚本家三谷幸喜は和田誠との共書「それはまた別の話」で言っている。

「ダイ・ハード」の決定稿を作家がただ一人で机の前で書いたんだとしたら、僕は潔く筆を折ります。折らないかも知れない(笑)。
P.169

それだけ、素晴らしい脚本なのだ。

排気口ダクトを這いずり回るジョン。タンクトップは汚れに汚れている。しかし、注意深い観客は違和感を覚えるはずだ。

「あれ?ジョンの着ているタンクトップきれいになってない?」と。

タンクトップは作品の進行とともに汚れていくはずなのに、汚れの度合が、進行と連動しない。汚れたり、きれいになったり、汚れたり、きれいになったりを繰り返すのだ。

タンクトップの汚れだけではない。クライマックスのあるシーンでは、ジョンの頬に着いた血が次のカットではきれいになっている。注意深く見ると『ダイ・ハード』では、編集マジックの数々を目の当たりにできるだろう。

スクリプターは何をやっていたんだ!とつっこみながらも、その雑な仕事を楽しむこともできる。

いい意味での編集の雑さが、魅力のひとつなのだ。

10

映画冒頭、空港からホリーの待つビルへ向かうリムジンの中。運転手のアーガイルがかけるラップ調の曲に、ジョンは言う。「クリスマスなのに、こんな曲かい?」答えるアーガイル。「これがクリスマスソングですよ!」

「なんかちがうよな」と観客は思う。冒頭に植え付けられたもやもや。驚くべきことにこのもやもやが、最後の最後で解消される。

映画の最後の最後、一件落着となった後に流れるオーケストラ。

「うぉー、これがクリスマスソングなんだー!」となる。最高のハッピーエンドと共に、本当に聴きたかったクリスマスソングが流れるのだ。

これほどまでに完璧な演出は、そうそう味わえないと思う。

まとめ

映画「ダイ・ハード」、本当におすすめなので機会があれば是非鑑賞してほしい。

ダイ・ハード (字幕版)

ダイ・ハード (字幕版)

どんでん返し映画14選!映画を観終わった《彼女の表情》まとめ

どんでん返し映画を観終わったふたり。隣に座る彼女をみる。どのような表情をしているのかと思いながら。

笑顔のときもあれば、泣いているときもある、怒っているときもある。様々な表情を通して、おすすめのどんでん返し映画14作品の魅力を伝えてみる。

なお、彼女は妄想のため、フリー素材を駆使して表現する。

1,『ユージュアル・サスペクツ』襲撃された麻薬取引現場で唯一生き残った男が、真相を語る話

f:id:hobiwo:20170121134711p:plain

2.『シックス・センス』精神科医と死者が見える少年が、死者と生者の間をとりもつ話

f:id:hobiwo:20170121134716p:plain

3.『メメント』10分しか記憶を保てなくなった男が、妻を殺害した真犯人を探す話

f:id:hobiwo:20170121134715p:plain

4.『バタフライ・エフェクト』時空を超える力で、愛する人を幸せにしようと苦闘する男の話

バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション [DVD]

バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション [DVD]

f:id:hobiwo:20170121134718p:plain

5.『エスター』不気味な少女を養子にした夫婦が、彼女に振り回される話

エスター (字幕版)

エスター (字幕版)

f:id:hobiwo:20170121134712p:plain

6.『ソウ』バスルームで目覚めた2人の男が、理不尽な要求に翻弄される話

ソウ (字幕版)

ソウ (字幕版)

f:id:hobiwo:20170121134717p:plain

7.『アパートメント』女優と看護婦と結婚間近の女と商社マンの、錯綜する想いを描いた話

アパートメント [DVD]

アパートメント [DVD]

f:id:hobiwo:20170121134710p:plain

8.『オープン・ユア・アイズ』嫉妬に狂った女に殺されかけた男が、夢と現実をさまよう話

f:id:hobiwo:20170121134713p:plain

9.『スティング』詐欺師たちが、親分の仇討ちのためにシカゴの大物ボスに挑む話

スティング (字幕版)

スティング (字幕版)

f:id:hobiwo:20170121134730p:plain

10.『マッチスティック・メン』潔癖症の詐欺師の元に実の娘が現れて、親子で詐欺を働く話

f:id:hobiwo:20170121134720p:plain

11.『ペテン師とサギ師』ベテラン詐欺師と、ちんけな若手詐欺師が詐欺の腕を競う話

ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ [DVD]

ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ [DVD]

f:id:hobiwo:20170121134721p:plain

12.『ヴィジット』会ったことのないおじいちゃんとおばあちゃんに孫が会いに行く話

f:id:hobiwo:20170121134723p:plain

13.『プレステージ』愛する人のため、人生をかけて騙し合いをする二人の手品師の話

プレステージ (字幕版)

プレステージ (字幕版)

f:id:hobiwo:20170121134722p:plain

14.『ゲーム』ゲームの招待状をプレゼントされた男が、散々な目に遭う話

The Game [DVD]

The Game [DVD]

f:id:hobiwo:20170121134726p:plain

まとめ

みなさまの作品選びの参考になれば幸いである。