ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ

読書

全部読んだ? ヨアソビ/YOASOBIの原作小説・元ネタをまとめて紹介!

こんにちは、YOASOBI大好きだけど早寝早起きのホビヲです 小説を元ネタに曲を作る男女2人組の音楽ユニット、YOASOBI(ヨアソビ)。 魅力は、ドラマチックな原作小説、プロデューサーAyaseの絶妙な歌詞、そして、ikura(幾田りら)の透き通るような歌声。その…

小説「星のカービィ」シリーズが多すぎるので新しい順にまとめる

こんにちわ、何かあったらカービィ弁護士に助けてもらいたかったホビヲです 小説「星のカービィ」が面白い。シリーズ18冊まで発刊され、累計100万部を超えるベストセラー。各ストーリーは、ゲームのイメージそのまま、カービィたちが仲間と協力し苦難を乗り…

おすすめの読書ノート18選!子供も大人も、本を読んだら手書きで記録しよう

読んだ本を記録したい。そう思ったら読書ノートを購入しよう。 キャラクターが読書を応援してくれる子供向けから、大人も子供も書くのが楽しくなるシンプルな読書ノートまで数多の種類が存在している。 主要どころの読書カードを4つのカテゴリ(シンプル、子…

GAFA「以降」の格差社会で、生き抜くために必要な20の武器まとめ

こんにちわ、「GAFA 四騎士が創り変えた世界」を読んだホビヲです Google、Apple、Facebook、Amazon の4社は世界を変えたという。 GAFA「以後」は一握りの優秀な人々が富を独占し、残りの多くは貧しい人ばかりになるとのこと。もっとも高性能なスマホと見放…

【超難問】小説の書き出しクイズ!あなたは全問正解できるだろうか?

こんにちわ、読書が趣味のホビヲです 読書の秋、ということで小説の書き出しクイズを出題する。 名作の最初の一文を紹介するので、4択の中から作品名を選び当ててほしい。 出題するのは、夏目漱石、太宰治、坂口安吾、宮沢賢治、江戸川乱歩、谷崎潤一郎、森…

おすすめ絵本30選!合計発行部数は6729万部、愛され続ける名作を紹介

こんにちは。家の中は絵本だらけ、絵本ばかり読んでいるホビヲです。 そんな絵本大好きなわたしが、発行部数100万部以上の名作30冊を紹介します。絵本に興味がある人の参考になれば幸いです。 それではいってみよう! 1.いないいないばああそび(251万部)…

漫画「日本の歴史」を徹底比較!小学館、集英社、角川の3社から選ぶ

自分の子供には歴史好きになって欲しい。ぼくもそう願う親の一人だ。 ただ、学校の教科書だけで子供が歴史好きになるとは思えない。教科書は楽しむものではなく覚えるものだろう。毎週の大河ドラマを視聴するも時代は限られ、進みもよろしくない。もっと身近…

「キネマの神様(原田マハ)」は、映画好きブロガー必読の一冊だと思う

本屋さんで平積みにされていた文庫本「キネマの神様」を手に取る。 帯には「本を、映画を、家族を愛するすべての人に。」 つづいて裏表紙の「あらすじ」に目を通す。 39歳独身の歩は突然会社を辞めるが、折しも趣味は映画とギャンブルという父が倒れ、多額の…

おすすめの日本文学!文学史上に残る、絶対に読んでおきたい傑作18選

本棚を整理していると、薄汚れた文庫本がたくさん出てきた。表紙を見てすぐにわかった。昔、深夜番組「文學ト云フ事」でおすすめされた、文学史上に残る傑作の数々だと。 「文學ト云フ事」とは 『文學ト云フ事』は、フジテレビの深夜帯で1994年4月12日から10…

絵本「こうら」の22・23ページ目!プサモバテスの水の飲み方がすごい

何気なく、「こうら」という絵本を手にした。 1億年前は象ほどの大きさのアルケロンという亀がいたらしい。恐竜は絶滅したが、亀が生き残った。その理由はこうらにあると著者は主張する。そして230種類も存在する亀の中から、驚きの進化を遂げたこうらの「く…

よくわかる人工知能!近い将来、消える仕事と残る仕事

ブームにのって「人工知能」の本を、一冊だけ読んだ。なんとなくすごさは分かった。働くことについても考えさせられた。気になった点をざっくり書いておく。 「人工知能」は、まだこの世に存在していない 一般的には、人間と同じように考えるコンピューター…

世界的名著「7つの習慣」って、結局どんな習慣なの?

自己啓発の世界的ベストセラー「7つの習慣」。書籍は分厚く、最後まで読める自信がなかったので、まんが版を読んだ。いいことが書いてある気がした。習慣化する前に、忘れそうなのでまとめてみる。 物事が上手く行かない時は、見方を変えれば、解決の糸口を…