ホビヲログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ。

毎朝毎朝、「容易には答えられない問い」を投げかけられる

音楽 思ったこと テレビ番組

出社前、慌ただしい朝のひととき、すんなりと答えられない問いを毎朝投げかけられる。

「なんのために生まれて、なにをして生きるのか」

BS日テレで再放送中の「アンパンマン」、オープニング「アンパンマンのマーチ」の歌詞だ。

歌は、「こたえられないなんて、そんなのはいやだ!」と続く。

ドリーミングの楽しげな歌声を聴きながら、考える。ぼくは、どのように生きるべきなのだろうか。いまやっていることは、人生において、本当に意義があるのだろうか。不惑を前に、惑う日々。

そんなことを考えながら、家を出る。

「なにが君のしあわせ、なにをしてよろこぶ」

2番での問いかけは、さらに胸をえぐる

さらに、「わからないままおわる、そんなのはいやだ!」と続く。

1番の問いと同様に難しい質問だ。自分の幸せとは、心から楽しいと思えることは何か。家族との時間か、仕事での成果か、趣味で楽しむことか。わからないまま終わる人生を想像し、絶句する。

故人となったやなせたかしの問いは、今もなお、ぼくの心を強く揺さぶる。

アンパンマンは、子どものヒーローだ。しかし、子どものためだけのものではない。人は、何を大切にし、いかに生きるべきかを問うている。

その問いの答えを探すのもまた、人生なのだ、と思った。

出社して、自席で牛乳を飲み、アンパンをほおばりながらそんなことを考えた。

さぁ、仕事だ、がんばろう。

f:id:hobiwo:20160601082257p:plain