ホビヲログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ。

『スターウォーズ フォースの覚醒』は、本当に名作だったのか(ネタバレなし)

思ったこと 映画 感想

http://ecx.images-amazon.com/images/I/41vuq72wB0L.jpg

少しばかりショッキングな出来事があった。

「スターウォーズ エピソード7/フォースの覚醒」を鑑賞した同僚が、唾棄するかの如く「まったく、面白くなかった」と言っていたのだ。

オープニングで震え、拍手し、ハン・ソロとチューバッカの登場で涙したぼくは、どう反応していいかわからなかった。冷静になって、公開初日の様子を振り返ってみる。

オープニングに万雷の拍手

開場後、20分ほど流れる予告映像。その間、ひっきりなしに人が出入り。上映開始後の途中入場者がないことを祈りながら始まるのを待つ。緊張で口の中はカラカラ。コーラで潤す。

いよいよ本編。

暗闇の中、突如スクリーンに「STAR WARS」の文字。と、同時に大音量でスターウォーズのテーマ。

震えた

客席からの万雷の拍手。つられてぼくも拍手。この瞬間を味わえただけでも、映画館にきて良かったと思った。

交差するふたつの戦い

もちろん、開場前にトイレに行ったはずだった。しかし、20分もの予告編上映に耐えられず、喉を潤したのが失敗の始まり。前半、30分を過ぎた頃、強烈な尿意に襲われた。

上映途中の入場は許さないと息巻いていたのは30分前。そんな自分が中座するわけにはいかない。もし、尿意に耐えられなかったらどうしよう。様々なシミュレーションをする。

スクリーンの中では、レジスタンスとファーストオーダーとの戦い、現実世界では、ぼくと尿意との戦いが繰り広げられる。

交差する二つの戦い。

ぼくは、膀胱炎になる覚悟で臨み、見事に勝利(最後まで我慢)した。

まとめ

思い返すと、冷静な評価はできていないようだ。

同僚が「フォースの覚醒」にもった違和感を、しっかりと検証する必要がある。自宅でもう一度、冷静になって鑑賞し、改めて作品を評価したいと思う。

結果によっては、同僚と仲良くやっていけるか心配だ。