ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ。

パパママ必見の映画「コウノトリ大作戦!」のワンシーンで号泣した話


f:id:hobiwo:20170502050348p:plain

映画「コウノトリ大作戦!」を観た。あらすじをひとことで言うと、コウノトリが赤ちゃんを運ぶ話である。

子供向けのアニメ映画だが、不覚にも後半のワンシーンで号泣してしまった。子を持つ親であればきっとわかると思う。

1

子供向け映画の製作者は、一緒に観ている親に向けてもメッセージを投げかけてくる。本作ではそれが顕著だった。「この映画を一緒にみているお父さんお母さん、ちゃんと自分のお子さんのことをみていますか?」そんなシーンが続き、ドキッとしてしまう。

そのような後ろめたさを観客に植え付け、後半で解消する構成。なかなかに涙腺を刺激してくる。子供と一緒に観ていたので、簡単に泣くわけにはいかない。涙を見せるとヤイノヤイノと騒ぎ立て、不愉快極まりないからだ。親としての沽券にかかわる。グッと堪え、なんとか回避した。

2

しかし、クライマックスのワンシーンはどうしても耐えられなかった。涙を体内に留めておけなかった。それは、はじめて子を持った親が、生まれたばかりの赤ちゃんを見て一度は想像するであろうシーンだ。

子供が成長し、ハイハイし、歩き、遊び、学び、出会い、結婚するまでの半生。これから歩むであろう道のり。楽しいこと、辛いこと、嬉しいこと、悲しいことを経験する子供の未来の姿。

映画では一瞬だったが、生まれたばかりの赤ちゃんをみて脳内で再生したあのシーンが完全に再現されていた。

これ!これこれ!!これとおんなじ!!

そう思った瞬間、涙がとめどなく溢れてきた。前で見る子供に気づかれまいと、シャツの袖で涙を拭う。咳払いをして、天井を見上げる。「コウノトリ大作戦!」はこのシーンのために作られた、個人的にはそう思った。

3

エンドロールが流れ始めても、「エンドロールの後に何かあるはずだ!見逃すな!」と言って最後まで画面をチェックさせた。その間に涙も乾き、いつもの父に戻った。エンドロールの後は結局何にもなかったが。

「最後に一工夫がないなんてまだまだだな」と捨てぜりふを吐いて、映画鑑賞会は終わった。

そして父は、左乳首のあたりを押しに外に出た。

www.hobiwo.com

まとめ

「コウノトリ大作戦」は期待しないで観ると楽しめると思う。できれば子を持つ親に観てほしい。忙しいと思うが、親子で是非!

コウノトリ大作戦!(吹替版)
(2017-02-08)
売り上げランキング: 443