ホビヲログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ。

「シン・ゴジラ」を観に行ったら、信じられないことが起こった

おすすめ 思ったこと 映画

f:id:hobiwo:20160826084238j:plain

毎月1日は、映画の日。通常1,800円の鑑賞券が、1,100円となるお得な日。

「シン・ゴジラ」は映画館で観ようと心に決めていた。映画の日当日朝、ネットでチケット予約を敢行。希望の上映回は、500席の劇場はほぼ満席で、残り少ない空席の中から端っこの席を選んだ。

そして、上映時間の一時間前。仕事しているメンバーに心のなかで手を合わせ、お先に失礼する。電車に乗り映画館のある街へ向かう。この後、信じられないことが起こるなど予想もせずに。

「シン・ゴジラ」の上映前、声をかけられる

本編上映前、山崎紘菜が語るお得情報を聴きながら、ポケモンGOに興じる。その時だった。

「ホ、、ホビヲさん!」

顔を上げると、いつも、ぼくの向かいに座っているメンバーの姿。夫婦で「シン・ゴジラ」を観にきたという。そして、驚くべきことに、座席は、ぼくの隣。

「え?えええええええええええ!」

ぼく、こっそり失礼してきたのに、直後にこの人も失礼してたの? 「シン・ゴジラ」観るなんて言ってなかったのに! それよりも何よりも、席が隣って!

こんなことってあるかしら。どれだけの確率なのだろう。この偶然に動揺し、かなり挙動不審となってしまった。平静を装っていたが、心のなかはザワザワしていた。これからはじまる「シン・ゴジラ」をしっかりと咀嚼できるだろうか、と不安に思うほどに。

本編が始まった。

「シン・ゴジラ」の見どころ

こんな偶然があったのなら、どんな偶然も信じられる気がした。◯◯◯◯◯を食べるゴジラも。◯◯して◯が変わるゴジラも。◯◯◯のように、叫ぶゴジラも。すべて、現実のものとして受け入れられた。

ポケモンGOをしていたためか、◯◯する設定にものすごく共感できた。そうか◯◯がなくても、◯◯◯があるから◯◯できるのかぁ。

ネタバレを避けようとすると伏せ字ばかりになってしまうので、そうはならない見どころだけ列挙しておく。

  • スクリーンから伝わる「アオイホノオ」ばりの情熱
  • 野村萬斎にしか見えないゴジラ
  • 知ってる街が破壊されるリアルな恐怖
  • 鈴木先生のような長谷川博己の熱演
  • 電車がつおい
  • 復興に立ち上がる日本へのメッセージ
  • 石原さとみのAEON仕込みの英語力

www.aeonet.co.jp

いずれにしても、映画館で観るべき傑作だった。

「シン・ゴジラ」を観に行ったら、信じられないことが起こった、まとめ

事実は小説よりも奇なり、とはよく言ったもので、生きているとこんなありえないと思うようなことが起こる。それがまた、面白かったりする。

いつもと違うことをすると、面白い何かがあるかもしれない。決まりきった毎日ではなく、たまには、イレギュラーな選択をしてみてもいいのかもしれない。

しかし、早退して映画に行くメンバーには呆れてしまった。会社で、しっかりとお灸をすえなければと思う。