ホビヲログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ。

恋愛映画51選、結婚映画50選、そして恋愛と結婚がテーマの傑作4作品

Google おすすめ 映画

Googleで「恋愛映画」と検索すると、ウェブで人気の51作品が表示される。Googleが独自のアルゴリズムで抽出したおすすめ作品だ。

f:id:hobiwo:20161102080329p:plain

また、「結婚映画」と検索すると、50本のおすすめ作品が表示される。

f:id:hobiwo:20161102080341p:plain

Googleは、「恋愛映画」と「結婚映画」でまったく違う作品をおすすめしてくる。恋愛と結婚はまったくの別物だという証左だろう。

しかし、両方の検索結果で表示された作品が、4本だけ存在した。Googleが認めた「恋愛」と「結婚」の両テーマが内包された至極の作品ということになる。

本エントリーでは、Googleがおすすめする「恋愛映画」と「結婚映画」の作品リストを掲載し、その後、両テーマを内包した4作品を紹介する。

Googleがおすすめする「恋愛映画」51選

新旧織り交ぜて、洋画邦画共に、絶妙なチョイス。インターネット上でおすすめされた「恋愛」がテーマの作品をGoogleがキュレーションした結果だ。

No 作品名 公開年
1 風と共に去りぬ 1939年
2 逢びき 1945年
3 ローマの休日 1953年
4 男と女 1966年
5 愛と青春の旅だち 1982年
6 恋におちて 1984年
7 恋人たちの予感 1989年
8 ゴースト/ニューヨークの幻 1990年
9 シザーハンズ 1990年
10 プリティ・ウーマン 1990年
11 さらば、わが愛/覇王別姫 1993年
12 めぐり逢えたら 1993年
13 恋する惑星 1994年
14 恋人までの距離 1995年
15 ザ・エージェント 1996年
16 タイタニック 1997年
17 シティ・オブ・エンジェル 1998年
18 ユー・ガット・メール 1998年
19 ノッティングヒルの恋人 1999年
20 ハッピーエンド 1999年
21 花様年華 2000年
22 アメリ 2001年
23 ブリジット・ジョーンズの日記 2001年
24 ベアーズ・キス 2002年
25 ジョゼと虎と魚たち 2003年
26 ラブ・アクチュアリー 2003年
27 ラブストーリー 2003年
28 2046 2004年
29 50回目のファースト・キス 2004年
30 エターナル・サンシャイン 2004年
31 きみに読む物語 2004年
32 ビフォア・サンセット 2004年
33 私の頭の中の消しゴム 2004年
34 プライドと偏見 2005年
35 ONCE ダブリンの街角で 2006年
36 ホリデイ 2006年
37 時をかける少女 2006年
38 魔法にかけられて 2007年
39 (500)日のサマー 2009年
40 ワン・デイ 23年のラブストーリー 2011年
41 永遠の僕たち 2011年
42 今日、恋をはじめます 2012年
43 アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜 2013年
44 ジンクス!!! 2013年
45 L♥DK 2014年
46 クローバー 2014年
47 近キョリ恋愛 2014年
48 好きっていいなよ。 2014年
49 イニシエーション・ラブ 2015年
50 ヒロイン失格 2015年
51 俺物語!! 2015年

Googleがおすすめする「結婚映画」50選

「結婚」がテーマとなる映画をGoogleは51作品チョイスした。結婚は二人の問題だけではない。一見、結婚とは関係なさそうな作品もあるが、よくよく考えるときっと納得するはずだ。

No 作品名 公開年
1 結婚哲学 1924年
2 百万長者と結婚する方法 1953年
3 ああ結婚 1964年
4 卒業 1967年
5 大恋愛 1969年
6 ゴッドファーザー 1972年
7 結婚しない女 1978年
8 マリア・ブラウンの結婚 1979年
9 マグノリアの花たち 1989年
10 あなたに恋のリフレイン 1991年
11 花嫁のパパ 1991年
12 ウェディング・バンケット 1993年
13 フォー・ウェディング 1994年
14 ミュリエルの結婚 1994年
15 ベスト・フレンズ・ウェディング 1997年
16 ウェディング・シンガー 1998年
17 ストーリー・オブ・ラブ 1999年
18 プリティ・ブライド 1999年
19 理想の結婚 1999年
20 恋は嵐のように 1999年
21 赤毛のアン/アンの結婚 2000年
22 天使のくれた時間 2000年
23 ウェディング・プランナー 2001年
24 モンスーン・ウェディング 2001年
25 マイ・ビッグ・ファット・ウェディング 2002年
26 大変な結婚 2002年
27 アメリカン・パイ3:ウェディング大作戦 2003年
28 ラブ・アクチュアリー 2003年
29 プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング 2004年
30 ティム・バートンのコープスブライド 2005年
31 プライドと偏見 2005年
32 あぁ、結婚生活 2007年
33 魔法にかけられて 2007年
34 ぐるりのこと。 2008年
35 マンマ・ミーア! 2008年
36 レイチェルの結婚 2008年
37 幸せになるための27のドレス 2008年
38 あなたは私の婿になる 2009年
39 ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い 2009年
40 ブライダル・ウォーズ 2009年
41 余命1ヶ月の花嫁 2009年
42 ウソツキは結婚のはじまり 2011年
43 トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1 2011年
44 ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン 2011年
45 僕が結婚を決めたワケ 2011年
46 31年目の夫婦げんか 2012年
47 バチェロレッテ あの子が結婚するなんて! 2012年
48 マダム・イン・ニューヨーク 2012年
49 アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜 2013年
50 ウィークエンドはパリで 2013年

Googleがおすすめする「恋愛」と「結婚」がテーマの4作品

「恋愛映画」と「結婚映画」、両テーマでおすすめされた映画は次の4作品となる。

1.ラブ・アクチュアリー(2003年)

ラブ・アクチュアリー [DVD]

クリスマスを目前にしたロンドン。恋人に裏切られた作家ジェイミーは南仏へ傷心旅行に。一方その頃、新たに英国新首相へ就任した若くてハンサムなデヴィッドは、秘書に一目惚れしてしまい、国民の期待とは裏腹に悶々と恋に悩み、最愛の妻を亡くした男は元気をなくした義理の息子に気を揉み、内気なOLの片想いは新たな展開を迎えようとしていた。

  • 出演:ヒュー・グラント、リーアム・ニーソン、エマ・トンプソン
  • 監督:リチャード・カーティス

恋する男女がいっぱい出てきて、てんやわんやして、ラブラブになって、ハッピーになる映画。それぞれの恋愛ドラマがあり、誰かに感情移入できるはず。そして、ドキドキするはず。

2.プライドと偏見(2005年)

プライドと偏見 (字幕版)

18世紀、女性に相続権がない時代のイギリス。女の幸せは豊かな財政の男性と結婚すること。貧しくはないけれど、大金持ちでもないベネット家では、5人の娘たちが白馬にまたがったリッチな王子様を探しており、隣に越してきた金持ち・ビングリーの噂でもちきりだった。読書好きの次女エリザベスは、ダンスパーティーでビングリーの親友・ダーシーの高慢な態度に腹をたてるが、ダーシーも彼女の聡明さと金持ちへの偏見に苛立ちを覚える。いつしか互いが気になる二人だが、誤解は解けないまま。やっと少し打ち解けるきっかけが掴めた二人だが、その頃、ベネット家の末娘の身に大事件が起こっていた。

  • 主演:キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン、ブレンダ・ブレシン
  • 監督:ジョー・ライト

決められた結婚に逆らったり、恋する気持ちで揺れ動いたり、まさしく「恋愛」と「結婚」がテーマの映画。観てないので分からないけど、レビューを読む限りそのように思う。

3.魔法にかけられて(2007年)

魔法にかけられて (字幕版)

アニメーションの中の美しい王国アンダレーシアで暮らす心優しいジゼル。夢にまで見たエドワード王子との結婚式の日、ジゼルは魔女に騙され、恐ろしい世界へと追放される。たどり着いたのは、ロマンティックな“おとぎの国”とは正反対の“現代のニューヨーク”だった。大都会の冷たい人たちに戸惑うジゼルを助けたのは、現実主義でバツイチの弁護士ロバート。動物と話し、ところ構わず歌いだすジゼルに驚き、時にうとましく思うロバートは、彼女と過ごすうちにその素直で心優しい姿に惹かれていく―。しかし彼女を追って現代にやってきたエドワード王子やその家来、更にジゼルを罠に陥れたナリッサ女王の登場で、ニューヨークの街は大パニックに。

  • 主演:エイミー・アダムス、パトリック・デンプシー、ジェームズ・マースデン
  • 監督:ケヴィン・リマ

ディズニーが自身の名作をセルフパロディしつつも、本当の愛とは何かを問いかける。まさしく「恋愛」と「結婚」がテーマの傑作。エイミー・アダムスの天真爛漫な演技が素敵すぎる。

4.アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜(2013年)

アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ (字幕版)

21歳を迎えたティム・レイクは、自分にタイムトラベル能力があることを知る。新年のパーティーを満足できないまま終えた夜、ティムは父親から、レイク家の男たちは代々タイムトラベルの能力があることを告げられる。歴史を変えることはできないが、自分の人生に起きる事や起きてしまった事を変えることができるのだ。ティムは彼女を作り、より良い人生を送ることを心に決める。

  • 主演:ドーナル・グリーソン、レイチェル・マクアダムス、ビル・ナイ
  • 監督:リチャード・カーティス

映画のビジュアルを見る限り、単なる恋愛ドラマかと思うがどうやらそうではないらしい。監督は、「ラブ・アクチュアリー」リチャード・カーティス。ぼくはまだ未見だが、そういえば、本作を絶賛したブログ記事を読んでいた。

www.nagibrno.com

絶賛されている。

  • 毎日をなんとなく過ごしている人
  • 恋愛に億劫になっている人
  • 人生にちょっと疲れた人
  • 最近家族と過ごしていない人
  • 普段、映画を観ない人

は、観たほうがいいとのこと。観ないわけにはいかない。

mbawife.hateblo.jp

最初は「タイムトラベルなんて、ありがちな設定だな〜」とか思って観てたんですけど、最後10分くらいで引き込まれて大号泣し、自分の心に深く残る作品になりました。

号泣するらしい。

www.cinemawith-alc.com

レイチェル・マクアダムスが今回も可愛すぎます。これだけで元取れます。

可愛すぎる!元が取れる!!観なきゃ!!!

まとめ

週末に「アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜」を観てみようと思う。