ホビヲログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ。

お酒がテーマの名作映画10選、お酒を飲めないぼくが紹介する

おすすめ まとめ 映画

ぼくは、お酒が飲めない。ビールも、ワインも、シャンパンも飲めない。そんなぼくが、「お酒がテーマの映画」10作品を紹介する。

1.カクテル

カクテル [DVD]

ジャマイカを舞台に、一獲千金を夢見るバーテンダーが、真実の愛に目覚めるまでを描いた青春ラブストーリー。

この映画で、カクテルを作る人はみんな曲芸をするものだと、誤った認識が植え付けられた。カウンターの向こうでシェーカーを放り投げ、キャッチするトム。湧く観客。そして、エリザベス・シューとのラブロマンス。お酒が飲めれば、楽しいことばっかりなんだ、と羨ましくなる。

1988年、監督:ロジャー・ドナルドソン、主演:トム・クルーズエリザベス・シュー

2.リービング・ラスベガス

リービング・ラスベガス [レンタル落ち]

監督の実体験を元に、アル中男と娼婦の奇妙な愛の形を描く。ニコラス・ケイジアカデミー賞主演男優賞を受賞。

バーテンダーとラブラブだったエリザベス・シュー。本作では娼婦となり、アル中男を愛してしまう。酒を作る男から、酒に溺れる男に。お酒とのつきあい方を間違うと、こんな最期が待っているんだ、と空恐ろしくなる作品。

1995年、監督:マイク・フィギス、主演:ニコラス・ケイジエリザベス・シュー

3.ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う! (字幕版)

学生時代のリベンジ、一晩で12軒のはしご酒に挑戦する腐れ縁の5人組。しかし、街は昔と違う。異変が生じていた。

本作で主人公たちは、一日12軒の酒場をはしごして、ジョッキ12杯を空けるという。コップ半分で、嘔吐するぼくには無縁の世界。酒を飲みながら昔を語り合う、そんなことはできないぁと残念に思ってしまう作品。

2013年、監督:エドガー・ライト、主演:サイモン・ペグ、ニック・フロスト

4.アンタッチャブル

アンタッチャブル (字幕版)

禁酒法時代。財務省特別捜査官の特別チーム「アンタッチャブル」と暗黒街の帝王アル・カポネとの戦いを描く。

アメリカ禁酒法時代、アル・カポネを追い詰めるアンタッチャブルに拍手喝采。しかし、「禁酒法が廃止されるそうですよ!」という新聞記者に、「だったら、一杯やるよ!」と返す捜査官。下戸の味方だと思ってたのに、裏切られた気分。

1987年、監督:ブライアン・デ・パルマ、主演:ケビン・コスナーショーン・コネリー

5.欲望のバージニア

欲望のバージニア (字幕版)

禁酒法時代。欲望が支配するバージニアで、密造で成り上がる兄弟と、それを追い詰める捜査官との戦いを描く。

アンタッチャブル」の反対で、こちらは、追い詰められる犯罪者が主役の映画。立場によって物事に見え方はまったく異なる。ガイ・ピアース扮する捜査官のいやらしさがハンパない。「密造を繰り返す悪役」に思わず、感情移入してしまう作品。

2012年、監督: ジョン・ヒルコート、主演:トム・ハーディシャイア・ラブーフ

6.ハングオーバー!消えた花婿と史上最悪の二日酔い

ハングオーバー! 消えた花婿と史上最悪の二日酔い (字幕版)

結婚前の馬鹿騒ぎ。人生最高の夜を楽しんだはずなのに、朝起きると記憶がない。最悪の二日酔いに悩まされる。

お酒を飲んで記憶がなくなる人がいる。信じられない。知らない間になにかやらかす、なんて恐ろしくて考えたくもない。この映画は、やらかしてしまった人たちの物語。お酒ってば、羨ましくもあり、恐ろしくもある。

2009年、監督:トッド・フィリップス、主演:ブラッドリー・クーパーザック・ガリフィアナキス

7.サイドウェイ

サイドウェイ (字幕版)

人生のピークを過ぎた男は、悪友とワイナリー巡りの旅に出る。魅力的な女性との出会いから、自身を見直すことに。

ワインセラー巡りの旅に出るなどという選択肢は、ない。しかし、もし行くのなら山梨あたりだろうか。駅からは、やはり、無料のシャトルバスだろうか。いやいや、お酒が飲めないぼくには無関係な話だ。

2004年、監督:アレクサンダー・ペイン、主演:ポール・ジアマッティトーマス・ヘイデン・チャーチ

8.聖なる酔っぱらいの伝説

聖なる酔っぱらいの伝説 [DVD]

フランス・セーヌ河畔の橋の下で生活するホームレスの体験する「奇蹟」を寓話的に描いた幻想的な作品。

酔っぱらいのおじさんが、最期にいろんないいことが起きる。お酒が飲めると、いいことが起こるのだろうか。いや、彼は過去の過ちから逃げるため、お酒に溺れてしまった経緯があるのだ。お酒は、付き合い方次第だ。

1988年、監督:エルマンノ・オルミ、主演:ルトガー・ハウアー、アンソニー・クェイル

9.フライト

フライト (字幕版)

機体の故障による墜落の危機を、奇跡的な操縦で免れた機長。しかし、酔っていた彼は、真実と嘘の間で苦悩する。

アルコール中毒の主人公が、事故をきっかけに一度は断酒するも、誘惑から逃れられない描写に恐怖を覚える。そして、大舞台で、自身が下した決断に涙する。本作は、映画三本分くらいの内容が凝縮された名作だと思う。

2012年、監督:ロバート・ゼメキス、主演:デンゼル・ワシントンドン・チードル

10.ドランクモンキー 酔拳

酔拳 (字幕版)

酔えば酔うほど強くなる、秘伝の拳法「酔八仙」。カンフー道場のドラ息子は、苛酷な修業に励み、会得する物語。

一説によると、ユースケ・サンタマリア、宇崎竜童、泉谷しげるエリック・クラプトン村井国夫水谷豊植木等田中裕二大竹まこと関根勤浜田幸一田原総一朗、みんなお酒が飲めないらしい。彼らはきっとできないはず、ジャッキー・チェン酔拳を。

1978年、監督:ユエン・ウーピン、主演:ジャッキー・チェン、ユエン・シャオティエン

番外編.カサブランカ

カサブランカ (字幕版)

第二次世界大戦時、親ドイツのヴィシー政権の支配下にあった、カサブランカを舞台にしたラブロマンス映画。

「君の瞳に乾杯!」の元の英語は「Here's looking at you, kid.」で、Google翻訳にかけると「ここでは子供、あなたを見ています。」とのこと。何を信じていいか分からなくなる。

確実に言えるのは、下戸のぼくは、こんな台詞を一生口にしないということ。もっともお酒が飲めても口にしないが。

1942年、監督:マイケル・カーティス、主演:ハンフリー・ボガートイングリッド・バーグマン