ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ。

「ブレイキング・バッド」をみて、ぼくの人生は変わった

Netflixのキャンペーン「年末年始に観るべき海外ドラマ」について記事を書けばなにかいいことがあるらしかった。キャンペーンは終わったけど、今更ながら参加してみる。

海外ドラマ「ブレイキング・バッド」はこんな話

家計は苦しく破産寸前、妻はストレスで情緒不安定、障害を持った子を持ち、予期しない二人目の出産の予定もある、高校の教師だが、教室でも生徒からバカにされる日々、そんなうだつの上がらない男が主人公。

ブレイキング・バッド シーズン1 (字幕版)

しかし、男には過去がある。実は優秀な化学者だったが、ある決断を迫られ、今の困窮に瀕する生活に至った。ときに昔を振り返るも、自身の決断は誤りではなかった、そう思い込もうとしている。

ブレイキング・バッド シーズン2 (字幕版)

化学の知識を持てあます男。彼は、ヤクの売人である教え子と組み、ブツを精製する。化学の知識を持つ男が作るブツは、他とはまったく違う高品質。闇の世界で注目されるのは、時間の問題だった。

ブレイキング・バッド シーズン3 (字幕版)

実生活では善良な夫を演じ、副業として闇の稼業に手を染める男。実生活では家庭、職場の些細な問題と向き合い、身バレの危険にさらされる。闇社会のクセのある人物と闘い、命の危険にさらされる。

ブレイキング・バッド シーズン4 (字幕版)

男は生き抜くために、悪に手を染める。家族のためか、自身のためか、それとも両方のためか。危機に瀕する男は、その度に決断をする。決断を誤れば待っているのは死。惰性で生きることはない。

ブレイキング・バッド ファイナルシーズン (字幕版)

すべての落とし前をつける最終回は神回。男の美学に基づいた決断に震える。数ある海外ドラマの中で、これほど完璧なラストをぼくは視たことがない。繰り返し繰り返し最終話を視聴した。

「ブレイキング・バッド」をみて、ぼくの人生は変わった

ぼくは思った。惰性で生きていてはダメだ。この世に生きた爪痕を残さねば。

そして、自身の美学を貫こうとはてなブログをはじめた。身バレと戦い、闇社会のクセのある人物の顔色を伺いながら、このホビヲログを更新している。

追記

「ブレイキング・バッド」をみて、ぼくの人生は変わった - ホビヲログ

惰性でブログを更新するのもやめて、命を削って記事を書いてください。

2016/12/15 12:59
b.hatena.ne.jp

というブコメを早速いただいた。

本質をついた指摘だ。惰性で更新した記事を喝破されてしまった。
だから、はてなブログはやめられない。


特別お題「年末年始に観るべき海外ドラマ」キャンペーン by Netflix

http://htn.to/vwwRXk

【PR】海外ドラマ、見たくなったら ⇒ Netflixは1ヶ月無料体験