ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ。

「この世界の片隅に」感想文を、アニメと戦争映画が苦手なぼくが書く

映画を観ることにした。

www.hobiwo.com

一年の疲れやストレスが吹っ飛ぶ、ハチャメチャな映画が観たかった。自分の中では、「君の名は。」か「ローグ・ワン」のいずれかにしようと思っていた。

しかし、気になる記事を読んだ。コメントを読んだ。

glasstruct.hatenablog.com

とにかく泣き映画でした。泣きすぎて頭痛くなった。

というくらい泣ける映画。何度も観たいとおっしゃっている。はてなブックマークのコメントでもレコメンドいただいた。

2016年12月の今、映画館で上映されている個人的に観たい5つの作品 - ホビヲログ

この世界の片隅には絶対見に行った方がいいと思います!

2016/12/26 12:28
b.hatena.ne.jp

2016年12月の今、映画館で上映されている個人的に観たい5つの作品 - ホビヲログ

『pk』は良かったけど『きっと、うまくいく』のほうが面白かったな。やっぱり『この世界の片隅に』を観たほうがいいよ。今観るべき映画です。

2016/12/26 17:04
b.hatena.ne.jp

そこまで言うなら「この世界の片隅に」にしよう。

しかし、ぼくには一抹の不安があった

2Dアニメより3Dアニメ、3Dアニメより実写が好きだ。情報量の少ない線画に対し、貧乏性な脳が満足しないのかもしれない。大人になってから、2Dアニメ映画で感動したことがほとんどない。※「プリキュア」を除く。

そして、戦争映画が嫌いだ。戦場を描く作品も、戦時中を生きる市井の人々を描いた作品も苦手だ。勝っても相手は負けている。人の死が重い。大きな音が苦手。お金を払って、どうして辛い思いをしなければならないのか。

ついでにいうと、最も苦手な映画は「火垂るの墓」だ。

そんな人間が、「この世界の片隅に」を観て、まっとうな感想を書けるのだろうか。不安に思いながら席につく。

本編がはじまった。

「この世界の片隅に」の感想

描かれる戦前の日常。主人公が、のんそのものに思える。空想家で絵を描くのが好きなおっとりした女の子が、やさしい人々に囲まれ生きていく。素朴なシーンの連続。小姑の存在も、悪役として登場させるような理不尽さはまったくなく、むしろ共感できる。人間関係も、日常の出来事も、景色も、空の色も、すべてがリアルだった。

そんなリアルな描写と「のん」の空想が交差するB29の空爆シーン。街が破壊され、人々が死んでいく中、青空は絵の具で鮮やかに彩られる。このシーンを描くために、映画化されたのではないかと思うほどに、悲しくも美しいシーンだった。

その後の衝撃的なシーン以降は、左隣に座っていた女性が気になって仕方なかった。嗚咽し、鼻水をすすり続けていた。二つ目のポケットティッシュを鞄から取り出したのをみて、彼女は泣くつもりで来たのだと確信した。気づくと後ろの女性も「うっうっ。。。」と唸っている。

正直言うと、後半はやっぱり辛かった。

しかし、楽しい映画を観るだけでは得られない、大切なものに気づけた。

おすすめしてくれた人、ありがとうございます。

そして、これから観に行こうという人へアドバイス。泣きやすい人は、ポケットティッシュふたつあったほうがいいと思う。

追記

ライムスター宇多丸師匠の映画評を聴く。5000億点の大絶賛。日本映画史上に残る大傑作と語られていた。

お便りの95%が絶賛とのこと。自分の感覚が5%に近かったことにショックを受ける。また、解説を聴くと己の読解力のなさに申し訳なくなってくる。

ちょっと家族に打ち明けて、感想を聞いてみたい。

参考リンク

ムービーウォッチメン「この世界の片隅に」
https://radiocloud.jp/archive/utamaru/?content_id=12320

この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック