ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ。

「キネマの神様(原田マハ)」は、映画好きブロガー必読の一冊だと思う


本屋さんで、平積みにされていた文庫本「キネマの神様」を手に取る。

キネマの神様 (文春文庫)

帯には「本を、映画を、家族を愛するすべての人に。」
つづいて裏表紙の「あらすじ」に目を通す。

39歳独身の歩は突然会社を辞めるが、折しも趣味は映画とギャンブルという父が倒れ、多額の借金が発覚した。ある日、父が雑誌「映友」に歩の文章を投稿したのをきっかけに歩は編集部に採用され、ひょんなことから父の映画ブログをスタートさせることに。"映画の神様"が壊れかけた家族を救う、奇跡の物語。

これは面白そう。

今までにない映画レビューを書こうと挑戦し、その度に挫折してきた「ホビヲログ」。

www.hobiwo.com www.hobiwo.com www.hobiwo.com

この本には、なにかヒントがあるかもしれない。そう思って購入した。

冒頭から心を鷲掴みにされる

 暗闇の中にエンドロールが流れていた。
 ごく静かな、吐息のようなピアノの調べ。真っ黒な画面に、遠くで瞬く星さながらに白い文字が現れては消えていく。
 観るたびに思う。映画は旅なのだと。

なんとすてきな描写なのかしら。そのまま最後まで、一気に読んでしまった。

「キネマの神様」で言及されていた映画

本書では、何気ない会話で映画タイトルがバンバン出てくる。

「あの人観てると『カッコーの巣の上で』のラチェッド婦長を思い出すんだよなあ」
「あんたは『サスペリア』のジェシカ・ハーバーあたりがヒロインでしょ」

作品を知らなくてもいいが、知ってるとより楽しめるはず。また、さらっとネタバレしてる作品も何本かある。できれば、事前に鑑賞していたほうがいいだろう。参考までに、言及のあった作品タイトルを記しておく。ざっと確認しただけなので抜けているものがあるかもしれないが。

  • ワーキング・ガール
  • カッコーの巣の上で
  • セックス・アンド・ザ・シティ
  • テルマ&ルイーズ
  • (キートンの喜劇映画)
  • 自転車泥棒
  • 或る夜の出来事
  • カサブランカ
  • シャイニング
  • ニュー・シネマ・パラダイス
  • ライフ・イズ・ビューティフル
  • グッドナイト&グッドラック
  • ブロークバック・マウンテン
  • ローマの休日
  • あなたがいたら、少女リンダ
  • モーリス
  • 予告された殺人の記録
  • 花嫁のパパ
  • アバウト・シュミット
  • サスペリア
  • 時をかける少女
  • キングコング
  • ゴジラ
  • ガメラ
  • ミクロの決死圏
  • 第三の男
  • ALWAYS 三丁目の夕日
  • フィールド・オブ・ドリームス
  • 父親たちの星条旗
  • 硫黄島からの手紙
  • 眺めのいい部屋
  • アメリカン・ビューティー
  • シンドラーのリスト
  • アイ・アム・サム
  • フォレスト・ガンプ
  • インディー・ジョーンズ 最後の聖戦
  • ターミナル
  • ビッグフィッシュ
  • ハリー・ポッター
  • パイレーツ・オブ・カリビアン
  • 市民ケーン
  • シェーン
  • 荒野の七人
  • 小説家を見つけたら
  • プライベート・ライアン
  • タイタニック
  • アメリ
  • 戦場のピアニスト
  • イングリッシュ・ペイシェント
  • Shall we ダンス?
  • 七人の侍
  • 猿の惑星
  • オール・アバウト・マイ・マザー
  • トーク・トゥー・ハー
  • ゴースト ニューヨークの幻
  • 天国から来たチャンピオン
  • 捜索者
  • ゾディアック
  • 殺人狂時代

まとめ

本書のテーマのひとつは「父」であった。映画で「父」はどう描かれていたのか。どう読み解くべきなのか。そのあたりが、日米の映画レビュアーが対決するひとつの山場となっていた。

読んでいたのは図らずも「父の日」。思わず父を思い出してしまい、なかなかに感慨深かった。

www.hobiwo.com

「キネマの神様」はたしかに映画好きブロガー必読の一冊だと思う。しかし、50本以上もの映画に言及しているのに、ぼくの一番好きな映画「ダイ・ハード」については、完全にスルーだった。そこだけが納得できない。

www.hobiwo.com

いずれにしても、本書を読み終わったら、きっと映画館で映画が観たくなるはず。みなさんも、機会があれば是非!

キネマの神様 (文春文庫)
原田 マハ
文藝春秋 (2011-05-10)
売り上げランキング: 5,858