ホビヲログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ。

Hulu、Netflix、Amazonを比較した結果、全部契約しちゃえばいいと思った

おすすめ 思ったこと 映画

f:id:hobiwo:20160825113451p:plain

自宅で映画を視聴するスタイルは、大きく変わってきた。

かつては、劇場公開作品を見逃したら、テレビ放映を待つしかなかった。それが、レンタルビデオ店の登場で観たい映画を選べるようになった。今では見放題のサブスクリプション型サービスが主流になりつつある。

そんな今、Hulu、Netflix、Amaonプライム・ビデオを実際に利用し、比較した。そして、ひとつの結論に至った。「全部契約しちゃえばいいじゃん!」と。その結論に至った経緯を振り返ってみる。

レンタルビデオ店の登場という衝撃

今から30年以上前、はじめてレンタルビデオ店に入った時の衝撃を今でも覚えている。店に並ぶ作品の数々、観たい映画を選べる喜び。革命だと思った。

もっとも、当時はベータマックスとVHSの間でビデオテープの規格争いが繰り広げられていた時代。我が家は劣勢のベータマックス派だった。

アダルトに注力しシェアを拡大したVHSに対し、日に日に、棚から減っていくベータマックスのソフト。VHSのビデオデッキに買い換えたときは、「これで観たい作品が選べる」という嬉しさと共に、少しの敗北感があったのを覚えている。

煩わしいレンタルビデオという当時のシステム

今から考えると、煩わしいことだらけだった。

  • 観たい作品が返却されず店内でずっと待った
  • 間違って日本語吹き替え版を借りてしまった。
  • ビデオテープを巻き戻してなくて怒られた

レンタル料金も高かった。初期は、一本1,000円程度。当時は、旧作という概念もなく、レンタル泊数は一泊二日が当たり前。二泊三日も、ましてや一週間レンタルなどありえなかった。延滞料もバカ高い。当時は、返却ボックスなど気の利いたものもなかった。

失敗できない作品選び

ちびっこだった当時は、ビデオのパッケージ裏の解説を熟読、作品を選りすぐってレンタルした。良作であれば繰り返し観て、駄作だと唇を噛み締めながら最後まで鑑賞した。

高いレンタル料金を払って駄作を借りるわけにはいかなかった。そんなことを繰り返し、かなりの年月が過ぎた。気づけば、自身がレンタルビデオ店の店員になっていた。

ビデオテープからDVDへ移行

レンタルされるメディアは、ビデオテープからDVDへ移行し、利便性が大幅に向上。もう、ビデオテープの巻き戻しは不要になった。字幕スーパーと日本語吹き替え版で悩む必要はない。両方、楽しめるようになったのだ。

作品によっては、監督や出演者が作品を観ながら制作の裏側を語るオーディオコメンタリーがあった。制作秘話が楽しめる特典だった。

オーディオコメンタリーでは、色々と面白い話が聴けた。

  • 「ゴッドファーザー」では、コッポラ監督が当時の製作会社をボロクソにこき下ろしていた。
  • 「バタフライ・エフェクト」では、監督がラストシーンの別バージョンを観ながら「こんなオチだったら、主人公は何も学んでないバカだよね」とコメントしていた。
  • 「ディスタービア」では収録中に監督の奥さんから電話がかかってきて、「あ、じゃそれ買って帰るからねー」っていう会話がそのまま流れていた。

もっとも、レンタルした作品を二度繰り返し観るのがおっくうだったためか、最近ではなかなかお目にかからないが。

そこまで浸透しなかったDVD宅配レンタルサービス

宅配レンタルサービスの登場は、続くサブスクリプション型のつなぎだったかもしれない。サービス登場時は、それなりの革命だと思った。

  • 月額定額で延滞料を支払う心配がなかった。
  • 観たい本数のDVD作品がレンタルできた。
  • ネット予約で、作品の在庫を気にしなくていい。
  • 返却もポストに入れるだけだった。

これだけのメリットがあったが、サービスは短命だった。本当の革命、サブスクリプション型サービスが登場したからだ。

定額見放題、サブスクリプション型サービスの台頭

これまでと比較すると、サブスクリプション型は夢のようなサービスだと思う。

定額で見放題、観きれないほどの膨大な作品ラインナップ。そして、オリジナル作品の充実。事業者も「Hulu」「Netflix」「Amazonプライム・ビデオ」の三強がサービスの向上にしのぎを削っている。

各社の月額料金とお試し無料期間を比較する。

サービス名 月額料金 お試し無料期間
Hulu 1,008円 2週間
Netflix 702円〜 1ヶ月
Amazon 325円 30日間

※Netflixは、利用者数・画素数によって金額が変わる
※Amazonプライム・ビデオは、プライム会員年会費3,900円を月額換算

Amazonプライム・ビデオは、プライム会員のおまけのサービス

Amazonプライム・ビデオは、プライム会員が利用できるおまけの位置づけとなる。

2016年7月時点、Amazonプライム・ビデオで視聴可能なおすすめ映画をまとめてみたが、なかなかのラインナップだった。ライトユーザーであれば、これだけで十分だろう。

www.hobiwo.com

プライム会員が享受できるメリットは下記の通り。

Amazonプライム会員の特典の一例

  • プライム・ビデオ、映画見放題
  • Prime Music、音楽聴き放題
  • 対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便が無料
  • 一部特別取扱商品の取扱手数料が無料
  • タイムセールで通常より30分早く注文できる
  • プライム・フォトで写真が容量無制限で保存可
  • Kindle作品を1か月に1冊、無料で読める

これだけの特典があれば、月額325円は安いものだ。しかしながら、Amazonに依存する人生になる恐れもある。個人的には注意が必要だと思う。

Hulu、Netflix は甲乙つけがたい

HuluとNetflixにおいても、過去視聴したことのあるおすすめ映画をまとめた。どちらかというとNetflixに好みの映画が多いが、Huluしか視聴できない作品や、期間限定で視聴可能となる作品も多数あり、ラインナップは甲乙つけがたいという印象だった。

www.hobiwo.com

www.hobiwo.com

それぞれ、提携する映画会社や国内外のテレビ局が異なる。また、オリジナル作品の作成にも注力している。どちらか一方ではなく、両方チェックするのが理想だろう。

Hulu、Netflix、Amazonプライム・ビデオを比較した結果、全部契約しちゃえばいいと思った、まとめ

3サービスを利用して思った。「全部契約しちゃえばいい!」と。もっとも、3サービスを同時に契約し続けるのは経済的ではない。

理想は、Amazonプライム会員になり、HuluかNetflixのどちらかを一定期間利用。その間、他方は解約するという形だろう。

幸い、再開時に費用は発生しない。そのとき観たい作品があるサービスを利用するのが賢明だろう。とりあえず、Amazonプライム 30日間、Netflix 1ヶ月、Hulu 2週間の無料お試し期間をローテーションするのがおすすめだ。

ただし、映画やドラマばっかり観て、人生ダメにならないように気をつけないといけないが。