ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ。

ヘッドホン初心者が、2,000円のヘッドホンを買って思った5つのこと


f:id:hobiwo:20170713061941p:plain

朝、会社に向かう道すがら、「b」のマークのヘッドホンをしている人が目の前を歩いていた。横に目をやると向こうを歩いている女性も「b」のマーク。少し歩くと、ちょっと先を歩く人も「b」のマーク。

思わずツイートしてしまった。

ツイートにはだれも反応してくれなかったが、調べると beats というブランドのおしゃれヘッドホンだった。ワイヤレスタイプは三万円もする。

流行に乗り遅れまいと、ぼくもヘッドホンを買った。

三万円は高すぎるので2,000円ほどのコスパいいやつを。人生初のヘッドホン、使いはじめて2週間ほど経過したので、思ったことを書き記す。もし、これからヘッドホンを購入しようと考えている人の参考になればと思う。

1.やっぱり音は良いような気がする

イヤホンと違って、ヘッドホンは音に包み込まれる感じがする。耳の奥で聴こえるのではなく、周囲から聴こえてくる感じ。

米朝師匠の落語を聴くと、まるで目の前で演目をやってくれているようなそんな臨場感がある。イヤホンではこうはいかない。

好きな歌も、ヘッドホンで聴けばより感動が増す。「風に立つライオン」とか「アンパンマンのマーチ」とか最高。

www.hobiwo.com

2.メガネだと耳が痛い

メガネ人間がヘッドホンをすると、頭と耳の間のツルがヘッドホンで押さえつけられ、いささかのダメージを受ける。長時間ヘッドホンをしていると耐えられない痛さに。

ここである発見をした。ヘッドホンをつけた後にメガネをかければ、耳が痛くなることはない。

真下を向いて歩いているとずれてきたり、急激に首を振ったりすればメガネは吹っ飛ぶかもしれないが、よほどのことがない限り大丈夫だろう。おすすめだ。

3.うるさいとこだと聴こえづらい

これはイヤホンでも同じかもしれないが、ヘッドホンの方が聴こえづらい印象。駅のホームで、ガヤガヤしているところだとまったく聴こえない。

米朝師匠の流れるような話芸が、かき消され思わず音を大きくしてしまうことも。そのまま静かなところに移動すると当然のように音漏れしている。

こんなことならノイズキャンセリング機能のついたものを買えばよかったのかも。

4.ワイヤレスはやっぱり便利そう

ワイヤレスヘッドホンはかなり高くなるので、有線のものにした。おまけに3mの延長コードも買ってしまった。

延長コードの出番は少なく(厳密に言うとまだない)、スマホから伸びるコードにさえ煩わしさを感じる。やっぱりワイヤレスにすればよかったのだろうか。

5.いいヘッドホンしてる人を見ると恥ずかしくなる

コスパがいいと言われる2,000円程度のヘッドホンを購入したが、外出して思った。ヘッドホンをしている人はかなり目立つ。どんなヘッドホンをしているのかと見られるケースがある。

いいヘッドホンをしている人を見ると、ちょっと恥ずかしくなる。気にする人は、人に見られるということも意識して製品を選ぶ必要があるだろう。

まとめ

やっぱり、近隣住民と同じように「b」のマークのヘッドホンを買えばよかったのかもしれない。