ホビヲログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ。

「GeGeGe水木しげるの大妖界」で、子どもと夏を楽しんできた

おすすめ 子育て 感想

f:id:hobiwo:20160813073834p:plain

夏休み、ソーシャルのタイムラインを眺めていると、海、山、海外、だのと楽しげな写真が流れてくる。悔しい。彼ら彼女たちを見返したい。エアコンのきいた家が一番いいと思うが、仕方ない。外に出よう。

夏といえばお化け屋敷。近くにはないので、池袋で開催されている「体感妖怪アドベンチャー GeGeGe水木しげるの大妖界」へ。妖怪と聞いて、妖怪ウォッチを連想したのか、子どもたちも嬉しそう。きっと楽しめるに違いない。

入り口では、水木しげる先生の笑顔がお出迎え

f:id:hobiwo:20160813072324j:plain

2015年11月に93歳でこの世を去った水木しげる先生。ニッコリと微笑むお写真とサイン。傍らのメッセージには、「妖怪は感じるもの」と記されていた。

f:id:hobiwo:20160813072331j:plain

墓場で誕生した鬼太郎。いきなりの展示がこれである。明るい会場内、パネルで妖怪の説明が続く。

f:id:hobiwo:20160813072337j:plain

ちびっこの時は、大嫌いだったねずみ男。しかし、大人になると彼のどうしょうもないキャラクターに好感を持つようになった。人間と妖怪の間に生まれ、お金のために友人を平気で裏切る男。なんと魅力的だろうか。ちなみに、身長160cm、体重49kg、年齢は300歳とのこと。

妖怪のイラスト、妖怪像、そして妖怪の森

照明が落とされたゾーンへ。会場のあちらこちらで泣き叫ぶ子ども。こんなはずじゃなかったという親の顔。子どもにとっては自分の身長よりも大きい立体的な妖怪の造形が、次から次に登場し、恐怖以外の何物でもない。そんな展示がけっこうつづく。

f:id:hobiwo:20160813072342j:plain
気持ち悪い像。けっこうちっさい。

f:id:hobiwo:20160813072352j:plain
ぬりかべ。原寸大だと思われる。

f:id:hobiwo:20160813081913j:plain
座敷わらし。

f:id:hobiwo:20160813081930j:plain
眼が光るがしゃどくろ。

f:id:hobiwo:20160813081921j:plain
首がカタカタ動く。

f:id:hobiwo:20160813072403j:plain
見上げるほどの造形物。怖い。

「もういやだ!帰りたい!!」泣き叫ぶ子ども。しかし、まだまだ続く妖怪の展示。「もうちょっとだからがんばろう」という説得も通じない。「いい加減にして!」と、号泣する子ども。仕方なく、抱きかかえ出口に向かうことに。

出口間際で、妖怪に扮した人が座り込んでいる

急ぎ足で、後半の展示をすべてスルーし、脱出を試みる。しかし、最後の最後、出口間際に異様な妖怪の姿。お面を被った謎の人間が座り込みをしている。なにが目的かは不明。出ようとする子どもにちょっかいを出そうという演出か。

ひとつ前の親子連れも難儀している。子どもが泣き叫び、妖怪の前を通れない。「大丈夫だから!行こう!」と母親も必死。しかし、何をしてくるかわからない妖怪に怯えて動けなくなっている。

見ていられない。出口付近で、渋滞が起こる。もっとも、そのやりとりも、参加型のアトラクションのようになり、ニコニコしながら見ている参加者ばかり。

うちの子供たちの顔は引きつっている。これ以上、恐怖体験を積ませるわけにはいかない。泣き叫ぶ前の子には申し訳ないが、ぼくは自分の子どもを抱っこして、脱出した。出口の先は明るかった。

まとめ

「見たかったのはこんな妖怪じゃない、妖怪ウォッチにでてくるみたいなかわいい妖怪が見たかったんだ」とご立腹だった。水木しげるの妖怪は、合わなかったようだ。

帰り道、ソーシャルに妖怪の写真をアップしておいた。海、山、海外、の流れの中に、突如、妖怪、妖怪、妖怪、妖怪、妖怪、妖怪、とおどろおどろしい写真。リア充め、思い知ったか!

子供たちにとっても、夏休みのいい思い出になったと思う。そう信じる。

  • 名称:「体感妖怪アドベンチャー GeGeGe水木しげるの大妖界」
  • 会期:2016年7月26日(火)~ 8月29日(月)会期中無休
  • 会場:池袋・サンシャインシティ ワールドインポートマートビル4F 展示ホールA    東京都豊島区東池袋3-1(東京メトロ有楽町線 東池袋駅直結)
  • 時間:午前10時~午後6時(入場は午後5時30分まで)
  • 料金:一般 1,500円、中学・高校生 1,200円、4歳~小学生 500円
  • URL:http://gegege-daiyoukai.com/

人生をいじくり回してはいけない (ちくま文庫)