ホビヲログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ。

「エレベーターのシーン」が魅力的で面白い、おすすめの映画

おすすめ まとめ 映画

毎日エレベーターに乗る。1日10回くらい乗る。年間3,000回は乗っている。そんなぼくが、印象的なエレベーターシーンのある、おすすめの映画をまとめた。

ゴースト/ニューヨークの幻

ゴースト/ニューヨークの幻 (字幕版)

満員のエレベーターで、「感染症の病気にかかった親友」が、咳き込む。心配する主人公。周囲の人達は怪訝な顔。こんな悪戯を、いつかやってみたい。いや、絶対にやってはいけない。

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー (字幕版)

交渉決裂した主人公。帰ろうとエレベーターに乗ると、次から次に、怪しい屈強な男たちが乗ってくる。笑ってしまうほどの緊張感。エレベーターでのアメコミヒーローの活躍が堪能できる。

ダイハード3

ダイ・ハード3 (吹替版)

超高層ビルが舞台の一作目は、エレベーター名シーンのオンパレード。しかし、3作目にも名シーンがある。敵の嘘に気づき、あえて「余計な一言」をつぶやくマクレーン刑事らしさにシビれる。

スピード

スピード (字幕版)

「もし、このエレベーターが落ちてしまったら」と、誰しも一度は考える恐怖が、見事に描かれている。着地直前に飛べばなんとかなると思っていたが、実際はそうでもないらしい。

ターミネーター2

ターミネーター2 特別編(日本語吹替完全版) [DVD]

逃げても逃げても追ってくるT1000。ドロドロかと思えば、手を刀にして切りつける、そして、異常に俊足。そんなとんでもない彼が、執拗なまでに襲ってくるエレベーターシーン。繰り返し観たくなる。

(500)日のサマー

(500)日のサマー (吹替版)

「スミスいいよね」「え?」「わたしも好き」 このシーンだけでも名作と認定したくなる。本作ではエレベーターが、場面転換に活用されたり、演出において重要な役割を担っている。

ブルース・ブラザース

ブルース・ブラザース (字幕版)

あらゆる敵から狙われ、一刻の猶予もない中、エレベーターに乗り込む主人公2人。そこで流れる「イパネマの娘」。なんとも言えない可笑しみがある。本作における大好きなシーンのひとつ。

その他、エレベーターのシーンが印象的な作品

さて、今日もエレベーターに乗るか。

あわせて読みたい