ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ

なぜ、出来杉くんは冒険に誘ってもらえないのか。「のび太の宝島」を観て理由がわかった

f:id:hobiwo:20180306070647j:plain

2018年3月3日に公開されたドラえもん映画38作目「ドラえもん のび太の宝島」。公開2日目の日曜日に子供と一緒に観てきた。

本作を鑑賞し、先だっての疑問が解消したので、その話をしたい。

発端は子供の質問だった

「どうして出木杉くんは冒険に参加しないの?」

テレビシリーズにはちょくちょく登場する出来杉くん。なぜ、映画版での冒険には参加しないのか。仲間はずれにされているのではないか、不安に思った子供の疑問である。

その時は「冒険なんてせずに、家で勉強してるんだよ」と軽く答えたが、調べてみると同じような疑問を持つ人がいた。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

Q:なぜ「ドラえもん」の映画版で出木杉君は冒険に誘ってもらえないのですか?
複雑な人間関係による理由ですか?

ベストアンサーに選ばれたのは次の回答だった。

A:別に友達ではないので誘いません。出来杉を友達と思ってるのはしずかちゃんくらいです。

いつも遊ぶメンバーじゃない、というだけのことかもしれない。

しかし、本作を観て理由がわかった

今回、映画「ドラえもん のび太の宝島」を観て、認識を改めるべきだと思った。

映画冒頭、空き地で小説『宝島』について語る出木杉くん。読んだ小説のあらすじを説明している。話を聞いて、のび太は「宝島を探す!」と息巻くも、みんなからバカにされる。

続けて出来杉くんは言う。「ぼくはいま、宝島のオリジナル小説を書いているんだ」と。「今度読ませてね!」と、しずかちゃん。

このオープニングのやりとりで確信した。

映画「ドラえもん のび太の宝島」は、出木杉くんがつくったお話なのだ。

出木杉くんは、冒険に誘われなかったわけじゃない、参加しないのでもない、勉強していたのでもない。オリジナルストーリーの「宝島」を作っていたのだ。

映画では明示されていないが、裏設定に違いないと思う。

あらすじはこんな感じ

宝島を発見することをジャイアンたちに宣言したのび太は、ドラえもんのひみつ道具「宝探し地図」を使って、宝島を探すことになった。その地図に指し示された場所は、太平洋上に新しい島が突然現れ、のび太たちは「ノビタオーラ号」と命名された船に乗って、島を目指そうとするが、あと少しで島に上陸する手前で海賊たちに襲われ、しずかがセーラと間違えられて海賊船にさらわれてしまう。海賊たちが逃げた後、のび太たちは海に漂う少年・フロックとペットのオウム型ロボット・クイズに出会う。フロックは海賊船から逃げたメカニックで、宝島の重要な秘密について知っていた。その後、のび太たちは海賊たちからしずかを助け出そうとし、宝島に眠る財宝に隠された秘密を探る。

さいごに

親をあからさまに泣かせにくるシーンなどに違和感を覚えつつも、躍動感ある演出や、ドラえもんの鉄板ネタに大満足の作品だった。

ただ、親としてはどうしても気になるラストだった。一見、ハッピーエンドのようだが、大きな疑問が残る。

結局、地球は滅ぶってこと?

作品では大きな伏線が回収されないまま終わるが、忘れられただけとは思えない。

そうならないように、今を生きる我々が頑張れということなのではないだろうか。本作のメッセージの投げかけ方は、ちょっとできすぎだと思う。出来杉くんだけに。