ホビヲログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ。

コーヒーについて、クラウドで書いてもらった文章をリライトしてみる

おすすめ 趣味 記事

クラウドサービスで、「趣味をはじめたくなる文章」を書いてくださいと依頼をした。コーヒーについての記事があがってきたのでリライトしてみた。リライトとは何かを考えながら。

オリジナルの文章

私の趣味は、コーヒーを自宅で淹れることだ。これが楽しいのである。なぜコーヒーに目覚めたのかと言うと、以前の職場の人の影響だ。その人は、週末になると、必ず家族とマクドナルドに行くそうで、コーヒーがおいしいからだと、言っていた。私も真似をして、マクドナルドのアイスコーヒーを飲んでみると、とてもおいしかったのである。それで、毎日のように、飲むようになり、今度は、自分でも作ってみたいと思うようになったのだ。それで、ショッピングセンターで、器具をそろえた。インターネットの動画サイトで、コーヒーの淹れ方を、何種類も確認した。そして、いざ、自分で淹れてみると、おいしかったのである。それ以来、やみつきになって、今に至るという感じだ。淹れるのが楽しくて、香りが良くて、毎日ある程度の淹れる技術を必要として、そして、飲むとおいしくて、そして、体にいいと来たもんだ。これを趣味にすれば、健康的でいられると思う。私自慢の趣味だ。

リライトした文章

無趣味と言われ続けてきた私がコーヒーに目覚めたのは、職場の同僚のひとことだった。「毎週末、家族でマックに行くのだが、コーヒーが最高に美味しいんだ。君、なかなかどうして、あのコーヒーは侮れないものだよ」そう語る同僚の笑顔はまぶしかった。マクドナルドのコーヒーなんて、たかが知れている。「家族で飲むコーヒー」が美味しいのだろう。そのような穿った見方をしていたが、次の週末お店で飲んで驚いた。「うぅぅぅぅまぁあああいいいいいい!!!!マクドナルドのこーひーーっ!めっちゃぁあああああ、うまぁあぁああああああああああああいいいいい!!!!」それ以来、病みつきだ。一日三杯、朝昼晩、来る日も来る日もマクドナルドのコーヒーを飲んだ。飲みまくった。店員さんに、「そんなに好きなら、ご自宅で淹れたらどうですか?」と笑われた。たしかにそうだと思い、帰り道にあるショッピングセンターで、コーヒー関連の器具をそろえた。電気ケトル、豆を挽くためのミル、ドリッパー、ペーパーフィルター、サーバー、マグカップ、スケール、キッチンタイマー、となかなかの出費だった。また、コーヒーの淹れ方次第で、味はまったく異なる。コーヒー関連のサイトをくまなく巡り、数え切れないほどの淹れ方を試した。こだわればこだわるほど美味くなる。手間を掛ければ、香りも、味わいもぐっと深くなる。それが楽しくて、飲み終わったらすぐ次の一杯を淹れてしまう。日々技術の進歩が自分でもわかる。妻に、「そんなに好きなら、喫茶店でもやったらどう?」と苦笑された。たしかにそうだと思い、いま物件を探している。できれば一時期通い倒したマクドナルドの隣に店を構えようと思っている。マクドナルドのコーヒーよりも美味しいコーヒーを淹れて店が繁盛すれば、私は一生健康的でいられると思う。

コーヒーを淹れるときにおすすめの電気ケトル

バルミューダ 電気ケトル BALMUDA The Pot K02A-WH(ホワイト)

  • 最高の注ぎごこちを実現したノズルとハンドル。毎日手軽に、気持ちよく使えるデザイン
  • 雑誌LEE掲載/暮らしに素敵をもたらす 美しい雑貨。キッチンが楽しくなる道具達
  • すべてのモデルに施されたT-falブランドの高いデザイン性。あっという間にすぐに沸く

ちょうどいい大きさ
コーヒー3杯、カップヌードル2杯分。よく使う量に合わせたサイズです。出したままにする事が多い電気ケトルも、BALMUDA The Potなら小さなスペースに収まります。小さなサイズだから、湯沸かしがより手軽に。美しい質感とほんのりと光る灯台のような電源ランプが、1日に何度もくり返す湯を沸かす時間を楽しくします。

最高のハンドリングと注ぎごこち
研究しつくされたハンドルと注ぎやすいノズルの形が、気持ちいいくらいの注ぎごこちを実現しました。コーヒーのハンドドリップはもちろん、湯を注ぐ事が今よりもっと楽しくなります。

コーヒーについて、クラウドで書いてもらった文章をリライトしてみる、まとめ

リライトって難しい。