ホビヲログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ。

飛びたい!関東でバンジージャンプができるスポット5選!

おすすめ 趣味 調査

f:id:hobiwo:20160814121844j:plain

バンジージャンプに挑戦したい。ジャンプすることで、何かが変わる気がする。遊園地のアトラクションで手軽にチャレンジもできるようだ。群馬県・茨城県まで足を運べば、吊橋から飛び降りるブリッジバンジーもある。いつか、バンジージャンプに挑戦する日のために、関東で楽しめるスポットを調べた。

バンジージャンプとは
高層ビルや橋の上などといった高い場所から命綱一本で飛び降り、そのフォームの美しさなどを競う競技、またはアトラクション。バンジー (bungy) は、ゴムひものこと。起源はバヌアツ共和国のペンテコスト島で行われていた通過儀礼「ナゴール」といわれている。

1.【21m】マザー牧場(千葉県富津市)

f:id:hobiwo:20160814121904j:plain

マザー牧場は、千葉県の鬼泪山(きなだやま)山頂付近に位置する、牧場のテーマパーク。広大な敷地には、牛、馬、ヤギ、羊、豚、アヒル、ダチョウ、ラマ、アルパカなどが飼育されている。そんな中、人気のアトラクションとして、バンジージャンプがある。

youtu.be
高さ21m。GoProの主観映像で見るとなかなかのもの。

ちなみに、タレントの唐田えりかは、アルバイトをしていたマザー牧場で事務所社長にスカウトされたとのこと。(バンジージャンプとは関係ない。)
f:id:hobiwo:20160814122855p:plain
参照:唐田えりか official site

マザー牧場バンジーの基本情報

  • 営業時間:土日祝 9:00~17:00、平日 9:30~16:30
     ※12・1月は、土日祝 9:30~16:00、平日 10:00~16:00
  • 参加条件:小学生以上、38kg~110kg
  • 料金:1回目:2,000円、同日2回目:1,500円
     ※別途入園料(大人 1,500円、小人 800円)
  • 住所:千葉県富津市田倉940-3
  • URL:http://www.motherfarm.co.jp/map/area/midori-no-hiroba/bungee-jump.php

2.【22m】よみうりランド(東京都稲城市)

f:id:hobiwo:20160814121856j:plain

1964年に開園した歴史ある遊園地、よみうりランド。都内で唯一のバンジージャンプ施設でもある。バンジージャンプの起源が成人の儀式であることにちなみ、毎年、成人の日に新成人は1回無料になるイベントが行われる。

2008年より、日本初となるビデオ撮影サービスが開始。バラエティ番組でよく見かけるCCDカメラ付きヘルメットをかぶって跳ぶもので、他計4か所のカメラで撮影された映像をDVDに編集してくれる。バンジー利用料金とは別に、2,000円が必要。

ネット上では、このサービスと思われる編集された映像が数多くアップされている。中には、リアクションの大きいYoutuberや芸人のものも。利用の際の、参考にしたい。

セブ山氏によるバンジージャンプ

youtu.be

はじめしゃちょー氏によるバンジージャンプ

youtu.be

よみうりランドバンジーの基本情報

  • 営業時間:土日祝 9:00〜20:00、平日 10:00〜20:00
  • 参加条件:12歳以上、38kg~109kg、ウエスト~102cm
  • 料金:900円
    ※別途入園料(18歳以上 1,800円、中高生 1,500円)
  • 住所:東京都稲城市矢野口4015-1
  • URL:http://www.yomiuriland.com/attraction/bungee.html

3.【42m】みなかみバンジー(群馬県利根郡、諏訪峡大橋)

f:id:hobiwo:20160814121910j:plain

利根川にかかる諏訪峡大橋。高さ42mからのブリッジバンジーを楽しめる。日本のブリッジバンジーは、2007年からと歴史があり、毎年7,000人以上がチャレンジ。これまで50,000人以上がジャンプしている。ジャンパーの付き添い用に、写真やビデオ撮影のスポットが確保されている。

youtu.be

みなかみバンジーの基本情報

  • 営業期間:4月から11月、定休日無し
  • 営業時間:9:00〜17:30(受付16:30まで)
  • 参加条件:13歳以上、40~105kg、健康な方
  • 料金:1回目:8,000円、同日2回目:5,000円
  • 住所:群馬県利根郡みなかみ町小日向143
  • URL:http://www.bungyjapan.com/bungy-spots/minakami/

4.【62m】猿ケ京バンジー(群馬県利根郡、猿ヶ京水管橋)

f:id:hobiwo:20160814121919j:plain

木々で覆われた渓谷、62mの高さを誇る猿ヶ京水管橋。目の前に迫りくる自然の中、毎年6,000人以上のジャンパーたちが達成感を味わっている。

youtu.be

猿ケ京バンジーの基本情報

  • 営業期間:冬季期間のみ木・金曜日定休
  • 営業時間:9:00〜17:00(受付16:30まで)
  • 参加条件:15歳以上、40~105kg、健康な方
  • 料金:1回目:10,000円、同日2回目:6,000円
  • 住所:群馬県利根郡みなかみ町相俣1731
  • URL:http://www.bungyjapan.com/bungy-spots/sarugakyo/

5.【100m】竜神バンジー(茨城県常陸太田市、竜神大吊橋)

f:id:hobiwo:20160814121915j:plain

高さ100mと、日本一高いブリッジバンジー。竜神大吊橋は、茨城県の常陸太田市にあり、全長375メートルもある吊橋。橋の上から竜神ダムや竜神湖の素敵な眺めの中、毎年10,000人以上のジャンパーが恐怖を克服し飛んでいる。

youtu.be

youtu.be

竜神バンジーの基本情報

  • 営業期間:年中無休
  • 営業時間:9:00〜17:00(受付16:30まで)
  • 参加条件:15歳以上、40~105kg、健康な方
  • 料金:1回目:15,000円、同日2回目:7,000円
  • 住所:茨城県常陸太田市天下野町2133-6
  • URL:http://www.bungyjapan.com/bungy-spots/ryujin/

いつかは飛びたい!世界の常設バンジージャンプ

やっぱり世界は広い。海外では、100mを越えるバンジージャンプ施設が多数存在。そんな中、いつかは飛んでみたい、と思える施設をピックアップ。

  • 338m、マカオタワー(中華人民共和国)
  • 220m、ヴェルザスカ・ダム(スイス)
  • 216m、ブロークランズ橋(南アフリカ共和国)
  • 150m、キャニオンスイング(ニュージーランド)
  • 111m、ヴィクトリアフォールズ橋(ザンビア・ジンバブエ)

飛びたい!関東でバンジージャンプができるスポット5選!、まとめ

GoProの映像を見ていたら、なんだか飛んだ気分になってしまった。