ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ。

ぼくが、映画「アバウト・タイム」を絶賛できないたったひとつの理由

アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ (字幕版)

絶賛する記事を読み、タイムトラベル映画「アバウト・タイム」を観た。

「アバウト・タイム」はこんな話

21歳になって青年は、父親からある秘密を打ち明けられる。一族の男は、タイムトラベルできる能力を持つというのだ。暗闇で目を瞑り、戻りたい過去を思い浮かべ、ギュッと拳を握ると過去に戻れるという。

素敵過ぎる能力。そんな能力があればやりたい放題だろう。しかしながら彼は、大金持ちになったり、犯罪組織を壊滅したり、世界平和に貢献したりはしない。自身の幸福を追及するために、その能力を活用する。

そして、今を生きる大切さを学び、愛する人とともに歩む人生の価値を知る。本作を一言でまとめると、一日を大切に生きようと思わせる、心温まる感動の物語だった。

しかしながら、ぼくは絶賛できなかった。どうしても納得いかない点があったのだ。

過去から現在に戻ってくる描写に違和感

過去に戻って、異なる選択をする。それは分かる。問題はその後だ。未来に戻る術を持たない青年は、遡った過去から現在へどうやってたどり着くのか

戻った過去からそのまま人生を歩んだのか。もしくは、一定期間が過ぎるとタイムスリップ前の現在に戻るのか。本編では明確には描かれず、両パターンが混在しているようだった。

もし、過去に戻って現在に戻れず、人生をやり直すのであればゾッとする。子供の頃に戻るというのは、まるでセーブしたデータをまるっと削除して初めからゲームをやり直すような話。これまでの努力が無駄になってしまう。

一定期間が過ぎると現在に戻る設定であれば、「バタフライ・エフェクト」のようにてんやわんやだったはず。

「バタフライ・エフェクト」の設定は秀逸だった

バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション [DVD]

主人公がほぼ同じ能力を持つ「バタフライ・エフェクト」では、過去に戻れる時間は限られていた

愛する人を救うために、自分の能力を駆使して運命に挑む。愛に満ちた納得性のある動機。そして、能力を活かせど活かせど、悲劇が待ち受けると言う絶望的な展開にやきもきした。

ただし、一点だけ整合性がとれないシーン(ボールペンのところ)があるが、それは許容できるほど、他のシーンが完璧だった。

まとめ

タイムトラベルの設定にここまでこだわるのは、ぼくがおかしいのかもしれない。

きっと、「アバウト・タイム」を絶賛するのは、恋愛映画が好きで、感動作で涙する心優しい人だと思う。絶賛できないのは、タイムトラベル映画が好きで、伏線の回収に震えたり、重箱の隅を突くような寂しい人だろう。

あなたは、どちらの人間だろうか?

追記

はてなブックマークでコメントをいただいた。ありがとうございます。お返事がてら、追記します。

ぼくが、映画「アバウト・タイム」を絶賛できないたったひとつの理由 - ホビヲログ

逆に重箱の隅を突かないで済む、時間軸やら並行世界やらが完璧なタイムトラベル映画があったら知りたい。

2016/12/20 13:52
b.hatena.ne.jp

タイムトラベルは現実にはありえないので、「完璧な設定」はないはず。しかし、物語上の設定に瑕疵がなく、観ていてワクワクする作品は数多く存在する。

上記の「バタフライ・エフェクト」もそうだが、「12モンキーズ」も、そのオリジナルの「ラ・ジュテ」も、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」も、「ターミネーター」も、違和感なく楽しめると思う。

まだまだあるはずなので、良ければこちらの記事を参考に!

www.hobiwo.com