ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ

CEU、全部読んでる?名作絵本「ピーマン」をはじめとした「カマンベール・エホンティック・ユニバース」作品まとめ【PR】

f:id:hobiwo:20171130063357p:plain

アメコミヒーローの映画と言えば、マーベル社の「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」、そしてDCコミックスの「DCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)」だろう。

しかし、その流れに一石を投じようとする日本の出版社がある。カマンベール出版だ。

第一作の「ピーマン」では、はてなブロガーのマスヲ氏(id:move-wife)が、かわいい無料イラスト素材集「ホビヲノエ」のイラストを下敷きに、美文を添えて感動の物語を紡ぎ出した。

「このお顔だけでハートを鷲掴みにされました( *´艸`) 」「子供が生まれたら読んで聞かせよう。」「すげ〜 」公開と同時に話題を呼んだ「ピーマン」は、Amazonランキングで堂々の1位を獲得する(Kindleの絵本・児童書の無料TOP100)。

カマンベール出版は第一作「ピーマン」に引き続き、絵本シリーズを発表予定。2020年まで毎年2本を公開の予定だ。一連の作品は、「カマンベール・エホンティック・ユニバース」と名付けられる。どのような作品が公開されているのか、公開されようとしているのか。まとめてみた。

あらすじはAmazonから引用。観た作品にはコメントを付与する。もし未読であれば、チョイスの参考になれば幸いだ。

『ピーマン(2017)』

ピーマン (カマンベール出版)

かわいいピーマンが自分探しの旅へ。ブログ「ホビヲノエ」で公開されるや大人気となったキャラクター「ピーマン」のシリーズ第一作。自分を嫌いだったピーマンが内面と格闘し、生まれ変わり、承認欲求をこじらせて、最後にみつけた本当の自分。シンプルなイラストと文章から、読者の心の中に語りかけてくるメッセージに心打たれます。鬼才を放つイラストレーター、ホビヲの描く絵本の第一弾。子どもと一緒に大人も楽しめる一冊です。0~90才向け。

★★★★★★
読んでて泣けてきた。続きが読みたい。

今後、公開予定の作品たち

  • 『ピーメン(2018)』
  • 『パプリカウーマン(2018)』
  • 『エッグプランツ(2019)』
  • 『ピーメン/唐辛子の逆襲(2019)』
  • 『パプリカウーマン2(2020)』
  • 『ピーメン/カマンベールオリンピック(2020)』

もちろん、読んでなーい

まとめ

今後のラインナップは大幅に変わる可能性があるらしいが、これだけは言える。絵本「ピーマン」をまだ読んでいない人は、今すぐダウンロードしてレビューを書くことをおすすめする。レビューを書くことをおすすめする。レビューを書くことをおすすめする

ピーマン (カマンベール出版)

ピーマン (カマンベール出版)

絵本ピーマン関連の記事、読んでみて!

www.move-wife.com

e.hobiwo.com