ホビヲログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ。

7年前、辛かった日のこと

仕事 思ったこと 感想

終電まであとわずか。

急いで職場を出る。
走って駅に向かう。

疾走するぼくは、
キャバクラの客引きたちをいなす。

右足が着地するたびに、ズキズキ痛む虫歯。
そろそろ歯医者に行かなければ、と思いながら走る。

駅につき、階段を上ると、
ちょうど電車が到着した模様。
人々が降りてくる。

流れに逆らいホームへ出て、
閉まる扉に向かう。

左手に「なにか」がかかった気がする。

閉まる扉。
終電に間に合い、
ホッと胸を撫でおろす。

左手を見ると、
固形物のようなもの。

目線をずらし、ズボンを見ると、

!!!!!!!!

ゲロがめっちゃかかってる。
クリーニングしたばかりのスーツに。

よくよくみるとカバンにも。
そして、かなりのボリューム。

ドア越しにホームを見ると、
大量のゲロの跡。
犯人はもうどこかへ消えている。

じたばたしてもはじまらない。

周囲の乗客の反応は見たくない。
そっと、目を閉じる。

足にしっとりとした感触。
ズボンの生地を通って地肌に達した模様。

しばらくすると、
誰かが吐いている音。
見ると、もらいゲロされた様子。

拡散する被害。
被害者のぼくが、加害者の気分。
申し訳ない。

降車駅につき、
駅のトイレに向かう。

トイレットペーパーに水をつけ、
可能な限り汚れを落とそうと試みる。
しかし、紙はぼろぼろになり、
ズボンにはゲロと紙くずとがごちゃまぜになる。
トイレットペーパーは、水に溶ける。

そうこうしているうちに、
駅員さんがやってきた。
「シャッター閉めるんでもう出てください!」

小さくうなづき、
出口へ向かう。
大好きな言葉を思い出しながら。

「辛いという文字がある。もう少しで幸せになれそうな字だ」

明日もがんばろう。