読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hobiwolog

趣味に生きるホビヲのブログ。

今宮神社のあぶり餅!元祖と本家の戦いに、千年続く老舗の知恵をみた

あぶり餅が食べたくなって、京都の今宮神社に行ってきた。 門前の通りを挟んで、二つのお店が向かい合っている。「あぶり餅どうどすか〜」「あぶり餅どうどすか〜」と左右から呼び込みの声。どちらに入ろうか迷いに迷う。

元カトリックなアラフォー必見!「主の祈り」が変わってたの知ってた?

食事の前にお祈りをしたら、若い人に笑われてしまった。 「それ、昔のですやん!今はそないなお祈りしてまへんでw」 Wikipediaで「主の祈り」を調べると彼女の言うとおりだった。2000年に文語訳から口語訳に変更されていた。新しい「主の祈り」は、日本カト…

グリコの「カフェゼリー」を食べて、やっぱり最強のデザートだと思った

近所のスーパーに行くと、グリコの「カフェゼリー」が山積みになっていた。 「カフェゼリー」に魅了された幼少期を思い出し胸が熱くなった。あの別添のミルクをカップから外すギミック、そして、苦いコーヒーゼリーに掛ける特別感。それらが懐かしく思い出さ…

忖度するの意味?良い忖度・悪い忖度って?ソンタくんが全部答えるよ!

いま、「忖度(そんたく)」が空前のブームである。朝から晩まで忖度忖度、老若男女が声高に叫んでいる。このままいけば、今年の流行語大賞も夢ではない。しかし「忖度」の波に乗り切れていない人もいる。 忖度が趣味のソンタくんが、「忖度」に悩むみなさん…

『うんこ漢字ドリル』は買いか?うんこまみれの人気ドリルを徹底レビュー!

話題の「うんこ漢字ドリル」を買った。 ページを開いてすぐに分かった。これはネタではなく、本気の漢字ドリルだ。例文がうんこだらけの「日本一楽しい漢字ドリル」、爆発的ヒットの予感がする。 中身は極めてまっとうである。

ホビヲの現状

コーノリアス氏(id:gigakohno)が、ホビヲの現状を送ってくれたので紹介する。

いい文章が書きたい!名著「新しい文章の教室」の教えを実践してみた

命を削って記事を書け。マスオ氏( id:move-wife )は言った。 過分に印象操作のある中傷記事も書かれたが、この忠告は金言と受け止めた。想いに応えようと命を削って記事を書いた。 www.hobiwo.com 京都で足を棒にしてポケモンGOをやり、観光スポットを巡っ…

『ポケモンGO』で京都観光!トレーナー必見のおすすめスポット10選

旅に出たくなった。 そうだ、京都いこう。 というわけで、「ポケモンGO」をしながら京都観光をして来た。おすすめスポットを10箇所ほど紹介する。 1.石垣に刻まれた史跡二条城の歴史 1603年ごろ、二条城の西側に築かれた石垣。大名の受け持ち分が分かるよ…

本棚に眠る20冊の名著!ブックオフに売りに行く前にレビューしてみた

読まなくなった本を並べておくスペースは、我が家の本棚にはない。ブックオフに持っていく候補の20冊について、レビューしておく。 では、いってみよう。 1.人を動かす 著:カーネギー デール 訳:山口 博 学生の頃、お世話になった人から本書をプレゼント…

一年越しのリベンジ!おもちゃ屋さんのレジ前で「キラキラル」を叫ぶ

2017年2月5日(日)、「キラキラ☆プリキュアアラモード」が始まった。 プリキュアシリーズ通算14作目、第12代プリキュアを襲名した新作だ。 初回放送最後に明らかとなる合言葉をおもちゃ屋さんのレジ前で叫ぶと、特別なカードとDVDがもらえるという。昨年の…

義理チョコにおすすめ!チロルチョコ8種類の実食レビューに挑戦した

チロルチョコが好きだ。コンビニでついつい買ってしまう。よく見るといろいろな種類があったので、食べ比べてみることにした。 コンビニに置いてあった8種類を、レビューしてみる。 1.チロルチョコ コールドストーンラムレーズン(43円) 2.チロルチョコ…

鴨川シーワールドで、ベルーガ、イルカ、シャチ、アシカ、を観た感想

引用:鴨川シーワールド 鴨川シーワールドに行ってきた。 千葉県鴨川市にある「海の世界との出会い」がテーマの水族園だ。太平洋に面して4つのステージが設けられ、ベルーガ、イルカ、シャチ、アシカのパフォーマンスが楽しめる。 それぞれのステージで1回15…

どんでん返し映画14選!映画を観終わった《彼女の表情》まとめ

どんでん返し映画を観終わったふたり。隣に座る彼女をみる。どのような表情をしているのかと思いながら。 笑顔のときもあれば、泣いているときもある、怒っているときもある。様々な表情を通して、おすすめのどんでん返し映画14作品の魅力を伝えてみる。 な…

ぼくが、映画「アバウト・タイム」を絶賛できないたったひとつの理由

絶賛する記事を読み、タイムトラベル映画「アバウト・タイム」を観た。 映画「アバウト・タイム」をみんなが観れば世界は少しだけ平和になると思うんだ。【さらふわ映画】 - なぎぶろ 『アバウト・タイム 愛おしい時間について』感想、最高にチャーミングな…

SEOに関わる人必見!竹内謙礼著「検索刑事」の気になるセリフまとめ

話題の小説「検索刑事」を読んだ。 前代未聞の検索エンジンミステリー小説 IT会社社長が殺された事件を捜査中、警察に一通の脅迫文が届く。「『羽毛布団』のキーワードで1位を取らなければ、天誅を下す」・・・・・・。新人女性刑事の京丸は、SEO業界を捜査…

Googleの翻訳精度は本当に向上したのか、先月の翻訳結果と徹底比較

Google翻訳の精度が上がった、と各所で話題になっている。なにやら「ディープラーニング」を活用して、いい感じになったらしい。翻訳業界の人が言っているのだから間違いないのだろう。 nlab.itmedia.co.jp しかし、実際にどこがどう良くなったのかは、以前…

「エントリー」が、めちゃくちゃ美味しい!旧リッツと旧リッツの間にクリームをはさんだビスケットサンド!

2016年9月1日、ヤマザキ・ナビスコは、ヤマザキビスケットに社名を変更した。米モンデリーズ・インターナショナルとのライセンス契約終了に伴うものだ。

「はてなブロガーに5つの質問」に回答してみる

「はてなブログ5周年ありがとうキャンペーン」 答えてみる。 1.はてなブログを始めたきっかけは何ですか? なんとなく 2.ブログ名の由来を教えて! 趣味(ホビー)を記録(ログ)する、から、「ホビヲログ」としました 3.自分のブログで一番オススメの…

#ホビヲ描け のお題で、マンドラゴラの無料イラストを描いた

かわいい無料イラスト素材集「ホビヲノエ」で、無料イラストのリクエストをはじめた。さっそく、みどりの小野 (id:yutoma233)さんが、お題をくれた。 ホビヲイラストリクエスト第一号! よろしくお願いしまーす。『マンドラゴラだと思ったら朝鮮人参だった』…

サウスポー:ピンク・レディー - ぼくの人生に影響を与えた一曲 vol.001

【投稿者】 30代 男性

「いらすとや」の名作イラスト20選!死ぬまでに一度は使ってみたい

「ホビヲノエ」の競合調査のため「いらすとや」のサイトをずっとみている。笑ってしまう作品、考えさせられる作品、コメントに困る作品などが、次から次に現れる。はてなブックマークでも話題になった気になるイラストをまとめた。

シン・ゴジラだけじゃない!政治家が主役の映画とドラマ10選

シン・ゴジラの感想をちゃんと書こうと思った。しかし、いまさらという話もある。すでに、多くの方が書かれている。

「GeGeGe水木しげるの大妖界」で、子どもと夏を楽しんできた

夏休み、ソーシャルのタイムラインを眺めていると、海、山、海外、だのと楽しげな写真が流れてくる。悔しい。彼ら彼女たちを見返したい。エアコンのきいた家が一番いいと思うが、仕方ない。外に出よう。 夏といえばお化け屋敷。近くにはないので、池袋で開催…

親子で「ファインディング・ドリー」を鑑賞し、ドキドキする

家族で映画に行こうとすると、意見がバラバラで困ってしまう。 ぼくは「シン・ゴジラ」、一人目は「ファインディング・ドリー」、二人目は「ポケモン」、三人目は「プリキュア(まだやってない)」、妻は「行かない」と言う。 議論は平行線をたどったため、…

死んだらどうなる?「葬式仏教」にみる死後の世界

人は死んだら、山を登り、川を越えて、七回の裁判を受け、六つの世界のいずれかに転生する。葬式仏教では、その前提で、葬儀も、法事も行われる。 死後の世界は、宗教によって大きく異なる。実際には誰も見たことがないため、想像力が掻き立てられるフィクシ…

《おすすめ海外ドラマ》傑作ランキング!殿堂入り確実の名作10選

海外ドラマが好きだ。おすすめの海外ドラマ10作品を、ランキング形式で発表する。

よくわかる人工知能!近い将来、消える仕事と残る仕事

ブームにのって「人工知能」の本を、一冊だけ読んだ。なんとなくすごさは分かった。働くことについても考えさせられた。気になった点をざっくり書いておく。

ブログ記事が大炎上!燃え盛る炎を前に、三人の男が対策を議論

文章の書き方について、法則をまとめまくった記事「【永久保存】文章力が向上する192の法則、これが文章の書き方だ! - ホビヲログ」を公開したら、はてブで大炎上。ランチタイム、燃え盛る炎を前に、ホビヲと同僚二人とのやりとりをまとめた。 三人の男の紹…

『スターウォーズ フォースの覚醒』は、本当に名作だったのか(ネタバレなし)

少しばかりショッキングな出来事があった。 「スターウォーズ エピソード7/フォースの覚醒」を鑑賞した同僚が、唾棄するかの如く「まったく、面白くなかった」と言っていたのだ。 オープニングで震え、拍手し、ハン・ソロとチューバッカの登場で涙したぼく…

「カンニングで停学になった男」の、その後の話

10年以上前、ぼくがまだ学生だったころ、話題の男がいた。今日は彼の話をしたいと思う。 はじめに言っておくが、彼は人気者ではなかった。漫画と昆虫観察が趣味のインドア派。優柔不断でだらしなく、みんなから軽蔑されているという噂もあった。残念ながら友…

7年前、辛かった日のこと

終電まであとわずか。 急いで職場を出る。 走って駅に向かう。 疾走するぼくは、 キャバクラの客引きたちをいなす。 右足が着地するたびに、ズキズキ痛む虫歯。 そろそろ歯医者に行かなければ、と思いながら走る。 駅につき、階段を上ると、 ちょうど電車が…

あえておすすめ「レディ・イン・ザ・ウォーター」M・ナイト・シャマラン監督作品

みんなの評価がからっきしで、 10人中9人が駄作だというような作品がある。 この「レディ・イン・ザ・ウォーター」もその類かもしれない。