ホビヲログ

趣味に生きるホビヲのブログ。

アニメとゲーム

【ポケモンGO】ぼくが黄色チームを選んで本当に良かったと思う理由

朝起きてポケモンGOを立ち上げる 見渡す限りジムが真っ青— ホビヲ@はてなブログ (@hobiwolog) 2017年11月8日 プレイされない方には意味不明だと思うので、簡単に説明する。 ポケモンGOの世界では、赤・青・黄の3つのチームが覇権を争っている。 プレイヤー…

でんぱ組.inc 古川未鈴が絶賛するゲーム! 今すぐやりたくなる10作品

みなさん、ゲームやってますか? ここ最近、TBSラジオ「ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ」を聴きまくり、ゲームやりたい欲求がムクムクと盛り上がってます。 www.tbsradio.jp 毎回、中川翔子、真野恵里菜、杉浦太陽、夏菜など、名だたる有名人が…

朝起きたら、お気に入りのポケモンの名前がすべておかしくなっていた

朝起きて、ポケモンGOを立ち上げた。お気に入りのポケモンの名前が一匹残らず変更されていた。 昨日、子供が音声入力で遊んでいたのは知っていた。あまり気にしていなかったが、あらためて見るとつっこみどころが満載だった。気になる10匹を紹介したい。

「ポケモンGOプラス」を使ったら、左の乳首が痒くなった話

すっかり春の陽気。外出に上着は不要と、シャツを着て外に出た。 (ウィーン、ウィーン、ウィーン) 立ち止まり、左の乳首のあたりを人差し指で(ポチッ)と押す。

エイプリルフールが「ポケモンGO」を生んだ!Googleは真の四月馬鹿!

4月1日、個人も企業も必死にネタをブチ込んでくるお祭りの日だ。

『ポケモンGO』で京都観光!トレーナー必見のおすすめスポット10選

旅に出たくなった。 そうだ、京都いこう。 というわけで、「ポケモンGO」をしながら京都観光をして来た。おすすめスポットを10箇所ほど紹介する。 1.石垣に刻まれた史跡二条城の歴史 1603年ごろ、二条城の西側に築かれた石垣。大名の受け持ち分が分かるよ…

【2017年版】おすすめの人気アニメ50選!本当に面白い傑作ランキング

名だたるブロガーが「おすすめ アニメ」の記事を書いている。何十作品もの作品を好きな順に並べ、あらすじとコメントを書きまくる。行間からは作品愛がにじみ出ている。諸先輩方の記事を読んで思った。 ぼくもおすすめアニメの記事を書きたい! しかし困った…

パパママ必見!クリエイティブ・ギャラクシー、Amazonビデオの子供向け工作番組

最近、子供が取り憑かれたように何かを作っている。工作をしている、絵を描いている。きっかけは、Amazonビデオの「クリエイティブ・ギャラクシー」。宇宙人のアーティーが、日常の様々な問題を「アート」で解決するという画期的な子供向けの工作番組だ。 ポ…

「ニンテンドースイッチ」紹介動画、ゲーム漬けな人々に不安を覚えた

2016年10月20日23時、任天堂が新たなゲーム機「ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)」の紹介動画を公開した。 3分36秒のその動画には、四六時中ゲームを楽しむ「ゲーム漬けな人々」の姿。それを見て一抹の不安を覚えた。まずは、彼ら彼女たちの姿を見て…

一枚のプリキュアカードをあずかってと言う次女をみて、仲間はずれはよくないなと思ったはなし

次女が大切にしているプリキュアのカード。 持っている6枚の内、1枚だけをあずかってほしいと、もってきました。

意外と若い?「大人」だと思っていたアニメキャラの年齢設定

アニメの中には、毎年同じ年を生きている人がいる。長寿番組であれば、視聴者が、彼らを追い越す時がある。幼心に「大人」だと思っていた人たちが、気づくと自分より年下だという驚愕の事実。 これまでに追い越してしまった大人、これから追い越すであろう大…

キュアップラパパ!「プリキュア商法」の一年を予想する

プリキュアは、一年を通して仕掛けてくる。新年度、夏休み、クリスマス、お正月。マーケティングの達人たちが死力を尽くすその手法は「プリキュア商法」と恐れられるほど。2016年、「魔法使いプリキュア!」の一年を予想してみる。 なお、予想に際し、「プリ…

進化し続ける「妖怪ウォッチ」と「妖怪メダル」に困惑する父

息子と約束した。「プールで進級したら、『妖怪ウォッチU』を買ってあげる」と。水が嫌いな息子の瞳がキラリと光った気がした。 妖怪メダルの種類は複数ある。銀、緑、赤、黒、白、紫、金、青、など。公式サイトで確認すると、20パターンにも及ぶ。「妖怪ウ…

「キュアップ・ラパパ!」と唱えるも、呪文は効かず、泣く娘

2月7日にはじまった新しいプリキュア「魔法使いプリキュア!」。 番組の最後に紹介される合言葉をおもちゃ売り場のレジで唱えると、 特別なDVDがもらえるという。 良い子のみんなに「呪文」を覚えさせる、 とても上手いマーケティング戦略だと思った。 「お…